初心者でもできる3つのビットコイン投資戦略【知っておきたいコツコツ投資法】

インフレ懸念が高まる中で、資産運用においてポートフォリオに仮想通貨を取り入れたいと検討する人も増えています。しかし、仮想通貨は値動きの幅が大きいため、短期的な変動が気になってなかなかスタートしにくいと感じている方も多いでしょう。

仮想通貨をこれから投資ポートフォリオに組み込もうと検討している方は、長期的な目線で投資計画を立ててみてはいかがでしょうか。日本の仮想通貨取引所では長期投資に便利なサービスを設けています。ここでは、初心者でもできるビットコイン投資戦略について解説します。

目次

  1. 初心者でもできるビットコイン投資戦略
    1-1.ドルコスト平均法による積立投資
    1-2.仮想通貨を貸して増やす(レンディング)
    1-3.ポイント投資
  2. 初心者におすすめの仮想通貨投資取引所
    2-1.積立投資、貸仮想通貨が利用できるコインチェック
    2-2.1円からの積立可能!ポイント投資も備えるビットフライヤー
    2-3.LINEアプリからアクセスできるLINE BITMAX
    2-4.楽天ポイントを仮想通貨に交換できる楽天ウォレット
  3. まとめ

①初心者でもできるビットコイン投資戦略

1-1.ドルコスト平均法による積立投資

ドルコスト平均法は特定の投資対象(銘柄)について一定の購入タイミングで一定の金額分を購入していく投資法です。例えば、毎月の1万円分のビットコインを継続して購入すると決めて、相場変動は気にせず常に一定額で買い続けていきます。少額で投資を始めつつ、損失リスクを抑えられることから投資初心者に向いた投資法とも言われています。特にビットコインは価格変動が激しいので、価格に振り回されずに、少額を実直に投資してくことができます。

1-2.仮想通貨を貸して増やす(レンディング)

レンディング(貸仮想通貨)とは、投資家が保有している仮想通貨を仮想通貨取引所に貸し出し、期間と貸付数量に応じた利息分を仮想通貨で得られるサービスです。長期的な値上がりを期待して仮想通貨を保有し続けるつもりの投資家にとって、着実に仮想通貨を増やせる魅力的な運用方法の一つです。満期に利息分が元本に上乗せされて戻ってくるレンディングは、手間をかけずに仮想通貨で利子をもらえるメリットがあります。トレードをせずに仮想通貨を運用したいと考える人におすすめです。ただ応募がないと取引所へ貸し出すことができないので、複数社に登録しておき、タイミングがあれば貸し出すのが良いでしょう。

1-3. ポイント投資

ポイント投資は、その名の通り共通ポイントを使って投資をすることです。Tポイントやショッピングサイトのキャッシュバック報酬などを使って投資することで、現金を使うことなく気軽な感覚で投資ができます。今まで投資に対して高いハードルを感じていた人、または、やろうと思ってもなかなか投資に踏み切れなかった人にとって、心理的なハードルを下げてくれる投資手段です。ビットフライヤーではTポイント、楽天ウォレットでは楽天スーパーポイントをビットコインや他の仮想通貨に交換することができます。

②初心者におすすめの仮想通貨投資取引所

2-1. 積立投資、貸仮想通貨が利用できるコインチェック

Coincheck
コインチェックはマネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営している仮想通貨取引所です。コインチェックは直感的に使いやすいインターフェイスが特徴で、初心者でも取引サービスにスムーズにアクセスして仮想通貨を購入できるよう設計されています。特に同社アプリは国内で多くの仮想通貨投資家を惹きつけた要因の一つと言われており、累計ダウンロード数は440万件を突破しています(2021年11月時点)。

コインチェックの「Coincheckつみたて」は仮想通貨を毎月一定額を積立てるサービスです。手数料無料で銀行口座から自動的に引き落とされ、購入まで全て自動で処理されます。積立プランは「月イチつみたてプラン」と「毎日つみたてプラン」の2種類があります。月イチつみたてプランは、毎月27日の入金日から約10日後に一括で買付けます。

一方、毎日つみたてプランは当月の日数で割った金額分を毎日自動で買付けます。例えば、月に1万円の積立を行うと決めた場合は1日333円を積立ることになります。月に1回の買付けに比べて毎日つみたてプランの方が相場変動を受けにくく、より買付単価を平準化できます。

積立金額は1銘柄1回につき最低1万円~最大100万円までの範囲で、1,000円単位で金額を設定できます。月毎に申込締切日、引落日、買付日はスケジュールで決まっています。積立分はいつでも取引口座や貸暗号資産アカウントへ振替て運用することも可能です。

2-2.1円からの積立可能!ポイント投資も備えるビットフライヤー


bitFlyer(ビットフライヤー)は、株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタル(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル等)から出資を受けており、ビットコイン取引量は6年連続国内No. 1を獲得しています。※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

ビットフライヤーの「かんたん積立」は金額・頻度を細かく設定できるようになっています。1回あたり1円から100万円までの範囲で積立金額を設定でき、積立頻度は「毎日 1 回」、「毎週 1 回」、「毎月 2 回(1 日と 15 日)」、「毎月 1 回」の4パターンから選択できるので、自分のタイミングに合わせやすくなっています。ビットフライヤーは口座内の残高から自動購入されるので、予め日本円入金が必要です。残高が不足していた場合は積立が行われません。1円から積立ができるので、まとめて資金を口座に入金しておくことで、振り込み手数料を抑えることも可能です。

またビットフライヤーでは「Tポイントをビットコインに交換」するサービスがあります。Tポイントを100ポイントから100pt=85円相当のビットコインに交換できます。Tポイントの交換はビットフライヤーのスマホアプリ「bitFlyerウォレット」から行うことができます。またHISやビックカメラなど対象加盟店舗で500円以上のビットコイン決済をすると500円毎に1ポイントのTポイントをもらうことができます。

2-3. LINEアプリからアクセスできるLINE BITMAX

BITMAX
LINE BITMAXは、LINE株式会社のグループ会社であるLINE Xenesis株式会社が運営する仮想通貨取引所です。LINEアプリからアクセスでき、スマホだけで口座開設や仮想通貨取引を利用できます。LINEの使い慣れたインターフェースのまま仮想通貨取引ができるため、仮想通貨投資が未経験という方、初心者の方でも気軽に利用しやすいでしょう。

またLINE BITMAXはLINE Payとの連携で、LINE Payですでに本人確認が済んでいるユーザーであれば、LINE BITMAXでの本人確認手続きを短縮できます。スピーディな日本円の入出金が可能であり、販売所では1,000円未満の少額から売買できます。

LINE BITMAXでもレンディングサービスを提供しており、ビットコインの最低貸出数量0.01BTCで、30日貸し出しで年率3%となっています。貸出申請の受付再開時に事前の通知を受けるよう設定ができるので、タイミングを逃しにくくなっています。マーケット連動の変動期間型なら1日から貸し出しができ、いつでも返還申請が可能です。連動型プランは年率1.5%となっています。

2-4. 楽天ポイントを仮想通貨に交換できる楽天ウォレット

仮想通貨取引所・販売所の楽天ウォレット
楽天ウォレットは、楽天グループの連結子会社である楽天ウォレット株式会社が運営する仮想通貨取引所です。楽天ウォレットの取引サービスはスマートフォンアプリでの利用に特化しており、「楽天ウォレット」では販売所で3種類の仮想通貨の現物取引が可能です。また、証拠金取引専用のアプリ「RakutenWallet Pro」では5種類の仮想通貨を2倍のレバレッジをかけて取引できます。

金融サービスも提供する楽天グループ各社との連携を活かし、仮想通貨を電子マネーにチャージできる機能や、楽天スーパーポイントを仮想通貨に交換できるサービスを提供しています。楽天銀行口座を持っている方ならスマホアプリから手数料無料で日本円をスムーズに送金できるので、自分のペースで仮想通貨をコツコツ積立したい方にも便利なサービスです。

また、楽天ウォレットでは楽天スーパーポイントを3種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ)に交換できます。最低100ポイント(1ポイント=1円相当)から利用でき、その時の相場により交換レートが決定します。さらには楽天ウォレットの現物取引の口座から、手数料無料でビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュを「楽天キャッシュ」にチャージすることもできます。

③まとめ

ビットコインはハイリスクな投資と言われ、投機と言われてきました。しかし、ETFの承認をはじめビットコインが普及するにつれて、伝統的な機関投資家がポートフォリオに組み込むケースも増えてきています。分散投資の面でも、投資ポートフォリオの1割程でビットコインを保有しておくのも良いでしょう。

仮想通貨取引所はそれぞれユーザビリティも異なり、独自サービスも提供されているので、自分の好みに合った取引所で仮想通貨投資をしてみるのがおすすめです。仮想通貨取引所の口座開設は無料でできますので、複数の口座開設をして用途に応じて使い分けると良いでしょう。この機会に各社の取引サービスがどのようなものか、実際に確認してみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。