仮想通貨は長期投資がおすすめの理由と厳選4社の機能やサービスを徹底比較

2019年7月に行われた楽天インサイト調べによると、仮想通貨投資を始める投資家のうち「およそ3人に1人(30.8%)が投資未経験」ということが明らかになっています。投資経験がない方にとって、価格変動の激しい仮想通貨市場でトレードで短期的に利益を上げるのは簡単ではありません。相場を分析して、エントリーおよび利確ポイントを判断するのは至難の業です。

仮想通貨投資に興味がある投資未経験者の方には長期投資がおすすめです。長期投資は価格変動に翻弄されずに安定的に投資できる利点があります。仮想通貨を購入するには仮想通貨取引所に登録する必要がありますが、どの取引所に登録するべきか悩む方も多いと思います。ここでは長期投資におすすめの仮想通貨取引所4社についてご紹介します。

目次

  1. 仮想通貨の長期投資は計画的に
  2. 仮想通貨に簡単に投資できる「販売所」
  3. 長期投資におすすめの仮想通貨取引所4社
    3-1. 自動積立投資ができるCoincheck
    3-2. ビットコイン獲得方法が豊富なbitFlyer
    3-3. 楽天スーパーポイントで投資できる楽天ウォレット
    3-4. LINEアプリから仮想通貨購入ができるBITMAX
  4. 仮想通貨取引所4社の取扱通貨とサービスを徹底比較!
  5. まとめ

①仮想通貨の長期投資は計画的に

仮想通貨投資に興味があっても、激しい値動きに翻弄されて一体いつ資金を投じればよいか判断できない方は多くいらっしゃると思います。そんな方におすすめの投資法が「ドルコスト平均法」です。ドルコスト平均法は、定期的な間隔で一定金額を投資することにより、市場のボラティリティの影響を低減することを目的とした投資手法です。

この方法は、資産価格の高騰時は取得数量が少なくなりますが、下落時には多くの数量を買い付けるため、結果的に買付単価が平準化します。価格変動が激しい仮想通貨においても、相場の急変動に左右されずに長期的な資産形成に役立てることができます。

②仮想通貨に簡単に投資できる「販売所」


仮想通貨取引所が提供している「販売所」サービスは「買値」と「売値」だけが表示された「2Wayプライス」となっており、操作が簡単でわかりやすく、初心者でも注文ミスをする可能性が低くなっています。販売所方式では、運営会社が保有する仮想通貨を利用者と取引しています。そのため、数量に関係なく提示されている価格ですぐに購入(売却)できるメリットがあります。

販売所方式では、購入価格と売却価格の差(スプレッド)が実質的な手数量の役割を果たしています。そのため、取引所と比べて購入価格が高く、売却価格は低くなる場合があります。販売所を選ぶ場合には、スプレッドの小さいところを探すことも重要となります。

③長期投資におすすめの仮想通貨取引所4社

3-1. 自動積立投資ができる Coincheck

Coincheck
Coincheckはマネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営している仮想通貨取引所です。Coincheckの販売所は12種類の仮想通貨を取り扱っています。

同社はドルコスト平均法で自動的に投資できる「Coincheckつみたて」を提供しています。Coincheckつみたては、毎月一定額を自動に積み立てて安定的に仮想通貨投資できます。1万円から10万円まで1000円単位で利用でき、銀行口座を指定しておくことで入金から購入まで全て自動で手数料無料で行います。2020年4月時点、ビットコインのつみたてに対応しており、今後他の通貨も順次対応予定です。

Coincheckはまた、仮想通貨を貸し出して最大年利5%を獲得できる「貸仮想通貨」サービスを提供しています。取り扱い仮想通貨全てに対応しており、14日間・30日間・90日間・365日間の貸し出し期間から、空き枠ができ次第募集があります。長期投資をする場合、検討の価値があるので抑えておきましょう。

3-2. ビットコイン獲得方法が豊富なbitFlyer

bitFlyer
株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所bitFlyerは、国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタル(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル等)から出資を受けています。bitFlyerの販売所は8種類(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン)の仮想通貨を取り扱っています。

bitFlyerは、キャッシュバックやTポイントを使ってビットコインを獲得できるため、継続的にコツコツ投資するのに適しています。「ビットコインをもらう」は、bitFlyerを経由してネットショッピングや旅行予約、ふるさと納税をすることで、商品・サービス毎に取引金額の一定割引のビットコインが付与されるサービスです。またTポイント・ジャパンとの提携により、Tポイント100ポイント毎に85円相当のビットコインと交換できます。このように、bitFlyerでは普段の生活で貯めたポイントを気軽にビットコイン投資に当てることができます。

3-3. 楽天スーパーポイントで投資できる楽天ウォレット

仮想通貨取引所・販売所の楽天ウォレット
楽天ウォレットは、楽天グループの連結子会社である楽天ウォレット株式会社が運営する仮想通貨取引所です。楽天グループの各種サービスと連携しており、ユーザーから預託した資産(顧客資産)は楽天グループの楽天信託が提供する信託口座で管理しています。楽天ウォレットの販売所は3種類(ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ)の仮想通貨を取り扱っています。

楽天ウォレットでは、楽天市場や楽天カードで獲得した楽天スーパーポイントを仮想通貨に交換する「ポイント交換」サービスを提供しています。スマホアプリからポイントを交換することが可能で、楽天ウォレットが扱っている仮想通貨3種類、全てに対応しています。最低100ポイントから、1ポイント=1円相当として、仮想通貨への交換が可能です。毎月気軽にポイントを交換しながら、仮想通貨投資に取り組めます。楽天ウォレットではビットコインを最低100円からコツコツ購入できます。

3-4. LINEアプリから仮想通貨購入ができるBITMAX

BITMAX
BITMAXは、LINE株式会社のグループ会社であるLVC株式会社が運営するスマホ専用の仮想通貨取引所です。BITMAXはLINEアプリ内のLINEウォレットからアクセスでき、LINE Payと連携して110円で入金できます。BITMAXでは5種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン)を売買できます。

BITMAXはLINEアプリの「LINEウォレット」からアクセスでき、LINE Payと連携した入出金ができるアクセスの利便性が最大の特徴です。さらに、「LINE Pay」で既に本人確認が済んでいるユーザーであればBITMAXでの本人確認手続きを短縮でき、LINE Payから日本円を入金することもできるので便利です。BITMAXの仮想通貨取引はPCが不要であり、スマホだけで手軽に投資を開始してみたいという方におすすめのサービスです。

④仮想通貨に長期投資がおすすめの理由と厳選4社

Coincheck bitFlyer 楽天ウォレット BITMAX
販売所 12種類 8種類 3種類 5種類
最小注文数 500円分 0.00000001 BTC 100円相当 500円相当
特徴 つみたて・
貸仮想通貨
ビットコインをもらう・
Tポイントプログラム
楽天スーパーポイント LINE Payとの連携
日本円出金手数料 407円 ・三井住友銀行宛:3万円未満216円、3万円以上440円
・その他の銀行宛:3万円未満540円、3万円以上770円
300円 ・110円(税込) ※LINE Payウォレットへの入金
・400円(税込) ※銀行口座からの入金

※2020年4月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトをご覧ください。

⑤まとめ

仮想通貨をこれから初めるという人の中には、いざとなると取引所への日本円の入金に躊躇する方も多いと思います。その点でbitFlyerや楽天ウォレットは現金を入金しなくてもポイントを使ってビットコインに交換できるサービスが便利です。日常生活のショッピングで貯めたポイントを使って少額ずつビットコインに投資しやすくなっています。

BITMAXはLINEのアプリ内からアクセスできるのが最大の強みです。LINE Payから日本円を入金できるので、スマホで気軽に仮想通貨投資を初めてみたい人には、心理的な負担が少なく、利用しやすい取引所と言えます。

長期投資を本格的に始めたいと考えている方は、相場に左右されずに定期的に投資できるドルコスト平均法を検討してみましょう。その場合、毎月自動で定額投資を処理してくれる「Coincheckつみたて」は便利な選択肢です。ある程度資産がたまった段階で「貸仮想通貨」を利用して、金利を稼ぐ方法もおすすめです。

同じ仮想通貨取引所であっても、企業によって取り扱い通貨やユーザビリティが異なります。独特のサービスもあるため、自分の目的に合った取引所を選んでみましょう。仮想通貨取引所の口座開設は無料でできますので、複数口座開設をして用途に応じて使い分けるのも良いでしょう。この機会に各社サービスがどのようなものか、実際に確認してみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。