Liquid、全銀ネット対応銀行からの日本円入金を24時間365日対応へ

仮想通貨取引サービス「Liquid by Quoine」(以下、Liquid)を提供するQUOINE株式会社は10月10日、一般社団法人全国銀行資金決済ネットワーク(以下、全銀ネット)の24時間365日即時振込の開始を受け、リアルタイムでの振込対応を公表した。

Liquidは、仮想通貨取引において課題となる流動性の欠如の解決を目的として開発されたプラットフォームだ。従来、ビットコインをはじめとする仮想通貨の購入は日本円やドルなどで別の取引注文として取り扱われていたが、Liquidではすべての通貨ペアを単一のオーダーブックにまとめることによって流動性の欠如を解決する仕組みだ。

今回発表されたリアルタム振込の受付開始により、全銀ネットに対応する銀行からの振込の場合、1時間以内の入金が可能となる。一方、顧客保護の観点から出金には申請受領から着金までに3営業日程度が必要となることや入金IDの入力忘れに関する対応は従来どおり祝祭日を除く月曜から金曜となっていることには注意が必要だ。

【関連記事】Liquid(旧QUOINEX)の口コミ・評判・口座開設

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」