【初心者にもおすすめ】スプレッドが小さい仮想通貨取引所3選【ビットコイン投資】

2020年以降に仮想通貨(暗号資産)市場が急成長する中、国内取引所の口座開設数は急激に増加しました。FX(外国為替証拠金取引)の経験がある方もいれば、中には投資自体が初めての方も多くいるでしょう。

仮想通貨は値動きの幅が大きく、リスク管理の面でとても難しいものです。資産取引の基本を理解しないまま取引を行うと痛い目にあう恐れがあります。気づかないうちに手数料に多くのコストがかかっているかもしれません。

特に「スプレッド」は仮想通貨投資において最終的な損益に影響を与えるにもかかわらず、初心者が気付きにくいものです。この記事では仮想通貨取引の「スプレッド」について解説します。

目次

  1. 仮想通貨取引のスプレッド
  2. 販売所と取引所の違い
  3. 各事業者のスプレッドを比べてみる
  4. スプレッドの小さいおすすめの仮想通貨取引所3選
    4-1. 合計取引量で国内No.1のビットバンク
    4-2. 主要なアルトコインの板取引が可能な「GMOコイン」
    4-3. ビットコイン取引量で5年連続国内No.1の「ビットフライヤー」
  5. まとめ

①仮想通貨取引のスプレッド

仮想通貨で言うスプレッドは「購入レート」と「売却レート」の価格差のことを指します。例えば、販売所のあるタイミングの1BTCの買値が410万円、売値が400万円の場合、スプレッドは10万円です。この10万円は、実質的に手数料となっています。

それではビットフライヤーの販売所を例に、実際の価格表示画面を見てましょう。まず、こちらは市場価格です。
BF Spread1次に、下記がユーザーがビットコインを購入する場合のレートです。BF Spread2そして以下は、ユーザーがビットコインを売る場合のレートです。
BF Spread3

これらは同じ時間のレートなのですが、それぞれ価格が異なることがわかるでしょう。ビットコインの買値と売値の差が35万円(約6%)ほどあり、これがスプレッドです。常に仮想通貨の在庫を用意している交換業者は、調達時の価格変動リスクをカバーするために市場価格にプレミアムを持たせています。そのため顧客に提示される価格は、どうしても割高な買値、割安の売値、となります。

②販売所形式と取引所形式の違い

スプレッドを抑えるために、仮想通貨交換業者の「販売所形式」と「取引所形式」の違いについて理解しておくことが重要です。

  • 販売所形式というのは、投資家が仮想通貨取引所を相手に仮想通貨を購入(売却)するサービスです。提示されている価格で取引所からすぐに購入(売却)ができるので、取引チャンスを逃すリスクが低いというメリットがあります。また販売所の注文画面はオンラインショップの様に「買値」や「売値」だけがシンプルに表示されているため、初心者向きの取引方法と言えます。Coincheck OTC
  • 取引所形式というのは、投資家同士が売買注文を使って仮想通貨を取引するものです。運営会社は取引当事者を仲介する「板」と呼ばれる取引場所を提供します。GMO coin 2

多くの事業者が、販売所形式の手数料を「無料」に設定しており、一方の取引所形式の手数料は0.1%前後としています。しかし、販売所形式の「スプレッド」は5~6%となっていることを考慮する必要があるでしょう。

販売所形式はいつでも簡単に希望の数量の仮想通貨を購入できますが、スプレッドはそうした利便性を維持するのに必要コストとなっています。取引所形式にもスプレッドが存在しますが、市場参加者の注文数量が多いほど、よりスプレッドが小さく、より取引しやすい環境となっています。

③各事業者のスプレッドを比べてみる

仮想通貨のスプレッドは、相場に応じて日々変動します。また、あるタイミングではA社のスプレッドが小さくとも、別のタイミングではB社のスプレッドが一番小さいということもあります。そのため、仮想通貨交換業者を利用する際には各社どのくらいの価格差があるのかを把握すると良いでしょう。以下の図は、ビットコインの価格一覧が表示されています。
Spreaed

④スプレッドの小さいおすすめの仮想通貨取引所3選

4-1. 合計取引量で国内No.1のビットバンク

仮想通貨取引所・販売所のbitbank
ビットバンク(bitbank)はビットバンク株式会社が運営する仮想通貨(暗号資産)取引所です。同社は初心者にとって使いやすい「販売所」だけでなく、板取引が可能な「取引所」サービスも提供しています。TradingViewや有利な手数料設計などトレーダーにとって便利なシステムを提供しており、合計取引量で国内No.1※を誇ります。※2021年2月14日 CoinMarketCap調べ

4-2. 主要なアルトコインの板取引が可能な「GMOコイン」

bitFlyer「GMOコイン」は、東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。取引サービスは、取引所(現物取引)・取引所(レバレッジ取引)・販売所・暗号資産FXの4つを設けており、アルトコインの板取引も充実しています。初心者から上級者まで幅広いユーザーが利用するGMOコインの口座数は34.1万件を越えています(GMOフィナンシャルHD、2020年12月期第4四半期決算資料より)。

4-3. ビットコイン取引量で5年連続国内No.1の「ビットフライヤー」

「ビットフライヤー」は2014年創業の独立系企業で、日本の主要メガバンク(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタルなど)から出資を受けている国内でも有数の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引においては、現物取引以外に証拠金取引や先物取引といったサービスを提供しており、差金決済/先物取引を含むビットコイン取引量は5年連続で国内 No.1の実績を誇ります(Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年- 2020 年の年間出来高)。

⑤まとめ

仮想通貨のスプレッドは事業者、銘柄によっても異なり、ビットコインよりもアルトコインの方がスプレッドが大きくなる傾向があります。また、ボラティリティ(価格変動率)が激しい時にはさらにスプレッドが拡大する傾向があります。

仮想通貨初心者はこうした市場構造を理解したうえで、上手にサービスを利用しましょう。ボラティリティが高い時に、販売所形式で売買することを避けるだけでも変わってくると思います。さらに、取引所形式を使えた方が資産運用を続けていく上で有利です。今回ご紹介した3社は取引所形式を備えています。最初は難しく感じるかもしれませんが、徐々にこれらのサービスを利用してみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。