【暗号資産ビギナー向け】販売所と取引所を併設しているプラットフォームで投資をスタートしよう

初心者の中には、暗号資産取引所に口座開設をして「さあ、ビットコインを買おう」という段階で、取引所と販売所があることに気づき、どちらで買えばいいのか迷う人は多いと思います。

「取引所」と「販売所」はどちらも暗号資産を購入できることは共通していますが、手数料や利便性などに違いがあります。よくわからず販売所を使ってみて、あとから「取引所を使っていればよかったな」と後悔することのないようにしておきたい所です。ここでは、「取引所」と「販売所」についてそれぞれメリット・デメリットを解説します。また、2つの売買方法を備えている暗号資産取引所をご紹介するので、プラットフォーム選びの参考にしてください。

目次

  1. 販売所:一定数量を即時売買できる通販ショップ
  2. 取引所:株式市場のように参加者間で売買するマーケット
  3. 販売所と取引所を提供している4つのプラットフォーム
    3-1. 14銘柄を取り扱うコインチェック
    3-2. 5銘柄の板取引を備えるGMOコイン
    3-3. ビットコイン取引量が国内No.1のbitFlyer
    3-4. 業界最狭水準のスプレッドが強み!SBI VCトレード
  4. まとめ

①販売所:一定数量を即時売買できる通販ショップ


販売所というのは、運営会社を相手にビットコインなどを売買できるサービスです。運営会社が在庫を抱え、「この金額で取引します」と売値と買値を提示しています。そのため、数量に関係なく提示されている価格ですぐに購入(売却)できるメリットがあります。ユーザーは数量を入力するだけなので、初心者でも注文ミスをする可能性が低くなっています。

販売所方式では、購入価格と売却価格の差(スプレッド)が実質的な手数量の役割を果たしています。そのため、取引所と比べて購入価格が高く、売却価格は低くなる場合があります。販売所を選ぶ場合には、スプレッドの小さいところを探すことも重要となります。

②取引所:株式市場のように参加者間で売買するマーケット

GMOCoin
取引所は、運営会社が管理する「板」を使ってユーザー間でビットコインなどを取引します。板の情報は現在の資産価格と投資家の指値注文をリアルタイムに反映しており、参加者はそれらの注文を選ぶか、自分の指値注文を並べることができます。反対注文(自分が「買い」の場合に「売り」注文のこと)を出す投資家が現れて初めて取引が成立します。そのため、各社の板の注文量とユーザーベースが重要になります。

買い手と売り手は直接やりとりするわけではなく、運営会社が取引を仲介します。取引に伴って手数料が発生しますが、販売所のスプレッドと比べれば安いので、慣れた人の多くは取引所を使用しています。

③販売所と取引所を併設しているプラットフォームをご紹介

3-1. 14銘柄を取り扱うコインチェック

Coincheck
コインチェックは、マネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営する暗号資産取引所です。
Coincheck1
コインチェックの販売所は、国内最多の14種類(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リスク、XRP、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ステラルーメン、モナコイン、ファクトム、ネム、クアンタム、BAT、IOST)を取り扱っており、500円相当から購入することができます。
orderbook10
また、取引所(上図)ではビットコインと一部のアルトコイン(ETC、FCT、MONA)の板取引が手数料無料で利用できます。同社はUI(ユーザーインターフェイス)とUX(ユーザーエクスペリエンス)が優れていると評判で、初心者でも直感的に操作ができるよう設計されています。コインチェックのスマホアプリの累計ダウンロード数は300万件を突破しています(2020年8月時点)。

3-2. 5銘柄の板取引を備えるGMOコイン

bitFlyer
「GMOコイン」は、東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する暗号資産取引所です。GMOインターネットのグループ会社にはGMOクリック証券など金融サービスを提供している会社もあるので、こうした金融機関としてのバックグラウンドを持っていることも特徴のひとつです。

GMOコインは「販売所」、「取引所」、「暗号資産FX」の3つの取引サービスを設置しています。販売所と取引所ではそれぞれ取り扱い銘柄が違うので押さえておきましょう。まず、取引所は5種類の銘柄(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン)で現物取引とレバレッジ取引を利用できます。一方、販売所と暗号資産FXは、これにネム、ステラルーメン、ベーシック・アテンション・トークン、オーエムジーを加えた9種類の銘柄を取り扱っています。

GMOコインは販売所も取引所も多くの銘柄を扱っており、レバレッジ取引も利用できるため、初心者から上級者まで幅広いニーズに対応できます。初心者の方はまず、取引所か販売所の現物取引を利用しましょう。GMOコインでは現物ビットコインを0.0001 BTC(123円)から購入できます。

3-3. ビットコイン取引量が国内No.1のbitFlyer


bitFlyerはゴールドマンサックス出身の加納 裕三氏が2014年に立ち上げた会社で、暗号資産業界では古参の部類に入ります。bitFlyerは初心者にとって理解しやすい「販売所」と「簡単取引所」、そしてレバレッジ取引ができて複雑な条件注文も可能な「bitFlyer Lightning」を提供しています。現物・差金決済・先物取引を含むbitFlyerのビットコイン取引量は国内No.1です(2019年総月間出来高、Bitcoin日本語情報サイト調べ)。

orderbook3
簡易取引所は初心者向けにわかりやすさを重視したUI(ユーザーインターフェース)となっています。簡易取引所ではビットコインのみが取引可能であり、アルトコインは基本的に販売所で利用することなります。

bitFlyerの販売所は、11種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン、BAT、ステラルーメン、ネム)を取り扱っています。販売所の最小注文数量は0.00000001 BTC、最大注文数量は20 BTCと高額注文にも対応しています。

3-4. 業界最狭水準のスプレッドが強み!SBI VCトレード

VCTRADE
SBI VCトレードはSBIグループのSBI VCトレード株式会社が運営する暗号資産販売所です。グループ会社である住信SBIネット銀行との連携やセキュリティ体制など、金融機関をバックグラウンドにもつサービスが提供されています。電話対応のカスタマーセンターは年末年始を除く平日9:00~17:00まで対応しています。

SBI VCトレードは1つの口座で、VCTRADE(販売所)とVCTRADE Pro(取引所)の2つの売買サービスを利用でき、どちらもXRP、ビットコイン、イーサリアムを取り扱っています。VCTRADE Pro(取引所)は取引手数料が無料なので頻繁に売買を行いたい方におすすめです。
SBI
VCTRADE(販売所)は成行注文だけでなく価格指定注文も備えています。価格指定注文(指値)は、「〇〇円になったら購入したい」や「××円になったら売却したい」と予め注文を出しておける方法です。VCTRADEは比較的スプレッドが狭い傾向があり、1回の最小取引単位が約500円と少額から始められます。

⑤まとめ

各社の取扱銘柄や手数料、取引方法の違いはそれぞれの特徴となっています。少額投資の方針で、シンプルにビットコインを購入するだけであれば、コインチェックやSBI VCトレードの取引所が手数料無料なのでおすすめです。この先、レバレッジ取引やアルトコインのトレードにも挑戦するつもりであればbitFlyerやGMOコインでスタートするのも良いでしょう。特にbitFlyerのビットコイン取引量は国内No.1の実績があり、高額の注文も比較的約定しやすいと思います。複数の取引所で口座開設をして、投資ツールを使い分けても良いでしょう。暗号資産取引所の口座開設は無料でできますので、これを機に各社サービスがどのようなものか、実際に確認してみてください。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。