とにかく簡単に投資を始めたいという人は必見!販売所形式でビットコインに投資できる仮想通貨取引所ランキング!

世界的な金融緩和で大量の資金が出回る中、インフレリスクを警戒する声が高まっています。ビットコインは発行量が2,100万BTCに制限されているため、金と同様にインフレに対するヘッジとみなされるケースも増えています。

ポートフォリオに仮想通貨(暗号資産)を取り入れる場合、積立投資がおすすめです。積立投資なら、購入時期についてあれこれ迷う時間をカットできますし、価格変動リスクを低減できるメリットもあります。特に、ビットコインは0.001BTC(約1,000円前後)から購入できるので、まとまったお金がなくても投資を始められます。

こうした仮想通貨の売買に不安を感じる方もいるかもしれません。そういった方に仮想通貨取引所は、直観的に利用しやすい「販売所」というサービスを備えています。今回は、簡単にビットコインを購入できる販売所サービスをランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてください。

目次

  1. 仮想通貨取引所の「販売所」サービス
  2. わかりやすいユーザーインターフェイスが特徴のCoincheck
  3. ポイントを使ってビットコイン投資ができるbitFlyer
  4. 貸暗号資産対応のGMOコイン
  5. 楽天スーパーポイントで投資できる楽天ウォレット
  6. まとめ

仮想通貨取引所の「販売所」サービス


基本的な知識として仮想通貨交換業者は、主に2種類の取引方法を提供していることを押さえておきましょう。

まず最初は「販売所」です。これは仮想通貨交換業者がビットコインを在庫として抱え、顧客とビットコインを取引する形態です。仮想通貨業者が提示する買値と売値には「価格差(スプレッド)」が発生するため、割高になる部分があります。ただ提示された購入価格でほぼワンタッチで取引がきるので、頻繁にトレードしない長期保有を考えているユーザーには便利です。

もう一つの取引方法は「取引所」です。これは「売買板」と呼ばれる売買注文を表した板情報を使って、ビットコインを顧客同士で取引する形態です。販売所よりも手数料を抑えられるメリットがありますが、希望価格と数量を買い集めるまでに取引相手(売り注文を出す投資家)を待つ必要があります。

どちらにもメリット・デメリットがあるので、自分の投資スタイルに合わせて「販売所」か「取引所」を選ぶのが良いでしょう。とにかく簡単に始めたいという人は「販売所」がおすすめです。

1、わかりやすいユーザーインターフェイスが特徴のCoincheck

Coincheck
「Coincheck」は、マネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。Coincheckの最大の特徴は、優れたUI(ユーザーインターフェイス)とUX(ユーザーエクスペリエンス)です。同社のサービスは直感的に操作ができるので初心者にも非常に使いやすく、国内で仮想通貨投資家が増加した要因とも言われています。

特に同社の販売所は直感的に操作しやすいように設計されているので、投資の初心者でも簡単にビットコイン投資を始められます。Coincheckのエッセンスが凝縮されたスマホアプリの累計ダウンロード数は274万件を突破しています(2019年1月~12月(データ協力:App Annie)。

販売所で対応している仮想通貨は12種類で、どれも500円相当から始められます。またコツコツ安定的に積み立てたいユーザーに対しては、毎月一定額を自動的に投資できる「Coincheckつみたて」を提供しています。ドルコスト平均法に基づいた「月一プラン」がありますが、より買付単価を平準化できる「毎日つみたてプラン」も誕生しました。他にも「貸仮想通貨」や「Coincheckでんき・ガス」といったサービスがあるのも特徴です。

販売所 12種類:ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン、ネム、ファクトム、ステラルーメン
取引所 BTC/JPY、FCT/JPY
最小注文数量 500円分
長期投資に適したサービス つみたて・貸仮想通貨

2、ポイントを使ってビットコイン投資ができるbitFlyer

bitFlyer
株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所bitFlyerは、国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタル(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル等)から出資を受けています。bitFlyerは2014年の創業以来ハッキング被害に遭っていません。

「ビットコインをもらう」は、bitFlyerを経由してネットショッピングや旅行予約、ふるさと納税等の提携サイトを利用することで、商品・サービス毎に取引金額の一定割合のビットコインが付与されるサービスです。またTポイント・ジャパンとの提携により、Tポイント100ポイント毎に85円相当のビットコインと交換できます。このように、bitFlyerでは普段の生活で貯めたポイントを気軽にビットコイン投資に当てることができます。

初心者でも使いやすいスマホアプリ「bitFlyerウォレット」では、「販売所」と「簡単取引所」、そしてレバレッジ取引もできる「bitFlyer Lightning」を提供しています。どのサービスもアプリ内からワンタッチでアクセスできます。

販売所 9種類:ビットコイン、イーサリアム、
XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン、バット(BAT)
取引所 BTC/JPY、ETH/JPY、BCH/BTC、ETH/BTC
最小注文数量 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.001 BTC
長期投資に適したサービス ビットコインをもらう・Tポイントプログラム

3、貸暗号資産対応のGMOコイン

GMOコイン
「GMOコイン」は、東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。GMOインターネットのグループ会社にはGMOクリック証券など金融サービスを提供している会社もあるので、こうした金融機関としてのバックグラウンドを持っていることも特徴のひとつです。

GMOコインには2種類のスマホアプリが用意されており、取引所と販売所を利用することができる「GMOコイン 暗号資産ウォレット」と、暗号資産FX専用の「ビットレ君」があります。

GMOコインも「貸暗号資産」サービスを提供しており、最低10万円から利用でき、貸出期間に応じて最大年率3%の仮想通貨を獲得できます。GMOコインでは8種類のレンディングに対応しており、資産によってそれぞれ貸出上限を設けています。ビットコインの場合、貸出可能額は0.1BTC/回~100 BTC/回です。GMOコインの場合、償還時に同じ条件で再度、貸出できる点も魅力的です。

販売所 8種類:ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ 、ライトコイン 、ネム、ステラルーメン、バット(BAT)
取引所 取引所 BTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPY、BCH/JPY、LTC/JPY
最小注文数量 0.0001BTC
長期投資に適したサービス 貸仮想通貨

4、楽天スーパーポイントで投資できる楽天ウォレット

仮想通貨取引所・販売所の楽天ウォレット
楽天ウォレットは、楽天グループの連結子会社である楽天ウォレット株式会社が運営する仮想通貨取引所です。楽天グループの各種サービスと連携しており、ユーザーから預託した資産(顧客資産)は楽天グループの楽天信託が提供する信託口座で管理しています。基本的にアプリから楽天ウォレットの販売所を利用します。

楽天ウォレットでは仮想通貨の販売所だけでなく、楽天市場や楽天カードで獲得した楽天スーパーポイントを仮想通貨に交換する「ポイント交換」サービスを提供しています。スマホアプリからポイントを交換することが可能で、楽天ウォレットが扱っている仮想通貨3種類(ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ )、全てに対応しています。

最低100ポイントから、1ポイント=1円相当として、仮想通貨への交換が可能です。毎月気軽にポイントを交換しながら、仮想通貨投資に取り組めます。楽天ウォレットではビットコインを最低100円からコツコツ購入できます。また楽天銀行の口座を持っていれば、1,000円から日本円をアプリからいつでも手数料無料で振り込むことができます。

販売所 3種類:ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ
取引所 なし
最小注文数量 100円分
長期投資に適したサービス 楽天スーパーポイント

まとめ

仮想通貨に興味はあるけれど、「よくわからないし難しそう」というイメージをお持ちの方にとって、「販売所」はおすすめです。ある程度の金額であれば提示された購入価格でその場で取得することができますし、初心者でも操作ミスを防げるように設計されています。初めて仮想通貨の世界に足を踏み入れる方にとって、ストレスを感じることなく利用できるでしょう。

仮想通貨取引所はそれぞれサービスや特徴が異なるので1社に絞らず、2、3社に口座を開設して、目的に応じて使い分けるのがお勧めです。仮想通貨取引所は緊急のメンテナンスや取引制限が発生することもあるため、複数口座を開設しておくことで、いつでも取引できる環境を整えることができます。この機会にぜひ各社のサービスを実際に確認してみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。