【暗号資産投資を始めるなら】GMOコインとSBI VC トレードではどっちがおすすめ?取扱銘柄や機能、手数料などを徹底比較!

暗号資産(仮想通貨)投資を始めるに当たって、まずは暗号資産取引所に登録する必要があります。暗号資産市場は急速に進化しており、取引所のサービスも毎月のように更新されています。情報をキャッチアップしていく中で、皆様が求めていた投資関連のサービスが見つかるかもしれません。

GMOコインとSBI VC トレードは国内でも知名度の高い暗号資産取引所です。どちらも金融サービスを提供する企業のグループ会社であり、信頼性の高いセキュリティ体制や高品質なサービス提供を行っています。ここではGMOコインとSBI VC トレードのサービスや機能などを比較・分析します。

目次

  1. 暗号資産FXと板取引で多くのアルトコインを取り扱うGMOコイン
    1-1. 販売所と取引所を備え、レバレッジ取引も可能
    1-2. 目的に合わせて2種類のアプリを利用できる
    1-3. 「貸暗号資産」で着実に保有量を増やせる
  2. SBIグループが運営する暗号資産取引所SBI VCトレード
    2-1. 暗号資産を簡単に売買できる販売所
    2-2. 取引手数料無料のVCTRADE Pro
    2-3. オールインワンなスマホアプリVCTRADE SP
  3. まとめ

①暗号資産FXと板取引で多くのアルトコインを取り扱うGMOコイン

bitFlyer
GMOコインは、東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する暗号資産取引所です。GMOインターネットはグループ会社にGMOクリック証券などの金融サービスの提供実績をもっており、GMOコインにおいても金融ノウハウを活かした運営が行われていることが特徴です。GMOコインでは法定通貨の出金、暗号資産の入出金の手数料が無料に設定されています。また法定通貨の入金では、GMOあおぞらネット銀行、ジャパネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行が手数料無料で振込ができます。

1-1. 販売所と取引所を備え、レバレッジ取引も可能

GMOコインは「販売所」と「取引所」、「暗号資産FX」の3つの取引サービスを提供しています。販売所と暗号資産FXでは9種類の暗号資産を売買でき、取引所は5種類の銘柄で現物取引とレバレッジ取引を利用できます。取引所のメイカー(指値注文)でマイナス手数料を採用しているため、頻繁に取引を行う方にとって特にメリットがあります。(レバレッジ取引のマイナス手数料はBTC/JPYのみとなっています)。

1-2. 目的に合わせて2種類のアプリを利用できる

GMOコインは2種類のスマホアプリを利用できます。「GMOコイン 暗号資産ウォレット」は、暗号資産の「販売所」、「取引所(現物・レバレッジ取引)」、日本円入出金、暗号資産の預入・送付、口座情報の確認・更新などを利用できます。初心者から上級者まで幅広く利用されています。

GMOCoin2

一方、GMOコインが提供する暗号資産FX専用アプリ「ビットレ君」は、FX取引に必要な情報取得に特化しています。描画機能付きのチャートや、1分間に大きな価格変動が発生した際にプッシュ通知も搭載しています。ワンタップで新規・決済・ドテン注文が可能な「スピード注文」を備えているため、相場変動を逃さずに対応しやすくなっています。

1-3. 「貸暗号資産」で着実に保有量を増やせる

GMOコインはユーザーが所有している暗号資産を貸し出して最大年利3%の暗号資産を獲得できる「貸暗号資産」サービスを提供しています。利用者は、GMOコインが取り扱う9種類の暗号資産を日本円で10万円程度から、最短1か月間から貸し出せるようになっています。貸出期間と金利設定は、1か月(年率1%)と3か月(年率3%)の2パターンから選べ、毎月15日から貸出を開始できます。貸暗号資産はトレードに自信がない方でも確実にコツコツと暗号資産の保有量を増やすことができるので、投資家の間で人気が高まっています。

販売所 ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、XRP、ネム、ステラルーメン、BAT、OMG
取引所 ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、XRP
暗号資産FX BTC/JPY,ETH/JPY,XEM/JPY,XLM/JPY,BAT/JPY,BCH/JPY,LTC/JPY,XRP/JPY,OMG/JPY
最小注文数(BTC) 販売所:0.0001 BTC / 回
取引所:0.0001 BTC / 回
レバレッジ取引・暗号資産FX:新規・決済ともに 0.01 BTC / 回
取引手数料 ・取引所(現物)
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
・取引所(レバレッジ)
Maker:-0.035%
Taker:0.040%
・販売所:スプレッド
・暗号資産FX:無料
レバレッジ手数料 取引所(レバレッジ)、暗号資産FX共に0.04% / 日
日本円の出金手数料 無料(最低出金額:1万円/回)

②SBIグループが運営する暗号資産取引所SBI VCトレード

VCTRADE
SBI VCトレードはSBIグループのSBI VCトレード株式会社が運営する暗号資産取引所です。SBIグループは顧客中心主義とインターネット革命を標榜、デジタルアセット取引のグローバルスタンダードを目指しています。グループ会社である住信SBIネット銀行との連携やセキュリティ体制など、金融機関をバックグラウンドにもつサービスが提供されています。電話対応のカスタマーセンターは年末年始を除く平日9:00~17:00まで対応しています。

2-1. 暗号資産を簡単に売買できる販売所「VCTRADE」

SBI VCトレードは「買値」と「売値」だけがシンプルに表示された販売所方式を採用しており、XRP、ビットコイン、イーサリアムを売買できます。販売所でありながら、成行注文だけでなく価格指定注文も備えています。価格指定注文(指値)は、「〇〇円になったら購入したい」や「○○円になったら売却したい」とあらかじめ注文を出しておける方法です。

販売所は、提示されている価格で暗号資産をVCTRADEからすぐに購入(売却)できるので、取引チャンスを逃すリスクが低いというメリットがあります。購入価格と売却価格の差(スプレッド)が実質的な手数料となるため、取引所に比べて購入価格が高く、売却価格は低くなる場合があることはおさえておきましょう。

2-2. 取引手数料無料の「VCTRADE Pro」

VCTRADE Proでは、証券取引のようにオーダーブックによる取引が可能です。ビットコイン(BTC/JPY)、イーサリアム(ETH/JPY)、XRP(XRP/JPY)の3つの銘柄を取り扱っています。マーケットメイカー(MM)が常時流動性を供給している上に取引手数料が無料であり、トレーダーにとって有益なサービスとなっています。

VCTRADE Proはまた、チャートや板情報、発注ボードなどの画面構成は自由に配置できるなど、トレーディング向けの機能を搭載しています。約定処理能力の高いNASDAQマッチングエンジンを採用しており、値動きが激しい場面でも発注を逃さないスムーズな取引サービスを提供しています。

2-3. オールインワンなスマホアプリVCTRADE SP

VCTRADEAPP
SBI VCトレードはスマホアプリ「VCTRADE SP(iOS、Android)」を提供しています。アプリは販売所、取引所の両サービスが利用できるため、「注文方法といった詳しいことまではわからないけど暗号資産に投資をしてみたい」という投資初心者から、「手数料を考慮してしっかりと利益を追求したい」と考えるトレーディング目的の投資家まで、幅広いニーズに応えるサービスとなっています。

販売所 ビットコイン、イーサリアム、XRP
取引所 ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、XRP
レバレッジ取引
最小注文数 500円相当
取引手数料 販売所:スプレッド 取引所:無料
日本円の出金手数料 住信SBIネット銀行:50円
住信SBIネット銀行以外の金融機関:160円)

③まとめ

GMOコインはGMOインターネットが親会社という信頼感があり、販売所と取引所の両方を兼ね備えていることから初心者から上級者まで利用しやすい暗号資産取引所です。またSBI VC トレードはSBIホールディングスが親会社という信頼感があり、こちらも販売所と取引所の両方を兼ね備えていることから広いニーズに定評がある暗号資産取引所です。

どちらも板取引の取引手数料がお得に設計されているので、しっかり把握して活用したいところです。GMOコインは、取引所の現物/レバレッジ取引でマイナス手数料を導入しており、Maker手数料(指値注文)でその利点を活かせます。一方のSBI VC トレードの取引所VCTRADE Proでの取引手数料がMakerもTakerも無料なので、分かりやすくなっています。

両社は取り扱い暗号資産の数が異なる点も注目です。GMOコインは豊富に取り扱われているのでアルトコインにも興味がある方にはおすすめです。SBI VC トレードは3種類と多くはありませんが、主要な暗号資産だけ取引したい方には充分でしょう。

両社とも最小注文単位は1,000円以下となっているので、まずはお小遣い範囲で始めてみたい方にも利用しやすくなっています。初心者の方は、よりシンプルなSBI VC トレードから投資を始めてみて、慣れてきた段階でGMOコインのレバレッジ取引や貸暗号資産を検討してみるのも良いと思います。暗号資産取引所の口座開設は無料でできるので、この機会にぜひ検討してみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。