暗号資産(仮想通貨)同士のレバレッジ取引で資産運用!リスクヘッジ方法について解説

ヘッジ0

証券会社を経て、仮想通貨取引所でトレーディング業務に従事した後、現在は独立して仮想通貨取引プラットフォームのアドバイザリーや、コンテンツ提供事業を運営する中島翔氏のコラムを公開します。

目次

  1. 暗号資産(仮想通貨)同士のペアとは?
  2. 暗号資産(仮想通貨)同士の取引時の注意点
    2-1. ビットコインの価格が変わらなかった時
    2-2. ビットコインの価格が下落した時
    2-3. ビットコインの価格が上昇した時
  3. 暗号資産(仮想通貨)同士の取引のリスクヘッジ手法とは?
    3-1. ヘッジを入れて、ビットコインの価格が下落した時
  4. 暗号資産(仮想通貨)同士のレバレッジ取引で資産運用を行う

日本の仮想通貨取引所・販売所のほとんどは、JPY(日本円)建ての銘柄の取引サービスを提供されているところがほとんどです。しかし外国為替のFXでは、ドル円やユーロ円だけでなくユーロドルやポンドドル、ユーロポンド等、異なる通貨建てで数百通り以上の通貨ペアが存在しています。

仮想通貨市場も同様に、ビットコイン円やイーサリアム円だけではなく、BTC/ETHやBTC/XRP、ETH/XRP等、色々な銘柄の組み合わせを提供している取引所も、海外を中心に存在しています。仮想通貨の種類の多さを踏まえると、銘柄の組み合わせはかなり多いと言えます。

今回は、このような仮想通貨建ての取引を行うときの注意点とリスク管理方法について解説したいと思います。少し頭が混乱するところもあるかもしれませんが、冷静に読み進めてもらえれば理解できると思います。

①暗号資産(仮想通貨)同士のペアとは?

最初に、「仮想通貨建ての取引とは何なのか?」という、基本から解説していきます。

海外を中心に仮想通貨取引所にはETH/BTCやXRP/ETH等、仮想通貨同士でトレード出来るようサービスが多くあります。(国内ではDMM BitcoinがBTC建ての取引ペアを比較的多めに提供しています。BTCを証拠金に使用するレバレッジ取引も普及しており、国内ではbitFlyerやDMM Bitcoinが採用しています。)

【関連記事】bitFlyer(ビットフライヤー)の口コミ・評判・口座開設
【関連記事】DMM Bitcoinの口コミ・評判・口座開設

下記は世界で最大規模の出来高を有す仮想通貨取引所Binance(バイナンス)のBTC建ての取引銘柄の一部です。Binanceは数百種類の銘柄の組み合わせを用意しています。この表は、BTCと比較して左側にある銘柄がどう動くかを表しています。

ヘッジ1

そして、下図はXRP/BTCのチャートです。

ヘッジ2

一つ目の黄色の丸印では「XRP高BTC安」を表しています。この時、投資家がXRP/BTCをロングしていれば、「XRPを買ってBTCを売っている」取引になるので、利益が出ています。この時の利益分のBTCが増加することになります。

例として、XRP/BTCの価格が2,000 satoshi(0.00002BTC)の時に1BTC分を売って、50,000 XRPのロングをしたとします。そしてXRP/BTC=4,000 satoshi(0.00004 BTC)に上昇した段階で利益確定のためにXRPのロングポジションを全部決済した場合、BTCの持分は2 BTCに倍増したことになります。

2つ目の黄色の丸印は逆の下落パターンになります。日本円ではないため最初はイメージしにくいかもしれませんが、仮想通貨同士の取引の感覚はすぐに慣れると思います。

それでは、ビットコインを証拠金に、BTC建てでアルトコインをトレードする際の注意点を解説していきましょう。

②暗号資産(仮想通貨)同士の取引時の注意点

先ほど、BTC建てで価値が増減するカラクリをご説明しました。この時、「日本円で資産が増えたかどうか?」が気になりませんか?

先述の例では、XRP/BTC=2,000サトシ(0.00002 BTC)で1BTC分を売って50,000 XRPのロングポジションを取り、XRP/BTC=4,000サトシ(0.00004 BTC)に値上がりした段階で利確したので、BTCの保有量が2 BTCになりました。この取引の日本円に換算した損益を見てみましょう。

ロングをしたタイミングと利益確定したタイミングで、ビットコインの価格が①変わらなかった時、②下落した時、③上昇した時、の3パターンを見比べてみましょう。

1. ビットコインの価格が変わらなかった時

ヘッジ3

2. ビットコインの価格が下落した時

ヘッジ4

3. ビットコインの価格が上昇した時

ヘッジ5

このように見ると、ビットコイン円のレートに、かなり影響を受けていると理解できます。つまり、チャートを見てビットコイン建てで利益を上げたと思っても、ビットコイン自体の価値の増減により、日本円換算で資産が増えていなかったりマイナスの場合もあるということです。

それでは、こうしたリスクを回避するためには、どうすればいいのかを次に説明していきます。

③暗号資産(仮想通貨)同士の取引のリスクヘッジ手法とは?

このように、仮想通貨建ての取引で発生する「仮想通貨の価値の変動リスク」をどのように管理すれば良いでしょうか?

その答えは「同量のBTC分を先物(やレバレッジ取引)でヘッジしておくこと」です。

これは、外国為替の市場で機関投資家がよくやる方法です。日本人の投資家が米国債を購入する場合に、まずドルを購入してからそのドルで米国債を購入します。この時、ドル円のリスクを負っていることになるため、同量のドルを先物でヘッジするのです。

仮想通貨でも同じことをすれば、資産価値の変動リスクをヘッジできます。

先ほどの例で言えば、1BTCで50,000 XRPをロングしたとき、日本の暗号資産(仮想通貨)FXサービスのBTC/JPY銘柄で1BTC分をヘッジショートします。これで、BTCが下落した場合における損失をヘッジすることができます。

※FXではポジション維持手数料のようなスワップがあります。国内の仮想通貨取引所は主に、1日毎にポジション(建玉)に対して0.04%の手数料をスワップとして徴収しています。煩わしいと感じる方もいるかと思いますが、価格変動リスクと比較すると安価なため、ヘッジコストとして考えてください。下図はGMOコインから抜粋した、ポジション維持手数料の説明です。

ヘッジ8

ヘッジを入れて、ビットコインの価格が下落した時

それでは、先述の例②にヘッジを取り入れて、価格が下落した場合に日本円換算で評価損益がどうなるか見てみましょう。

ヘッジ6

この場合、XRP/BTCのロングに費やした1BTC(1,000,000円)分の損失(500,000円)を、BTC/JPYヘッジショートの利益で相殺しています。結果、トータルで50万円のリターンを得ています。

こうして仮想通貨同士で取引する際に、ビットコインの価値の下落リスクをヘッジすることができます。

④暗号資産(仮想通貨)同士のレバレッジ取引で資産運用を行う

最後に、仮想通貨同士のペアで取引をすることをおすすめする理由についてご説明します。

最初はリスク管理が難しかったり、損益のカラクリが頭に入れにくいかもしれません。しかし、慣れてくると簡単な仕組みです。また仮想通貨市場ほど、銘柄ごとの強弱がわかりやすい市場はないと感じています。

そのことは、ドミナンス(市場占有率)をご覧頂くと理解できます。
ヘッジ7
上図は、仮想通貨市場全体における銘柄毎のシェアを表しています。ビットコインの一強状態が継続しているのがわかると思います。ここ数年でメインとなる取引参加者は個人投資家から法人や機関投資家へとバトンタッチしています。大口の資金フローが流入するようになり、流動性の厚さ(マーケットデプス)の側面がとても重要になってきているため、投資先としてビットコインが選ばれているのです。

一方でイーサリアムやXRPなど時価総額の大きいアルトコインでさえも、対ビットコインで見ると弱含みの動きが続いています。つまり、ビットコインのトレンド発生時に、アルトコインをトレードしやすいと言えるでしょう。

その際、ビットコイン自体のリスクをヘッジすることが肝心です。仮想通貨市場全体のリスクを取らないため、仮想通貨特有の急上昇時の恩恵をダイナミックに受けられないことがこの方法のデメリットです。しかし、安定した資産運用手段として見れば、ヘッジをかけて仮想通貨同士を取引する方法は有用と考えられます。

仮想通貨は、博打のような短期トレードではなく、資産運用として利用できる市場でもあるため、是非一度勉強してみることをおすすめします。

HEDGE GUIDE編集部後記

国内の仮想通貨取引所の中でも、DMM Bitcoinは9種類の暗号資産(BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、XEM、ETC、XLM、MONA)のレバレッジ取引を提供しています。日本円に加えて仮想通貨建ての取引にも対応しており、利用可能な通貨ペアは計16種類に上ります。この機会に、DMM Bitcoinで口座を開設して、ヘッジショートを活用したトレーディング戦略を試してみてください。
 

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。 【保有資格】証券アナリスト