取引手数料が抑えられるおすすめの暗号資産取引所はどこ?トレードするなら手数料をチェック!

暗号資産(暗号資産)を取引する際に注意したいのが取引手数料です。暗号資産取引所には、2wayプライス方式の「販売所」と、板を利用する「取引所」があります。コストを抑えたいなら「取引所」を選ぶのが基本ですが、取引手数料は取引所によって設定が異なります。

板取引は投資初心者にはハードルが高いというイメージがあるかもしれませんが、初心者にも分かりやすいようシンプルに設計されています。ここでは、取引手数料が安いおすすめの暗号資産取引所をご紹介します。

目次

  1. 簡単に暗号資産を売買できる!販売所方式とは
  2. 「板」取引で投資家と取引する取引所方式
  3. 販売所方式と取引所形式の手数料の違い
  4. 暗号資産取引所の取引手数料をチェック
    4-1. 指値注文の手数料がお得なGMOコイン
    4-2. ビットコインの取引手数料が無料のCoincheck
    4-3. 金融業界大手のSBIグループが運営する暗号資産取引所SBI VCトレード
    4-4. ビットコイン取引量国内No.1を誇る取引所bitFlyer
  5. まとめ

①簡単に暗号資産を売買できる!販売所方式とは

bitFlyer 販売所
販売所の注文画面は「買値」と「売値」だけがシンプルに表示された「2Wayプライス」となっているため、簡単かつ便利に暗号資産の売買ができます。販売所方式では、投資家は暗号資産取引所から暗号資産を購入(売却)します。

この方式のメリットは、提示されている価格で取引所からすぐに購入(売却)できることです。取引チャンスを逃すリスクが低いという点も、初心者向きの取引方法と言える理由です。

②「板」取引で投資家と取引する取引所方式

「取引所方式」では、指定した価格で購入する指値注文などさまざまな注文方式で暗号資産の購入ができます。購入者は売却注文を出している投資家から暗号資産を購入し、取引所は購入者と売却者を仲介する「板」取引の場を提供します。取引所で表示される板情報は、現在の資産価格と投資家の指値注文をリアルタイムに反映します。

この方式のメリットは、販売所と比較して取引所に対して支払う手数料を削減できることにあります。しかし、反対注文(自分が「買い」ポジションの場合に、反対のポジションとなる「売り」のこと)を出す投資家がいなければ暗号資産を取引することはできませんし、必ずしも自分が購入したい数の暗号資産を購入できる訳ではないというデメリットもあります。

③販売所方式と取引所形式の手数料の違い

販売所方式では、購入価格と売却価格の差(スプレッド)が、実質的な手数量の役割を果たしています。そのため、取引所と比べて購入価格が高く、売却価格は低くなる傾向があります。販売所を選ぶ場合には、スプレッドの小さいところを探すことも重要となります。

取引所方式の手数料は、約定数量の0.2%であったり、企業によっては「無料」に設定されていたりします。トレードを積極的に行って資産を増やしたいと考えている方は、取引所方式を利用すると良いでしょう。

④暗号資産取引所の取引手数料をチェック

1. 指値注文の手数料がお得なGMOコイン

bitFlyer
GMOコインは、東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する暗号資産取引所です。GMOインターネットはグループ会社にGMOクリック証券などの金融サービスの提供実績をもっており、GMOコインにおいても金融ノウハウを活かした運営が行われていることが特徴です。GMOコインでは法定通貨の出金、暗号資産の入出金の手数料が無料に設定されています。

GMOコインは「販売所」と「取引所」、「暗号資産FX」の3つの取引サービスを提供しています。販売所と暗号資産FXでは9種類の暗号資産を売買でき、取引所は5種類の銘柄で現物取引とレバレッジ取引を利用できます。取引所のメイカー(指値注文)でマイナス手数料を採用しているため、頻繁に取引を行う方にとって特にメリットがあります。(レバレッジ取引のマイナス手数料はBTC/JPYのみとなっています)。

またGMOコインは2種類のスマホアプリを利用できます。「GMOコイン 暗号資産ウォレット」は、暗号資産の「販売所」、「取引所(現物・レバレッジ取引)」、日本円入出金、暗号資産の預入・送付、口座情報の確認・更新などを利用できます。初心者から上級者まで幅広く利用されています。

取扱銘柄(取引所) BTC/JPY、ETH/JPY、BCH/JPY、XRP/JPY、LTC/JPY
取引手数料 ・取引所(現物)
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
・取引所(レバレッジ)
Maker:-0.035%
Taker:0.040%
取扱銘柄(販売所) ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネム、ステラルーメン、BAT、OMG
取引手数料(販売所) スプレッド(実質的に数% の手数料を含んだ購入・売却価格が提示されている)
最小注文数量(現物取引) 0.0001 BTC

2. ビットコインの取引手数料が無料のCoincheck

Coincheck
Coincheckはマネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営している暗号資産取引所です。Coincheckは直感的に使いやすいインターフェイスが特徴で、初心者でも取引サービスにスムーズにアクセスして暗号資産を購入できるよう設計されています。特に、初心者でも理解しやすい同社アプリは、国内で多くの暗号資産投資家を惹きつけた要因の一つと言われています。

Coincheckは「取引所」と「販売所」で暗号資産の売買サービスを提供しており、特に取引所ではビットコインを手数料無料で売買できます。また、販売所では14種類の暗号資産を取り扱っており、国内の暗号資産取引所の中で最多となっています。

Coincheckのアプリは、取引サービスへのアクセスはもちろん、ユーザー間でコミュニケーションが取れるチャットサービスをいち早く提供しました。こうした取り組みもあって、Coincheckのアプリは2020年上半期にアプリの累計ダウンロード数は295万を突破しました。(App Annie調べ)。

取扱銘柄(取引所) BTC/JPY、FCT/JPY
取引手数料(取引所) 無料
取扱銘柄(販売所) ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン、ネム、ファクトム、ステラルーメン、クァンタム、IOST
取引手数料(販売所) スプレッド(実質的に数% の手数料を含んだ購入・売却価格が提示されている)
最小注文数量(取引所・販売所) 500円相当

3. 金融業界大手のSBIグループが運営する暗号資産取引所SBI VC トレード

VCTRADE
SBI VCトレードはSBIグループのSBI VCトレード株式会社が運営する暗号資産取引所です。SBIグループは顧客中心主義とインターネット革命を標榜、デジタルアセット取引のグローバルスタンダードを目指しています。グループ会社である住信SBIネット銀行との連携やセキュリティ体制など、金融機関をバックグラウンドにもつサービスが提供されています。電話対応のカスタマーセンターは年末年始を除く平日9:00~17:00まで対応しています。

SBI VC トレードの取引所サービス「VCTRADE Pro」では、証券取引のようにオーダーブックによる取引が可能です。ビットコイン(BTC/JPY)、イーサリアム(ETH/JPY)、XRP(XRP/JPY)の3つの銘柄を取り扱っています。マーケットメイカー(MM)が常時流動性を供給している上に取引手数料が無料であり、トレーダーにとって便利なサービスとなっています。

VCTRADE Proはまた、チャートや板情報、発注ボードなどの画面構成は自由に配置できるなど、トレーディング向けの機能を搭載しています。約定処理能力の高いNASDAQマッチングエンジンを採用しており、値動きが激しい場面でも発注を逃さないスムーズな取引サービスを提供しています。

スマホアプリ「VCTRADE SP(iOS、Android)」では、販売所、取引所の両サービスが利用できます。「注文方法といった詳しいことまではわからないけど暗号資産に投資をしてみたい」という投資初心者から、「手数料を考慮してしっかりと利益を追求したい」と考えるトレーディング目的の投資家まで、幅広いニーズに応えるサービスとなっています。

取扱銘柄(取引所) BTC/JPY, ETH/JPY, XRP/JPY
取引手数料(取引所) 無料
取扱銘柄(販売所) ビットコイン、イーサリアム、XRP
取引手数料(販売所) スプレッド(実質的に数% の手数料を含んだ購入・売却価格が提示されている)
最小注文数量(取引所・販売所) 500円相当

4. ビットコイン取引量国内No.1を誇る取引所bitFlyer

bitFlyer
株式会社bitFlyerが運営する暗号資産取引所bitFlyerは、国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタル(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル等)から出資を受けています。2014年の創設以来1度もハッキング被害に遭っておらず、高いセキュリティ水準を誇ります。現物・差金決済・先物取引を含むbitFlyerのビットコイン取引量は国内No.1です(2019年総月間出来高、Bitcoin日本語情報サイト調べ)。

bitFlyerは初心者にとって利用しやすい「販売所」「簡単取引所」と取引専門ツール「bitFlyer Lightning」で、現物のビットコインやイーサリアムを売買できます。また、ビットコイン建てで2つのアルトコインを購入できます。取引手数料は無料でもマイナスでもありませんが、多くのユーザーが取引しているので注文が約定しやすい傾向があると言えます。

取扱銘柄(bitFlyer Lightning現物) BTC/JPY、ETH/JPY、ETH/BTC、BCH/BTC
取引手数料(取引所) 簡単取引所・bitFlyer Lightning:0.01 ~0.15%(単位: BTC)
販売所:スプレッド
取扱銘柄(販売所) ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン、BAT
取引手数料(販売所) スプレッド(実質的に数% の手数料を含んだ購入・売却価格が提示されている)
最小注文数量 簡単取引所・Lightning 現物(BTC/JPY): 0.001 BTC
販売所: 0.00000001 BTC

⑤まとめ

取引所といっても各社手数料が異なるので、暗号資産取引を始める際は注意が必要です。今回ピックアップした取引所の中で、GMOコインだけが取引所の現物/レバレッジ取引で、メイカー取引(指値注文)のマイナス手数料を導入しています。トレーダーにはおすすめの取引所です。一方、CoincheckやSBI VC トレードはシンプルに手数料が無料なので初心者にも分かりやすくなっています。ある程度まとまった資金でビットコインを頻繁に売買する方は、流動性が高いbitFlyerが良いでしょう。

暗号資産取引所によって取扱銘柄のラインナップも異なります。特にアルトコインの板取引となれば今回ご紹介した中ではGMOコインが最も充実しています。お目当ての暗号資産を提供しているかどうか、事前にチェックしておきましょう。暗号資産取引所では急なメンテナンスや売買制限等で取引が行えない事もありますので、複数口座を開いて資産を分散させておくことで対処しやすい利点もあります。暗号資産取引所の口座開設は無料でできますので、これを機にぜひ確認してみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。