MUFG「サステナブルファイナンス目標」設定、2030年度までに環境分野で8兆円実施へ

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)はESG(環境・社会・ガバナンス)へのさらなる取り組み強化の観点から「サステナブルファイナンス目標」を設定、5月15日に発表した。19年度から2030年度までに累計20兆円、うち環境分野で8兆円のサステナブルファイナンスの実施をめざす。また、18年5月に制定した「MUFG 環境・社会ポリシーフレームワーク」を改定、2019年7月1日より適用を開始する。

サステナブルファイナンス目標では金融サービスの提供を通じ、持続可能な社会の実現、SDGsの達成に貢献する。環境・社会ポリシーフレームワークは環境・社会課題に対応する取り組みの一環として制定、事業活動に伴う環境・社会に対するリスクを適切に把握・管理するために構築している。CSR委員会で定期的に見直し要否を審議するほか、事業活動の変化やビジネス環境の変化などに応じて、内容を随時見直す。気候変動対策への国際社会の要請や、環境・社会課題に対する様々なステークホルダーの意見、考え方も踏まえ、改定に至った。

改定は主に3点で、まず新設の石炭火力発電所へのファイナンスは、原則として実行しない。改定前よりファイナンスの検討を継続している案件については「可否を慎重に検討する」とした。次に、森林、パーム油、鉱業(石炭)の3 セクターを新たに「ファイナンスに際して特に留意する事業」に追加。これらのセクターが環境・社会へ及ぼしうる負の影響を認識し、ファイナンスを検討する際は、国際的に認められている認証の取得や、取得に係る行動計画の提出など、顧客の環境・社会配慮の実施状況を確認する。受託財産事業においても、アセットマネジメント事業に係る環境・社会課題に対する取組みについて、別途ポリシーを定め対応を進めるという。

【参考リリース】株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ『「サステナブルファイナンス目標」の設定と「MUFG 環境・社会ポリシーフレームワーク」の改定について

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」