バイデン米大統領、暗号資産税制の見直しにより今後10年で年間100億ドルの収入見込む

バイデン米大統領が発表した2023年の予算教書によると、暗号資産税制のアップデートにより今後10年で100億ドルの収入を見込んでいることが明らかになった。具体的には、暗号資産の税報告要件の拡大などデジタル資産に関するルールの近代化に取り組むことを提案している。

バイデン政権は3月初め、暗号資産などのデジタル資産に特化した大統領令を出しており、デジタル資産の領域で米国が技術的なリーダーシップを維持していく重要性について言及がなされていた。

【関連記事】米バイデン大統領、暗号資産関連の大統領令に署名
【参照記事】Biden White House anticipates $10 billion in revenue over next decade from crypto tax rules updates

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。