ウクライナへの寄付、暗号資産により2,000万ドルが集まる

英ブロックチェーン分析プロバイダーのEllipticによると、ロシアの侵攻に対し、ウクライナ政府が被害を受けた人々への援助を目的とした寄付を呼びかけたところ、ビットコインとイーサにより約2,000万ドル以上が集まったことが判明した。

暗号資産取引所Binanceは1,000万ドルの寄付を発表する他、クラウドファンディングのポータルサイトを立ち上げユーザーへの寄付を呼びかけている。その他、国内取引所Liquidを買収したFTXの創設者であるSam Bankman-Fried氏はテザーで25万ドルを寄付、ロシアのアート集団Pussy RiotがDAO結成により資金調達を行うなど、さまざまな形で暗号資産による支援が実施されている。

【関連記事】ウクライナDAOが発足、NFT販売で支援金を募る

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。