Liquid、レバレッジ取引の最大倍率を4倍に変更

仮想通貨取引所Liquidは3月22日、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会が制定する自主規制規則に基づき、5月15日午前11時からレバレッジ取引の最大倍率を4倍に変更することを発表した。

Liquidでは現在、証拠金取引で最大25倍のレバレッジ取引が可能となっている。しかし、2018年に発生したコインチェック社の顧客暗号資産流出にともない日本仮想通貨交換業協会が「証拠金取引に関する規則及びガイドライン」を制定したことで、仮想通貨交換業者におけるレバレッジ取引倍率に関する議論が進み始めていた。

Liquidでは5月15日午前11時までは最大25倍のレバレッジ取引が可能となるが、期日以降はレバレッジ倍率4倍を超える未約定注文を強制キャンセルし、レバレッジ倍率4倍を超えるオープンポジションも強制クローズすることを発表している。

【関連記事】Liquid(旧QUOINEX)の口コミ・評判・口座開設
【参照記事】レバレッジ取引における最大倍率変更のお知らせ

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」