中国中央銀行の研究者「中国のデジタル通貨は、暗号化要素を入れるべき」

中国の中国人民銀行(PBoC)が昨年公表した国発行のデジタル通貨(以下CBDC)について、中央銀行の仮想通貨分野における研究責任者であるヤオ・キアン(Yao Qian)氏は、仮想通貨的な暗号化要素を組み込むべきであると発言している。中国メディアのYicai.comが3月6日付で報じた

同氏は「現段階で、CBDC発行計画は主に法定通貨のデジタル化に焦点が当たっているが、元からあるものをただデジタル化するだけではCBDCの長期的な競争力を損なう恐れがある。」と指摘している。さらに、金銭取引におけるプライバシー性を高められるような暗号化の機能は、将来の通貨をより競争力のあるものにする可能性があると述べた。

仮想通貨的な要素の例として、ヤオ氏は、既存の仮想通貨で利用される公開鍵と秘密鍵のシステムのように、顧客と銀行の両方によって維持される二重鍵のメカニズムを利用した仮想通貨ウォレットを顧客口座に導入することなどを提案した。

また、ある程度の匿名性を保ち、中国人民銀行はよりプライベートな取引環境を提供してユーザーエクスペリエンスやプライバシー保護を強化するべきだとも主張している。CBDCは消費者間の取引においては匿名であるが、中央銀行による発行という点では透明性が不可欠だ。

現在、中国はさらなる内需を増やすために画策している。アリペイ(Alipay)や微信(WeChat)などの決済サービスに加えて、デジタル通貨の発行をするのは、より国際社会での競争力を上げることに繋がるだろう。通貨の暗号化が実施されれば、国民のプライバシーも保たれる。今後の展開にも注目していきたい。

【参照サイト】PBoC’s Yao: Chinese Digital Currency Should Be Crypto-Inspired
【参照サイト】Technical Consideration of Central Bank Digital Currency


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」