CryptoGTってどんな仮想通貨取引所?企業概要とメリットを解説

筆者は仮想通貨取引所でトレーダーを行なっていましたが今でも個人投資家として仮想通貨は毎日欠かさずチェックしています。日本のユーザーでも仮想通貨取引所は海外の仮想通貨取引所で行うのが一般的になりつつなる中、海外の取引所は抵抗がある方も多いことでしょう。しかし日本がこれだけハッキング等被害を受けている中「日本の仮想通貨取引所=安心」という方程式は成り立たないのは誰でも理解できると思います。

特に仮想通貨は匿名性の強い点が特徴的であり、送金等も日本の銀行だから、海外の銀行だからという隔たりはなく簡単に数分でどこの国の取引所でも送金できることを考えると、とても利便性のいい商品と言えるでしょう。様々なサイトでは中国のバイナンスや、BITMEX等を特集したりしていますが、利用しやすい仮想通貨取引所の一つとして今日は「CryptoGT」をご紹介したいと思います。

目次

  1. CryptoGTってどんな仮想通貨取引所??
  2. CryptoGTの企業概要
  3. 証拠金として充当できるものは?
  4. 日本語サポートの強さの秘密
  5. 2wayプライスの強さ
  6. CryptoGTは慣れると利用しやすい海外仮想通貨業者

CryptoGTってどんな仮想通貨取引所??

Crypto GT

CryptoGTとはマーシャル諸島に籍を置いている仮想通貨のレバレッジ取引所です。運営会社はHatio.LTDという会社が運営しており、1年以上プラットフォームを運営していますが問題が起きたことがない業者として知られています。最初にCryptoGTがbitflyerやBITMEX等他のレバレッジ仮想通貨取引所どのような違いがあるのかまとめたので下の表をご覧ください。

海外仮想通貨取引所 比較

この中でCryptoGTの一番特徴は「200倍のレバレッジ」と「注文の可否(通りやすさ)」でしょう。レバレッジが高ければ高いほど言い訳ではありませんが、ボラティリティの高い仮想通貨のマーケットにおいて、レバレッジが大きければ大きいほど利用方法を間違えないと強い味方になります。

また「注文の可否」というのは注文を出した後に注文が必ず通るかどうかということです。BITMEXでかなりユーザーから不満の声として上がっていたのがこの部分です。大口のユーザーが注文を出して取引が膨らむとサーバーが弱いことから注文が通らず、損切りをしたくてもできないという現象がBITMEXでは頻繁に発生していました。これは現状でも変化しておらず、大口ユーザーの悩みの種となっています。

しかしCryptoGTはこの現象がほとんどないのが大きな特徴です。これはCryptoGTは「OTCレバレッジ取引」を提供しており、BITMEXやbitflyerのような板取引という形態ではないことに特徴があります。

OTC取引というのは相対する取引相手が仮想通貨業者という意味です。板取引は取引する相手がその仮想通貨取引所に注文を出している個人同士で取引が成立しており、逆に注文が取引所にない場合は取引ができないということになります。仮想通貨業者はこのプラットフォームを利用してもらう投資家から手数料をもらって収益に繋げているということです。

またアプリに関してもCryptoGTは世界のユーザーから親しまれているMT5というツールで提供しているためアプリもMT5をインストールして設定するだけで利用できます。そのため今までMT5を利用していたFXトレーダー等は取引が行いやすいでしょう。

また企業独自の特徴としては下記の企業概要の中で紹介したいと思います。

CryptoGTの企業概要

次にCryptoGTの企業概要をチェックしましょう。下記が表になります。

Crypto GT 概要

見て頂くとわかる通り海外のマーシャル諸島で登記された会社で運営されています。実際はキプロスという国で開発集団がいるそうで、またエンジニアのチームはXM証券等オフショアの海外FXで安定して運営する大きなFX会社で、その点信用性は高いと言えるでしょう。

またユーザーの声で一番大きいポイントは「カスタマーサポートの速さ」です。リアルタイムチャットがあるのですが、日中に質問をすると15秒以内には反応してくれます。これは機械で反応しているわけではなく担当を常に置いており徹底的に顧客対応に重要性を感じて対応しているそうで、この点はかなり好印象と言えるでしょう。

先ほど説明したようにレバレッジも200倍まで可能であるため、レバレッジを活かすも殺すも投資家次第というところで、ちゃんとした取引を提供できる環境にあると言えます。また証拠金維持率は100%のためその点は気をつけて取引量を設定することが大切です。

また通貨数が70通貨もあり、通貨ペアではレバレッジ取引所の中でも世界屈指と言えるでしょう。現在CryptoGTは日本で展開していますが今後海外展開も行なっていくそうで、そうなるとかなりユーザーが増えそうですね。

証拠金として充当できるものは?

次に取引を行うに当たって必要な証拠金について説明します。

取り扱い仮想通貨

証拠金として充当する仮想通貨はメジャーなビットコイン、イーサリアム、XRPはもちろん可能で、そのほかにもライトコインやモネロ、Z-dash等アルトコイン含めて14種類対応しています。この種類の多さは世界どこの取引所にもなく、もしも現物を持っている投資家がいればその通貨を証拠金として利用して資産を膨らますチャンスもCryptoGTでは可能ということですね。特に最近ではステーブルコインの通貨の種類を拡大しており、この点も世界のユーザーに対応しようとする動きの一つでしょう。

取引ツール

MT5

CryptoGTの取引プラットフォームはmeta trader5と呼ばれるツールです。これはFXで世界で親しまれているツールですが、これを仮想通貨用に開発されて利用されています。対応している端末もほぼ網羅しているため取引に困ることはないでしょう。対応している端末は下記のようになります。

MT5 対応端末

日本語サポートの強さの秘密

CryptoGTの大きな特徴の一つしてカスタマーサポートの部分に定評があります。これは冒頭簡単に説明しましたが、リアルタイムチャットがあり最初のレスポンスは15秒以内には日中返信があるため日本でもユーザーが増加したと言われています。

Crypto GT

この右下がカスタマーサポートの画面ですがここから英語、日本語どちらでもサポートがされるようになっています。
夜中にメールをしても1時間以内には返信があるそうで、バックのサポート体制は海外でもシフト制で行なっている様子です。これだけカスタマーサポートに力をいれている海外の仮想通貨取引所はほかにないためこの点はとても信頼できると言えるでしょう。

2wayプライスの強さ

最後にCryptoGTの約定率の理由でもある2wayプライスの取引について解説します。これはGMOで採用されているものと同じで売りと買いのレートがFXと同じように表示されているものです。具体的には下記のようなものになります。

スプレッド

これは売りと買いのスプレッドが収益の源泉になっており取引をする相手は仮想通貨取引所になります。相対取引で取引を行うということです。

CryptoGTでは顧客本位の約定方法にしており、価格が大きく動いたとしても注文を通してくれるようになっています。そのため急変時にポジションを解消できないという点はユーザーにとっては価格に見えないとても大きなメリットであり、大口ユーザーほどこのCryptoGTを利用しているというケースも見られます。

CryptoGTは慣れると利用しやすい海外仮想通貨業者

やはり最初は海外取引所に抵抗があるかもしれませんが、日本にはすでに3万人のユーザーがいる大きな取引所です。そしてハッキング被害は一度もなくセキュリティ面もしっかりしていることが伺えます。

当然機能としてもBITMEXとかよりも様々な機能がある反面慣れるのに時間がかかるという点も特徴として挙げられますが、慣れるとここしか利用できないという声も聞こえるほど優秀な海外仮想通貨取引所の業者です。

入出金のトラブルも大きく聞こえてこないまま1年以上が経過しているところからも優良と言えるでしょう。また開発者たちも元は海外のXM証券で立ち上げたメンバーというところからも信頼がおけると判断して良さそうです。是非一度口座開設は簡単にできるので利用してみることをお勧めします。

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行に入行し、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。 【保有資格】証券アナリスト