【ビットコイン初心者向け】今日から始められる3つの暗号資産投資法をご紹介

ビットコインに興味はあっても、投資自体が初めての投資家はどうすれば良いのかわからなかったり、始めるにしても「もう遅いかもしれない」といった悩みを抱えている方も多いかと思います。暗号資産取引所の中には、買い物などで貯まったポイントを使って投資ができる「ポイント投資」や、積立投資を提供する企業も出てきており、これまで及び腰だった人にとってもビットコイン投資は始めやすくなってきています。

ここでは、投資初心者が少しずつ始められるビットコイン投資方法についてご紹介します。これから暗号資産に投資したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 投資初心者が取り組みやすいビットコイン投資法
    1-1. ドルコスト平均法による積立投資
    1-2. ポイント投資でビットコインを取得する
    1-3. ビットコインを貸し出して利息を得る(レンディング)
  2. 投資初心者におすすめの暗号資産取引所
    2-1. 自動積立やレンディングなどサービスが豊富なコインチェック
    2-2. ポイントを使ってビットコインが入手できるbitFlyer
    2-3. 貸暗号資産の自動更新が可能!GMOコイン
    2-4. 楽天スーパーポイントを暗号資産に交換できる楽天ウォレット
  3. まとめ

①投資初心者が取り組みやすいビットコイン投資法

1-1. ドルコスト平均法による積立投資

ドルコスト平均法は、特定の資産について一定の購入タイミングで一定の金額分を購入していく投資法です。例えば、ビットコインを毎月1万円分、継続して購入し続けるといったものです。少額で投資を始められ、買い付け時期を分散させ損失リスクを抑えられることから、長期的な投資をする際の一般的な手法です。

ドルコスト平均法は、相場の変動にかかわらず常に一定の金額で購入するため、相場が高い時は少量、逆に相場が安い時はより多く購入することになります。長期的な投資のトータルでみると平均購入単価を下げる効果が期待できます。

1-2. ポイント投資でビットコインを取得する

暗号資産取引所の中には、気軽に暗号資産を取得できるサービスを用意しています。例えば、bitFlyerの「Tポイントプログラム」というサービスは、Tポイントを最低100ポイントからビットコインに交換することができます。楽天ウォレットでは貯まった楽天スーパーポイントを暗号資産と交換できる機能があります。各社のサービスを上手く利用することで、日本円を使わなくてもビットコインなどの暗号資産を取得することができます。

1-3. ビットコインを貸し出して利息を得る(レンディング)

レンディングとは、投資家が保有している暗号資産を暗号資産取引所に貸し出し、期間と貸付数量に応じた利息分を暗号資産で得られるサービスです。長期的な値上がりを期待して暗号資産を保有し続けるつもりの投資家にとって、着実に資産を増やせる魅力的な運用方法の一つです。

暗号資産の借り手は仲介者に金利を支払い、手持ち資金の数倍の金額を動かせる「信用取引」に利用しています。これが暗号資産レンディングの仕組みです。尚、暗号資産の貸出中に取引所が破綻した場合は、その暗号資産は返還されないリスクがあります。またサービスの利用には暗号資産取引所による審査や借入枠の制限などがあるので、利用する前は規約などを確認しておきましょう。

②投資初心者におすすめの暗号資産取引所

2-1. 自動積立やレンディングなどサービスが豊富なコインチェック

Coincheck
コインチェックは暗号資産の売買以外の独自サービスを他社よりも豊富に提供しています。「貸暗号資産サービス」は、14日間・30日間・90日間・180日・365日間の4種類から貸出期間を選択し、数量に応じて最大年率5%分の暗号資産を獲得できます。最低10万円(相当)から利用できます。コインチェックでは14種類の暗号資産がレンディングに対応しており、貸出は借入可能枠ができ次第、ユーザーの貸出申請順に承認するかたちを取っています。

「Coincheckでんき」のプランは「ビットコイン付与プラン」と「ビットコイン決済プラン」の2つがあります。付与のプランは毎月の電気料金の1~7%がビットコインとして貯まります。決済プランは、電気代をビットコインで決済することが可能です。ビットコインで支払うことで通常の電気代よりも1〜7%割引されます。

「Coincheckつみたて」サービスは、毎月最低1万円から自動積立を行うことができるサービスです。また新たに「毎日つみたてプラン」を提供し、より細かなスケジュールで自動的に積み立てることができるようになりました。銀行口座を指定し、Coincheckのアカウントと連動させることで、定めた日に積立されるようになります。現在、積立可能な通貨は「BTC」「ETH」「ETC」「LSK」「XRP」「LTC」「BCH」「XLM」「XEM」「QTUM」「BAT」「IOST」の12種類となっており、この通貨数の豊富さはCoincheckの大きな特長の一つとなっています。

2-2. ポイントを使ってビットコインが入手できるbitFlyer


bitFlyerは「ブロックチェーンで世界を簡単に」というミッションを掲げており、多くの人にビットコインを最初に体験してもらうためのサービスを開発しています。「Tポイントプログラム」と「ビットコインをもらう」は、その代表例と言えます。

bitFlyerのTポイントプログラムでは、bitFlyerのスマホアプリから「Tポイントをビットコインに交換」から利用手続きを行うことで、ビットコインを購入できます。交換レートはTポイント100ポイントにつき、85円相当のビットコインとなっています。bitFlyerに口座開設している方なら誰でも利用できるサービスです。

bitFlyerの「ビットコインをもらう」は、好みの広告をクリックしてネットショッピングや旅行予約、資料請求やサービスの購読をする事で報酬としてビットコインがもらえるサービスです。その中には「ビットコインをもらう」の広告ラインナップの一角に「ふるさと納税」もあります。bitFlyerにログインをして、サイドバーから「ビットコインをもらう」にアクセスします。広告が掲載されているのでクリックして、各サイトで商品を購入し、ビットコインを獲得することになります。必ずそれぞれの広告の注意事項を確認しましょう。

2-3. 貸暗号資産の自動更新が可能!GMOコイン

bitFlyer
東証一部上場企業GMOグループが運営している暗号資産取引所GMOコインの「貸暗号資産サービス」はビットコインなら0.1BTCから利用でき、貸出期間に応じて最大年率3%の暗号資産を獲得できます。GMOコインでは9種類の暗号資産レンディングに対応しており、通貨によってそれぞれ貸出上限を設けています。

例えばビットコインの場合、貸出可能額は0.1BTC/回~100 BTC/回です。GMOコインの場合、償還時に同じ条件で再度、貸出できる点も魅力的です。再貸出申請が取消されない限り、同条件で以降も自動更新されます。

2-4. 楽天スーパーポイントを暗号資産に交換できる楽天ウォレット

仮想通貨取引所・販売所の楽天ウォレット
楽天ウォレットは、楽天グループの連結子会社である楽天ウォレット株式会社が運営する暗号資産取引所です。当社はアプリからのみの操作になります。楽天グループの各種サービスと連携しており、楽天銀行口座を利用してスマホアプリから手数料無料で日本円をスムーズに送金できるのが特徴です。自分のペースで暗号資産を積立したい方にもおすすめです。

楽天ウォレットでは、楽天市場や楽天カードで獲得した楽天スーパーポイントを暗号資産に交換する「ポイント交換」サービスを提供しています。スマホアプリから簡単にポイントを交換することが可能で、楽天ウォレットが扱っている3種類の暗号資産(ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ )、全てに対応しています。最低100ポイントから、1ポイント=1円相当の暗号資産に交換が可能です。基本的にスマホアプリからの操作になるので、初心者にも使いやすくなっています。

③まとめ

ご紹介した便利なサービスを利用することで、まとまった資金がなくてもビットコイン投資を始めることができます。ポイント投資を駆使すれば、日本円の元手がゼロでもスタートできるのでおすすめです。

「暗号資産投資は今から始めても遅い」と考えてしまう方もいるかもしれませんが、ビットコインはわずか10年であり、ようやく新興資産クラスとしてみとめられてきたばかりです。2020年に入って、著名な投資家や企業が投資を始めている状況です。しかし、本格的な規制や顧客保護の仕組みも発展途上の段階であるため、ある程度のリスクを含むこととなります。ビットコインは高騰することもあれば、急落することもあります。あくまでも中期的な目線で、ドルコスト平均法で継続的に投資するようにしましょう。

初心者が暗号資産投資を始める場合、できるだけリスクを小さくして始めるのがおすすめです。ここで紹介したようにポイントでビットコインを交換したり、付与されるサービスを利用してみるところから始めてもいいでしょう。暗号資産取引所は無料で口座開設ができるので、先ずは気になるところから登録をしてサービスをチェックしてみてください。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。