投資初心者でも仮想通貨投資に使いたい、おすすめの仮想通貨「取引所」について解説【ビットコイン売買に便利】

仮想通貨取引所の「販売所」は、シンプルな画面で初心者でも直感的に操作できるよう設計されています。購入金額や購入したい通貨の数量だけを設定すれば簡単に売買できるので、投資自体が初めての方にも受け入れやすいでしょう。ですが、販売所はスプレッドが大きいため、何度も売買していると思っていたよりもコストがかさんでしまうかもしれません。

いくつかの仮想通貨取引所は「販売所」と併せて「取引所」を提供しており、手数料などのコスト面を考慮すると取引所方式の方が経験者に好まれています。ここでは、販売所方式と取引所方式の違い、メリットやデメリットを解説します。また「取引所」がおすすめの仮想通貨取引所をご紹介します。

目次

  1. 取引所方式と販売所方式の取引方法の違い
  2. 販売所のスプレッドとは?
  3. 「取引所」がおすすめの仮想通貨取引所
    3-1. 取引手数料にマイナス手数料を採用しているGMOコイン
    3-2. ビットコイン取引量が国内No.1のビットフライヤー
    3-3. 11種類のコインを取り扱うビットバンクの取引所
  4. まとめ

①取引所方式と販売所方式の取引方法の違い

bitFlyer 販売所
販売所というのは、投資家が仮想通貨取引所を相手に仮想通貨を購入(売却)するサービスです。提示されている価格で取引所からすぐに購入(売却)ができるので、取引チャンスを逃すリスクが低いというメリットがあります。また販売所の注文画面は「買値」と「売値」だけがシンプルに表示された「2Wayプライス」となっているため、初心者向きの取引方法と言えます。しかし、販売所は、購入価格と売却価格の差(スプレッド)が、実質的な手数料の役割を果たしています。そのため、取引所と比べて購入価格が高く、売却価格は低くなる傾向があります。

GMO coin 2
一方、取引所方式というのは投資家同士が売買注文を使って仮想通貨を取引するものです。運営会社は取引当事者を仲介する「板」と呼ばれる取引場所を提供します。この方式は、自分で指定した価格で購入する指値注文や、その他のなどさまざまな注文方式で仮想通貨の購入ができます。また販売所と比較して、取引所に対して支払う手数料を大幅に削減できるメリットがあります。しかし、取引所方式では、反対注文(自分が「買い」ポジションの場合に、反対のポジションとなる「売り」のこと)を出す投資家がいなければ注文は約定されません。そのため必ずしも自分が購入したい数の仮想通貨を購入できる訳ではないというデメリットがあります。

②販売所のスプレッドとは?

買値と売値の価格差をスプレッドと呼びます。運営企業は販売所方式の買値と売値を調整しながら収益を得ていると言えます。長期投資を考えている投資家にとって手元のスプレッドは誤差の範囲と言えるかもしれません。そうした方には、すぐに購入できる販売所に利便性があると言えます。ただ、できるだけコストをかけたくないという方は、取引所経由で仮想通貨を購入するのが賢明です。使い分けとしては、長期投資が目的なら販売所形式を利用し、頻繁に売買する際には取引所形式を利用してみるのがいいでしょう。

③お得に仮想通貨が購入できる・入手できる仮想通貨取引所

取引手数料にマイナス手数料を採用しているGMOコイン

bitFlyer
GMOコインは、東証プライム上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。GMO証券など金融サービスの運営ノウハウは、GMOコインにも活かされています。初心者からトレーダーまで幅広いユーザーが利用するGMOコインの口座数は37.4万件を越えています(GMOフィナンシャルHD、2021年12月期第1四半期決算資料より)。

仮想通貨取引サービスは取引所(現物取引)・取引所(レバレッジ取引)・販売所・暗号資産FXの4つを設けており、いずれもウォレットアプリから利用可能です。GMOコインは14種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネム、ステラルーメン、オーエムジー、ベーシック・アテンション・トークン、テゾス、エンジンコイン、ポルカドット、クアンタム、コスモス)を取り扱っています。取引サービスによって利用可能な銘柄は異なりますが、アルトコインの板取引とレバレッジ取引が豊富なのは、GMOコインの特徴です。

取引所(現物取引)では、Maker注文に対してマイナス手数料(-0.01%)を設定しているので、約定時に手数料を支払うのではなく、受取ることも可能となっています。頻繁にトレーディングしたい方におすすめです。

GMOコインの口コミ・評判・口座開設

ビットコイン取引量が国内No.1のビットフライヤー


ビットフライヤーは、株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。ビットフライヤーは2014年創業の独立系企業で、日本の主要メガバンク(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタルなど)から出資を受けている国内でも有数の仮想通貨取引所です。現物取引以外に証拠金取引や先物取引といったサービスを提供しており、差金決済/先物取引を含むビットコイン取引量は6年連続で国内 No.1の実績を誇ります(Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高)。※「金融商品取引法」の改正に伴い、2020年5月1日以降に登録したユーザーは、現在 Lightning FX/Futures を利用できません。

販売所は13種類(ビットコイン、イーサリアム、テゾス、ステラルーメン、ネム、ベーシックアテンショントークン、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク、ポルカドット、テゾス)を取り扱っており、約100円から取引できます。また簡単取引所はビットコインの現物取引ができます。高機能トレードツールが用意されているbitFlyer Lightningでは「現物取引(BTC/JPY、ETH/JPY、ETH/BTC、BCH/BTC、XRP/JPY 、XLM/JPY 、MONA/JPY)」と「差金決済(BTC-FX/JPY)」、そして「先物取引(BTC/JPY)」に対応しています。

ビットフライヤーは2014 年の創業以来一度もハッキング被害に遭っておらず、セキュリティ・顧客資産保護を経営上の最優先課題として、マネーロンダリング・犯罪収益移転防止に努めています。Sqreen社(仏)の2018年の調査によると、世界140 の仮想通貨取引所の中でセキュリティNo.1の評価を獲得しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の口コミ・評判・口座開設


11種類のコインを取り扱うビットバンクの取引所

暗号資産取引所・販売所のbitbank
次にご紹介するのはbitbank(ビットバンク)です。ビットバンクは初心者にとって使いやすい「販売所」だけでなく、板取引が可能な「取引所」サービスも提供しており、全部で11種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ライトコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュ、ステラルーメン、クアンタム、ベーシックアテンショントークン、オーエムジー、シンボル)を取り扱っています。TradingViewやメイカー取引のマイナス手数料の採用などトレーディングに便利な仕組みを導入しており、取引量は国内No.1※を誇っています。※2021年2月14日 CoinMarketCap調べ

ビットバンクのアプリでは販売所と取引所の両方を利用することができます。販売所ではワンタップで購入することができます。取引所では100以上のテクニカル分析が使えるTrading Viewを採用しており、高機能なチャート機能はスマホアプリからでも利用することできます。また日本円入金は土日含めた24時間リアルタイム入金が可能なので、休日のトレーディングにも適しています。

ビットバンクは過去に、ユーザーを呼び込むために手数料無料キャンペーンを行っていたこともあり、日本の多くのトレーダーが口座開設しました。そうした経緯もあり、流動性は大きい取引所です。現在ではメイカー取引にマイナス手数料(-0.02%)を採用しています。マイナス手数料は、取引の際に本来かかるべき手数料が報奨金として付与される仕組みで、指値注文を出すトレーダーに有利な条件です。

bitbank(ビットバンク)の口コミ・評判・口座開設

④まとめ

仮想通貨交換業者は日本国内にも数多くありますが、今回は販売所と取引所の両方を提供している企業にフォーカスしました。短期的に売却をする場合には取引形式が適しています。取引所のなかでも手数料であったり、注文ツール、通貨ペアなどがそれぞれ異なるので、自分に合っているところから利用しましょう。

GMOコインやビットバンクはメイカー注文にマイナス手数料を設定しているので、指値注文を使いこなせる方におすすめです。ビットコインやイーサリアムのみ取引したい、またセキュリティ面も加味したいという方はビットフライヤーを利用してもいいでしょう。ビットフライヤーはビットコインの取引量が国内の取引所では最も多いので流動性が高く、指値注文が行いやすい取引所と言えます。

このようにトレーディングに適している取引所とひと口に言っても、各社の特徴がそれぞれ異なります。登録に迷うようなら複数社に口座を開設してみるのもありです。販売所に慣れたら、積極的にトレードしたい、あるいは長期投資でも取引所を利用したい場合はあるので、これを機に各社の仕様やサービスをチェックしてみましょう。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。