仮想通貨領域の資金調達やM&Aの67%がヨーロッパ・アジア圏で。PwCがレポートで報告

世界4大会計事務所「BIG 4」の一社であるPwC(PricewaterhouseCoopers:プライスウォーターハウスクーパース)は仮想通貨業界における資金調達やM&Aがアジア、ヨーロッパで盛んになっているとする報告を発表した。

報告によると、2019年第2四半期の仮想通貨エコシステムにおける資金調達の41%はヨーロッパで行われたという。アジアでも26%の割合を占めており、2つの地域で67%もの資金調達が行われた一方、アメリカでは28%と2018年第2四半期と比較して23%減となった。取引及び資金量は減少を続けている。こうしたトレンドはM&Aにおいても見られ、アメリカにおける市場は2018年前半と比較して40%以上も下落しているという。

PwCは現在の傾向として、昨今では広範な仮想通貨トレーディングやブロックチェーンインフラ企業などに資金が流入していることも発表している。

【参照記事】PwC Report Shows Major Growth in Crypto M&A in Asia and Europe


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」