目的別に仮想通貨取引所を使い分ける!コインチェック、GMOコイン、BITPointの使い分けとは?

近年、仮想通貨(暗号資産)市場の注目度が高まる中で仮想通貨取引所間の競争も激化しています。ユーザーにとって便利なサービスが整ってくる中、複数の企業で口座を開いておいて目的別に使い分けている方も少なくありません。ここでは筆者が実際に口座を保有して資産を運用している仮想通貨取引所3社について解説します。

目次

  1. 目的別に取引所を使い分けるとは?
  2. 投資サービスによる使い分け
    2-1.長期投資なら積立サービスがある仮想通貨取引所
    2-2.トレーディングなら取引所形式やレバレッジ取引
  3. コインチェック、GMOコイン、ビットポイントのサービス概要
    3-1.入金~購入まで全自動の積立サービスが便利なコインチェック
    3-2.アルトコインの板取引もできるGMOコイン
    3-3.エイダコインやジャスミ―など注目の仮想通貨を扱うビットポイント
  4. まとめ

①目的別に取引所を使い分けるとは?

初めて仮想通貨取引所の口座を開設したときに、『販売所方式』と『取引所方式』の2種類あることに気づき、どちらで購入すればよいかとまどう方は多いようです(運営会社によって販売所方式のみを提供していたり、両方備えていたりします)。また、販売所と取引所で取扱銘柄が違っていたり、手数料、スプレッドも異なっています。

こうしたサービスは、投資の目的別に使い分けると良いでしょう。例えば、短期取引には手数料が安くスプレッドも狭い『取引所方式』が便利です。一方、初心者の方で長期投資を目的でビットコインを購入したいということであれば、取扱いが簡単な販売所を使用するのも良いでしょう。

②投資サービスによる使い分け

2-1. 長期投資なら積立サービスがある仮想通貨取引所

仮想通貨取引所によっては、自動積立やレンディングなどの付随サービスが充実しています。仮想通貨は価格変動が激しいため、一定額を定期的に購入する「ドルコスト平均法」により購入単価を平準化することができます。定期的な購入作業をサポートしてくれるのが積立サービスです。また、仮想通貨を保有しながら賃借料を得られるレンディングサービスは人気で、多くの仮想通貨取引所で利用できます。こうしたサービスが整っている仮想通貨取引所の口座を開設しておくと便利です。

2-2.トレーディングなら取引所形式やレバレッジ取引

ある投資家は、投資資金の8割を長期投資、2割の資金を短期投資に振り分けていると言います。短期投資分は取引手数料が安価でスプレッドも狭い『取引所形式』を選んで使用しています。販売所はスプレッド(買値と売値の価格差)に実質的な手数料が含まれているからです。さらに短期的なピークを迎えた局面や、フォークイベントの前後などではショート(空売り)でヘッジができるレバレッジ取引も利用しているようです。このように、場面に応じて投資戦略を選択できると仮想通貨取引所の選び方も変わってくるでしょう。

③コインチェック、GMOコイン、ビットポイントのサービス概要

3-1. 入金~購入まで全自動の積立サービスが便利なコインチェック

Coincheck
Coincheck(コインチェック)はマネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営している仮想通貨取引所です。同社のスマホアプリは優れたインターフェイスが特長で、累計ダウンロード数は415万件(2021年6月末時点)を突破しています。コインチェックの販売所では16種類の仮想通貨を取り扱っており、500円から利用可能です。取引所では5種類を手数料無料で売買できます。これらのコインの多くは、レンディング「貸暗号資産」や積立投資「Coincheckつみたて」サービスでも利用できます。

  • 取引所の取扱い銘柄:
    ビットコイン、モナコイン、イーサリアムクラシック、ファクトム、パレットトークン
  • 販売所の取扱い銘柄:
    ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リスク、XRP、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ファクトム、モナーコイン、ステラルーメン、ネム、クアンタム、ベーシックアテンショントークン、IOST、エンジンコイン、オーエムジー

Coincheckつみたては月々1万円から100万円の範囲で、1,000円単位で積立可能な仮想通貨の積立サービスで、Coincheckの取り扱いがある仮想通貨(ファクトムとパレットトークンを除く)で利用できます。積立の方法には2つあり、月に1度だけ買い付けを行う「月イチつみたてプラン」と毎日積立を行う「毎日つみたてプラン」があります。取扱手数料は無料で、指定の銀行から毎月もしくは毎日引き落としの形で自動的に積立が行われます。

「貸仮想通貨サービス」ではCoincheckで取り扱われているすべての仮想通貨で利用できます。貸出期間は14日~365日まで選択でき、最大年利5.0%の賃借料を受け取ることが可能です。

3-2. アルトコインの板取引もできるGMOコイン

bitFlyer
GMOコインは、東証プライム上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。GMO証券など金融サービスの運営ノウハウは、GMOコインにも活かされています。初心者からトレーダーまで幅広いユーザーが利用するGMOコインの口座数は37.4万件を越えています(GMOフィナンシャルHD、2021年12月期第1四半期決算資料より)。

GMOコインは4種類の取引サービスを利用でき、イーサリアムやXRPなどのアルトコインの取引方法が豊富です。取引所(現物取引)のメイカー注文ではマイナス手数料(-0.01%)を採用しているので、注文が取引板に並ぶように指値注文を入れることで手数料のリベートを受取れます。

  • 取引所(現物取引):
    ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネム、ステラルーメン、シンボル、モナコイン
  • 取引所(レバレッジ取引):
    ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ステラルーメン、シンボル
  • 販売所:
    ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネム、ステラルーメン、オーエムジー、ベーシックアテンショントークン、テゾス、クアンタム、エンジンコイン、ポルカドット、コスモス
  • 暗号資産FX:
    ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネム、ステラルーメン、オーエムジー、ベーシックアテンショントークン、テゾス

GMOコインの「つみたて暗号資産」は、設定した金額の仮想通貨を口座残高から自動で買付けるサービスです。毎月10日プランと毎日プランがあり、一回の購入量を最低500円~最大5万円までの範囲で500円単位で設定ができます。積み立てる銘柄の種類や数をカスタムできるので、ビットコインとイーサリアムとリップルを少しずつ買い増したいといった要望に応えます。

GMOコインのレンディングサービスでも、GMOコインで取り扱われているすべての仮想通貨で利用できます。10万円程度から貸し出すことができ最大年利3.0%で仮想通貨が増えていくサービスで、最短1ヶ月から貸し出した仮想通貨の分だけ賃借料が受け取ることが可能です。

3-3. エイダコインやジャスミ―など注目の仮想通貨を扱うビットポイント

仮想通貨取引所・販売所のBITPoint
「BITPoint(ビットポイント)」は、株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所です。BITPointは販売所形式で11種類、取引所形式(BITPoint Pro)で7種類の仮想通貨を売買可能です。特に、エイダコインやジャスミーなど、国内では同社でしか購入できない有名コインもあり注目を集めています。

  • 販売所:
    ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、XRP、ベーシックアテンショントークン、トロン、ポルカドット、ADA、ジャスミー、チェーンリンク
  • 取引所(BITPoint Pro):
    ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、XRP、ベーシックアテンショントークン、トロン

BITPointは日本円の即時入金や現物取引、仮想通貨の入出庫など各種サービスが手数料が無料で利用できるので、これから仮想通貨投資を始めたい方だけでなく、トレーダーの方にもおすすめな仮想通貨取引所です。

長期投資用のサービスとしては、レンディングサービス「貸して増やす」があります。BITPOINTで取り扱いがあるすべての仮想通貨を貸出しできますが、募集案件によって「仮想通貨、賃借期間、賃借料率、最小賃借数量」が指定されます。投資家としてはチェックしておきたいサービスです。

④まとめ

コインチェックは多品種の販売所に目が行きがちですが、手数料無料の取引所も注目です。長期投資用の付随サービスも含めて利用頻度の高い仮想通貨取引所となっています。GMOコインも取引所や積立サービスがあるので、銘柄に応じて利用できます。

アルトコインのトレードの点ではGMOコインとビットポイントが便利です。ビットコイン以上にボラティリティが高いためリスクもありますが、アップデートなどのイベントも多く国内外でアルトコイントレードの人気が高まっています。2021年を通して多くの仮想通貨の価格が高水準を維持していますが、マクロ経済や規制面の不確実性も多くハイリスクな状況です。将来性を期待して長期投資をするにしても一度に資金を投入するより、コツコツ定期的に購入する『積立投資』を検討しましょう。

ほとんどの仮想通貨取引所は口座開設や維持手数料が無料です。口座開設作業も簡単でスピーディーに完了するように設計されており、最短1日で仮想通貨投資を始められる企業が増えているので、気になる取引所は口座開設して実際に触ってみるのがいいでしょう。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。