米国の仮想通貨取引所コインベース、イーサリアムクラシックの「二重支払い」を検出。被害額については依然調査中

米国の仮想通貨取引所コインベースが1月7日、イーサリアムクラシックのブロックチェーンでreorgを利用した「二重支払い」を検出したことを発表した。コインベースは、顧客資産を保護するためにイーサリアムクラシックの入手金を一時停止した。

51%攻撃は、悪意のあるマイナーがネットワーク全体ハッシュレートの51%を支配することで、悪意のマイナーの思いのままに取引を改ざんできることだ。今回51%攻撃により発生したreorgは、異なるブロックが同時期に生成されてブロックチェーンがそれぞれ伸びた場合に、ある時点でより長い方を正式なブロックチェーンとする仕組みだ。reorgによって、ネットワークにたとえ悪意を持った参加者がネットワークいても、善意の者のコンセンサスによって、トランザクションが処理されるようになっていた。

コインベースは今後行う調査によって攻撃者を明らかにする考えだ。被害額は、当初約46万米ドルと公表していたが、1月8日時点で約110万米ドルに更新されている。今回の事件を受け、国内ではイーサリアムクラシックを取り扱うbitFlyerやCoincheckが入手金を停止し、Liquidは引き出しを停止する対応をとっている。

【関連記事】イーサリアムクラシックとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Deep Chain Reorganization Detected on Ethereum Classic (ETC)

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」