Fintertech、日本初の暗号資産担保型不動産ローンを個人向けに提供開始

最先端テクノロジーを活用し次世代金融サービスを創出するFintertech株式会社は5月13日、同社が提供する「デジタルアセット担保ローン」において、個人の不動産購入目的利用への対応を開始した。

暗号資産(仮想通貨)を担保とする「デジタルアセット担保ローン」は、暗号資産を利確することなく日本円調達が可能な新たなローンサービス。返済期日までは月々の元本返済、利息支払いがどちらも不要で、個人の不動産購入目的での借入については、年収による制限なしでの利用が可能となっている。なお、借入れに際しては同社独自の審査があり、購入する不動産の売買契約書の提示が必要となる。

昨今、海外では暗号資産担保ローンが自宅、セカンドハウス、別荘などの不動産購入に活用され始めており、同様のサービスを求める声がFintertechにも寄せられていたという。

また、デジタルアセット担保ローンの不動産対応を記念して、「第2回 暗号資産が当たるキャンペーン」も開催されている。キャンペーン期間中に、同社アカウントと同社Funvestアカウント(@Fintertech_jp@FTT_Funvest)をフォロー&キャンペーンツイートをリツイートすると、抽選で5名に0.01BTCがプレゼントされるものとなっている。さらに「自宅や別荘を買いたい街」を記載して引用リツイートをした場合には、当選確率アップとなるという。

【参照記事】Fintertech、日本初の暗号資産担保型不動産ローンを個人向けに提供開始
【参照URL】キャンペーンツイート

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。