仮想通貨(暗号資産)取引所GMOコインとビットバンクの特徴や機能を徹底比較

国内でも多くの仮想通貨(暗号資産)交換業者が設立される中、ユーザーにとってますます便利なサービスが出てきています。アプリの使用感や提供しているサービスについて多種多様になってきており、複数の企業で口座を開いておいて目的に合わせて使い分けている人も少なくありません。ここでは、GMOコインとビットバンクについて機能や手数料、取引通貨などサービス内容を比較することで、どのようなことができるのか分析していきたいと思います。

目次

  1. GMOコインの特徴・機能まとめ
    1-1. さまざまな仮想通貨でレバレッジ取引が可能
    1-2. 快適な取引をサポートするスマホアプリ
    1-3. 長期投資向けの資産運用サービスが豊富
  2. ビットバンクの特徴・機能まとめ
    2-1. 取引所方式で10種類の仮想通貨を売買できる
    2-2. 最大年率3%の「仮想通貨を貸して増やす」
    2-3. スマートフォンからもストレス無くトレード可能
  3. コインチェックとビットバンクの取扱通貨・手数料を徹底比較
    3-1. 取扱仮想通貨
    3-2. 各種手数料
  4. まとめ

①GMOコインの特徴・機能まとめ


GMOコインは、東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。GMO証券など金融サービスの運営ノウハウは、GMOコインにも活かされています。初心者からトレーダーまで幅広いユーザーが利用するGMOコインの口座数は37.4万件を越えています(GMOフィナンシャルHD、2021年12月期第1四半期決算資料より)。

さまざまな仮想通貨でレバレッジ取引が可能

GMOコインでは「暗号資産FX」と「取引所(レバレッジ取引)」の2つのサービスで、2倍のレバレッジを使用したトレードができます。このうち「暗号資産FX」は、2wayプライスによるシンプルな価格表示、3種類(IFD、OCO、IFD-OCO)の複合注文を採用しており、外国為替証拠金取引(FX取引)の経験がある投資家にとって利用しやすい仕組みとなっています。

快適な取引をサポートするスマホアプリ

スマホアプリ「GMOコイン 暗号資産ウォレット」では販売所、暗号資産FX、取引所(現物取引)、取引所(レバレッジ取引)の4種類の取引サービスが利用可能です。描画機能付きでテクニカル指標が利用できる「高機能チャート」を備えており、トレンドラインやフィボナッチ・リトレースメントなどのラインを描いて相場分析が可能です。特に、暗号資産FXでは、ワンタップで新規・決済・ドテン注文が可能な「スピード注文」が利用でき、価格変動時のプッシュ通知と組み合わせることで、相場変動時に対応しやすくなっています。その他、資産管理機能として日本円入出金、仮想通貨の預入・送付、口座情報の確認などを行えます。

長期投資向けの資産運用サービスが豊富

GMOコインは、積立投資と貸仮想通貨サービスを提供しています。「つみたて暗号資産」は月々1,000円から5万円の範囲で設定ができ、取引所の口座に残高がある限り自動積立されます。「貸暗号資産」は取り扱っている全仮想通貨に対応しており、最大年率3%の仮想通貨を得ることができます。加えて、テゾス(XTZ)の「ステーキングサービス」も提供するなど、長期投資に便利なサービスが充実しています。

②ビットバンクの特徴・機能まとめ

仮想通貨取引所・販売所のbitbank
「ビットバンク(bitbank)」はビットバンク株式会社が運営する仮想通貨(暗号資産)取引所です。ビットバンクは初心者にとって使いやすい「販売所」だけでなく、板取引が可能な「取引所」サービスも提供しており、全部で10種類の仮想通貨を取り扱っています。TradingViewやメイカー取引のマイナス手数料の採用などトレーディングに便利な仕組みを導入しており、取引量は国内No.1※を誇っています。※2021年2月14日 CoinMarketCap調べ

取引所方式で10種類の仮想通貨を売買できる

ビットバンクの取引所は国内No.1の取引量を誇るため、ビットコインなどの仮想通貨を「売りたいときに売りやすく、買いたいときに買いやすい」サービスとなっています。取引画面は使いやすさを追求したデザインとなっており、初心者の方でも簡単に仮想通貨の売買ができるでしょう。

指値注文を使って取引板に注文を並べる「メイカー取引」を行うことで、手数料分(-0.2%)のリベートを受取れる仕組みになっています。取引をすればするほど手数料をもらうことができます。

最大年率3%の「仮想通貨を貸して増やす」

ビットバンクの「仮想通貨を貸して増やす」は、ユーザーが保有する仮想通貨をビットバンクに貸し出し、利用料を受取れるものです。貸出期間は1年間、最大年率は3%となっており、長期保有を決めている投資家にとってお得なサービスです。ビットバンクの取扱い全通貨の貸出に対応しています。

スマートフォンからもストレス無くトレード可能

ビットバンクのスマホアプリ経由であれば最短1日で本人確認が完了でき、すぐに取引を開始できます。土日を含めた24時間リアルタイム入金に対応しており、取引チャンスを逃しません。スマホアプリからもTradingViewを利用できるため、相場分析をしながら販売所・取引所で快適にトレードできます。

③GMOコインとビットバンクの取扱通貨・手数料を徹底比較

取扱仮想通貨

GMOコイン ビットバンク
販売所 ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネム、ステラルーメン、オーエムジー、ベーシック・アテンション・トークン、テゾス、クアンタム、エンジンコイン、ポルカドット ビットコイン、イーサリアム、XRP、ライトコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュ、ステラルーメン、クアンタム、ベーシックアテンショントークン
取引所 ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン ビットコイン、イーサリアム、XRP、ライトコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュ、ステラルーメン、クアンタム、ベーシックアテンショントークン、オーエムジー
レバレッジ取引 暗号資産FX:
BTC/JPY、ETH/JPY、LTC/JPY、BCH/JPY、XEM/JPY、XLM/JPY、XRP/JPY、BAT/JPY、XTZ/JPY、OMG/JPY
取引所:
BTC/JPY、ETH/JPY、LTC/JPY、BCH/JPY、XRP/JPY

各種手数料

GMOコイン ビットバンク
取引手数料 販売所:無料(スプレッドに実質手数料を含む)
取引所:メイカー:-0.01%、テイカー:0.05%
販売所:無料 (スプレッドに実質手数料を含む)
取引所:メイカー:-0.02%、テイカー:0.12%
最小注文数量(BTC) 販売所:0.00005BTC
取引所:0.0001BTC
販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001BTC
日本円入金手数料 ・即時入金
GMOあおぞらネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、PayPay銀行:手数料無料(最低1,000円/回、最大1,000万円/回)

その他の金融機関:振込者負担・ペイジー入金
手数料無料(最低1,000円/回、最大999,999円/回)

無料
日本円出金手数料 手数料無料(最低金額1万円/回、最大1,000万円/回) 550円/770円(3万円以上)
仮想通貨出金手数料 無料 BTC:0.0006BTC
LTC:0.001LTC
XRP:0.15XRP
ETH:0.005ETH
MONA:0.001MONA
BCH:0.001BCH
XLM:0.01XLM
QTUM:0.01QTUM
BAT:45BAT

*こちらは2021年9月時点の情報です。最新情報は各社ホームページをご覧ください。

④まとめ

GMOコインでは販売所と取引所、レバレッジ取引を提供しており、投資初心者からトレーダーにまで幅広いニーズに対応しているのが特徴です。またそれぞれのサービスをスマホアプリからでも利用できるので、利便性が高い仮想通貨取引所です。さらに仮想通貨投資では将来の値上がりや需要を見越して、長期的に保有する投資家もいます。長期的な運用において、仮想通貨積立てと貸仮想通貨やステーキングなど、長期的な運用にも適したサービスを提供しています。価格変動が激しい仮想通貨市場を相手に初心者がトレーディングをするのはリスクが高いので、こういった長期投資に向いているサービスは大変便利です。

ビットバンクでも販売所と取引所の両方を提供しています。販売所でのビットコインの最低注文数量はビットバンクの方が少額に対応しています。またと取引所ではビットバンクの方が対応銘柄が多く、さらに70以上のテクニカル分析が使えるチャート「TradingView」を搭載しており、本格的なトレードも可能となっています。

どちらも口座開設はスマホアプリから無料でできるので、気になる方はこれを機に2つの仮想通貨取引所をチェックしてみてください。アプリの使用感を確認しながら、ご自身の好みに合ったツールを選択して、仮想通貨投資に気楽に向き合っていくことも重要です。慣れてきた時にそれぞれ独自のサービスを使い分けても良いでしょう。また仮想通貨取引所では緊急メンテナンスやハッキングなどのリスクを考えて、複数の取引所に資産を分散させることは一般的です。ぜひ参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。