仮想通貨でもできるポイント投資とは?手軽にポイント投資ができる仮想通貨取引所3選

最近では買い物などで貯まったポイントを使って投資ができる「ポイント投資」を提供する証券会社が増えており、これまで投資に興味のなかった人にも投資は身近になってきています。こうした流れが仮想通貨投資にも訪れていることをご存知でしょうか?

そこでここではポイント投資ができる3つの仮想通貨取引所について、サービス内容や特徴など詳しく解説致します。これから仮想通貨に投資したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. キャッシュバック報酬で投資ができるbitFlyer
    1-1. bitFlyer経由でインターネットサービスを利用して「ビットコインをもらう」
    1-2. Tポイントをビットコインに交換!bitFlyerの「Tポイントプログラム」
  2. 公共料金の支払いでビットコインを獲得できるCoincheck
    2-1. ビットコインが貯まる・使える「Coincheckでんき」
    2-2. マクロミルポイントをCoincheckで仮想通貨に交換
  3. 楽天スーパーポイントを使ってビットコインを取得できる楽天ウォレット
  4. まとめ

①キャッシュバック報酬で投資ができるbitFlyer

bitFlyer
株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所bitFlyerは、国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタル(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル等)から出資を受けています。2014年にサービスを開始したbitFlyerは、顧客保護やセキュリティ体制整備に力を入れており、これまで一度もハッキング被害に遭っていません。Sqreen社の調査によると、世界140の仮想通貨取引所の中でセキュリティNo.1の評価を獲得しています。

bitFlyerではポイント投資ができる2つのサービスを提供しています。

1-1. bitFlyer経由でインターネットサービスを利用して「ビットコインをもらう」

bitflyer point
bitFlyerの「ビットコインをもらう」は、好みの広告をクリックしてネットショッピングや旅行予約、アンケートの回答をする事で報酬としてビットコインがもらえるサービスです。bitFlyerの口座を開設しているユーザーなら誰でも利用できます。

bitFlyerは、楽天市場やYahooトラベル、U-NEXT、じゃらんnet、ドミノピザ、ファンケル化粧品、その他多くのサイトと提携しています。報酬発生条件は「商品購入」、「会員登録」、「カード発行」、など8種類に分かれており、広告毎に報酬金額や、報酬率が設定されています。

例えば、動画配信サービスU-NEXTは、「無料お試し登録」をすると1000円相当のビットコインを取得します。楽天市場では、商品価格の0.6%相当のビットコインが還元されます。

1-2. Tポイントをビットコインに交換!bitFlyerの「Tポイントプログラム」

Tポイントは、TSUTAYAをはじめとする全国のTポイント提携先やインターネットの提携先で貯めたり、使ったり、交換できるサービスです。bitFlyerのTポイントプログラム導入によって、ポイントを使ってビットコインを取得したり、ビットコインでの商品・サービス購入時にTポイントを貯めることができるようになりました。2019年8月現在で6,961万人が利用する共通ポイントと仮想通貨の交換サービスは国内初の取り組みです。

bitFlyerのTポイントプログラムでは、Tポイント利用手続きを行うことでbitFlyerでビットコインを購入できます。交換レートはTポイント100ポイントにつき、85円相当のビットコインとなっています。

②公共料金の支払いでビットコインを獲得できるCoincheck

Coincheck
Coincheckは、コインチェック株式会社が2014年8月に運営をスタートした仮想通貨取引所サービスです。Coincheckは複雑になりがちな仮想通貨取引アプリケーションの中でも、初心者にとっても見やすく直感的に使いやすいインターフェースを提供して人気を博しました。コインチェック株式会社は2018年4月にマネックスグループ株式会社によって完全子会社化されて以来、国による規制や管理体制強化のための体制構築やセキュリティ対策の強化に努めています。また、マネックスグループ株式会社は透明性を高めてユーザーに安心して取引してもらうために、Coincheckの財務情報を開示しています。

2-1. ビットコインが貯まる・使える「Coincheckでんき」

Coincheck point
「Coincheckでんき」は、電気料金の支払いでビットコインがもらえる、使えるサービスです。ビットコイン付与プランでは、毎月の電気料金の1~7%がビットコインとして貯まります。沖縄や離島を除く、日本のほぼ全てのエリアで利用可能です。

同様に「Coincheckガス」もあります。毎月ガス料金の3%分のビットコインがCoincheckウォレットに貯まります。東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県、茨城県・栃木県・群馬県の東京ガス(都市ガス)利用の家庭で利用できます。

2-2. マクロミルポイントをCoincheckで仮想通貨に交換

Coincheckは、市場調査会社マクロミルと提携しており、アンケート協力報酬を仮想通貨に交換するサービスを提供しています。マクロミルは、アンケート調査に回答したモニターに対し、マクロミルポイントを付与しています。マクロミルポイントはCoincheckで3種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、XRP)に交換できます。

③楽天スーパーポイントを使ってビットコインを取得できる楽天ウォレット

仮想通貨取引所・販売所の楽天ウォレット
楽天ウォレットは、楽天グループの連結子会社である楽天ウォレット株式会社が運営する仮想通貨取引所です。楽天グループの各種サービスと連携しており、楽天銀行口座を利用してスマホアプリから手数料無料で日本円をスムーズに送金できます。ユーザーから預託した資産(顧客資産)は楽天グループの楽天信託が提供する信託口座で管理しており、セキュリティや内部管理態勢も厳重に整備されています。楽天ウォレットでは、AI技術を活用した自動応答チャットサービスを提供しているので、操作に不慣れなユーザーも安心して利用できます。

Superpoint2

楽天ウォレットでは、楽天市場や楽天カードで獲得した楽天スーパーポイントを仮想通貨に交換する「ポイント交換」サービスを提供しています。スマホアプリからポイントを交換することが可能で、楽天ウォレットが扱っている仮想通貨3種類(ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ )、全てに対応しています。最低100ポイントから、1ポイント=1円相当として、仮想通貨への交換が可能です。毎月気軽にポイントを交換しながら、仮想通貨投資に取り組めます。楽天ウォレットではビットコインを最低100円から購入できます。

④まとめ

三者三様の「ポイント投資」サービスをご紹介しました。いずれも日本円を直接取引所に入金することなく、仮想通貨を取得できる方法が用意されています。そのため、「仮想通貨には興味があるけど、お金を費やすところまで踏み込めない」という方でも、手軽にビットコイン投資に手を出しやすいと思います。

ビットコインを実際に保有することで、ブロックチェーン技術や他の仮想通貨、さらには市場の動向に興味を持つきっかけにもなります。ビットコインは誕生からわずか10年の新興市場です。本格的に将来性が見込めると確信した段階で、大切なお金を入金しても遅くないでしょう。

仮想通貨取引所は無料で口座が開設でき、口座管理手数料もかかりません。各社の「ポイント投資」を使い分けるのもおすすめです。仮想通貨投資に興味をお持ちの方は、入り口としてポイント投資を検討してみてください。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。