スプレッドが60%以上オフ。GMOコイン、スプレッド大縮小キャンペーンを開始

GMOインターネットグループのグループ会社で仮想通貨交換業を営むGMOコイン株式会社は11月1日、全銘柄のスプレッド縮小キャンペーンを開始した。キャンペーン期間は11月1日12時から11月14日15時までとなる。

GMOコインは、GMOインターネットグループの仮想通貨による投資機会を提供する部門として設立された。2017年9月には金融庁の仮想通貨交換業に登録されており、GMOインターネットグループで培われたIT事業・金融事業の知見と実績を活かした堅牢なセキュリティと管理体制でサービスが提供されている。GMOコインが提供する仮想通貨取引所では複数のアルトコインに対応した仮想通貨FXが特徴で、国内でも有数の仮想通貨取引所として知られている。

今回発表されたキャンペーンは、販売所とレバレッジ取引である仮想通貨FXにおいて、各通貨の買い価格と売り価格の差であるスプレッドを60%以上縮小(10月のスプレッドを基準に算出)するものだ。販売所や仮想通貨FXでの取引ではユーザーは取引ごとにスプレッドを支払う必要があるため、スプレッドは仮想通貨取引所を選ぶ際の基準のひとつとなるものだ。

【参照記事】全銘柄のスプレッドを大幅縮小、60%以上OFF! スプレッド大縮小キャンペーンを開始
【関連記事】GMOコインの口コミ・評判・口座開設

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」