日本政策投資銀、第5回DBJサステナビリティボンド発行。米ドル建てで過去最大規模の発行額

株式会社日本政策投資銀行(DBJ)は10月2日、「第5回DBJサステナビリティボンド(第81回MTN)」を発行した。サステナビリティボンドは社会的責任投資(SRI)債の一種で、DBJとして6回目の起債となる。発行額は1000百万米ドルで、DBJ発行の米ドル建てSRI債としては、過去最大規模の発行額。ルクセンブルク証券取引所に上場、期間は5年で2024年10月2日の償還を予定する。表面利率1.875%。引受主幹事はJ.Pモルガン・セキュリティーズ、HSBC、メリルリンチ・インターナショナル、モルガン・スタンレー。

DBJは1970年前後の公害対策を契機に、環境対策事業に対して3兆円以上の投融資実績を持つ。2004年度には「DBJ環境格付」融資、11年度には「DBJ Green Building認証」制度の運用を開始し、環境や社会に配慮した取り組みを金融面からサポートしている。19年3月末時点のDBJ環境格付融資累積融資額は1兆4,243億円、DBJ Green Building認証物件数は765件となっている。

昨今のSRI債需要の高まりを受け、DBJは14年に初のグリーンボンドを、15年からサステナビリティボンドを毎年継続発行している。調達された資金は、DBJ環境格付融資を受けた企業向けのファイナンスやDBJ Green Building認証で高い評価を受けた建物、不動産セクターの環境・社会・ガバナンス(ESG)配慮を測る年次のベンチマーク評価であるGRESB最高位の「Green Star」を取得した不動産やREIT、再生可能エネルギー分野、又はクリーン交通関連分野でのファイナンスに充当される。

プロジェクト選定や資金管理などの体制については、外部認証機関であるSustainalyticsよりオピニオンを取得し公平性・透明性を確保している。今回の起債ではPFA Pension、LGT Capital PartnersなどのSRI投資家へ販売し、投資家属性別販売構成は、中央銀行・公的機関47%、保険・年金13%、アセットマネジャー24%、銀行16%となっている。地域別販売構成は、欧阿中東51%、アジア・太平洋35%、米州(米国オフショアを含む)14%。

DBJは、サステナビリティ基本方針と第4次中期経営計画で掲げるサステナビリティ経営の一環として、今後も継続的にSRI債を発行していく方針。

【参照リリース】第5回DBJサステナビリティボンドの発行について~6年連続SRI債発行によりSRI債市場発展に貢献~

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」