ビットバンク(bitbank)のメリットとデメリット、他社との補完関係【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

今回は、国内暗号資産取引所であるbitbankについて、大手暗号資産取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では暗号資産コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。

目次

  1. bitbankの概要
    1-1. bitbankについて
    1-2. 仮想通貨取引所としての基本的なスペック
  2. bitbankを利用するメリット
    2-1. スプレッドの狭さが魅力の取引所
    2-2. アルトコインの種類が豊富で流動性が高い
    2-3. レンディングサービスの利用が可能
    2-4. 充実したマーケット情報
  3. bitbankのデメリットと補完方法
    3-1. 取扱いのない仮想通貨がある
    3-2. レバレッジ取引ができない
    3-3. ステーキング・積立サービスがない
  4. まとめ

仮想通貨取引所も取扱い銘柄や利用可能な取引形式などその違いは様々です。今回は、スプレッド手数料が比較的小さく(取引所形式)、日常的なトレーディングにも使いやすい仮想通貨取引所の1つであるbitbank(ビットバンク)のメリットとデメリット、そして補完方法について解説します。

①bitbankの概要

仮想通貨取引所・販売所のbitbank
まず、bitbankがどのような仮想通貨取引所であるかという点について解説します。

1-1. bitbankについて

bitbankは、ビットバンク株式会社によって2014年に設立された仮想通貨取引所です。金融庁から得た暗号資産交換業ライセンスは第4号であり、国内でも早期に参入している企業です。

仮想通貨とブロックチェーンの教育ビジネスである「ブロックチェーン大学校」を開校するなど、仮想通貨取引所だけではなく仮想通貨の普及に関しても積極的な展開をしています。また、2018年5月にはリップル(XRP)の出来高世界一を記録したほか、2021年2月にも出来高で国内No.1の実績を上げており(CoinMarketCap調べ)、流動性の高さにも定評のある仮想通貨取引所です。

1-2. 仮想通貨取引所としての基本的なスペック

続いてbitbankの仮想通貨取引所としての基本的なスペックについて解説します。

bitbankの仮想通貨取引所のサービス内容は主に3つー取引所、販売所、レンディングサービスーです。反対にbitbankで利用できないサービスとしては、レバレッジ取引・ステーキングサービス・仮想通貨積立となります。

取扱通貨は21年11月現在に11種類と、国内仮想通貨取引所の中でも比較的多くの仮想通貨の取り扱いがあります。

  • bitbank取扱い仮想通貨:
    ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCC)、ステラルーメン(XLM)、クアンタム(QTUM)、ベーシック・アテンション・トークン(BAT)、オー・エム・ジー(OMG)、シンボル(XYM)

それぞれの仮想通貨に対して日本円だけでなくビットコイン(BTC)建てで取引可能なため、トレード可能な市場は全部で21ペアあります。

②bitbankを利用するメリット

次にbitbankの初心者へのおすすめポイントを解説します。

2-1. スプレッドの狭さが魅力の取引所形式

bitbankの特徴の一つ、取引所形式のスプレッドについて解説します。

秒ごとに変化するため約束できるものではありませんが、手元で調査したところbitbankの取引所形式のスプレッドはビットコインで0.02%。他社の取引所を見るとCoincheck:0.03%、GMOコイン:0.05%である点と比べても、bitbankはスプレッドの低い取引所と言えるでしょう。

スプレッドの狭さは、スキャルピングやデイトレードなどをするトレーダーにとっては非常に重要な要素です。アクティブにトレードをしたい場合はbitbankをメインの取引所にする選択肢も考えられます。

2-2. アルトコインの種類が豊富で流動性が高い

bitbankはアルトコインの取扱いが10種類と、比較的ラインナップが豊富です。また、マイナーなアルトコインは十分な流動性を担保するのが難しいですが、bitbankは取引所の取引量が国内1位の実績があり(2021年2月14日CoinMarketCap調べ)、アルトコインの取引量も多い取引所であるため値動きの激しいアルトコイントレードも比較的安定して行えます。この点も、スキャルピングやデイトレードなどのアクティブなトレーダーにとって便利なポイントです。

2-3. レンディングサービスの利用が可能

ここまで見たところ、bitbankは短期トレードに比較的向いている仮想通貨取引所と言えますが、長期投資にも便利です。取扱いがある仮想通貨のすべてで最大年利3%のレンディングサービスも利用可能です。

貸出期間は1年間に固定されており、料率の面でも他の仮想通貨取引所の方が良い場合もあります。それでも3%の年利は銀行口座に比べて高い水準であり、他社では空き枠がなかなかない点も踏まえると、bitbankのレンディングサービスを選択する価値はあるでしょう。

2-4. 充実したマーケット情報

bitbankは「ブロックチェーン大学校」運営するなど日本における仮想通貨教育に力を入れていますが、取引所においても充実したマーケット情報の提供をしています。bitbankで入手できるマーケット情報は以下のようなものがあります。

1.市況・相場分析

1日に2本から3本更新されるビットコインの相場分析やリップルやクォンタムなどbitbankで取り扱いのある仮想通貨のマーケットアナリストによる分析で、テクニカル分析はもちろんファンダメンタルズ分析に関しても解説されています。

2.調査レポート

調査レポートはファンダメンタルズの大きな流れと仮想通貨市場に与える影響に関するレポートで、週に1本程度公開されています。

3.ニュース速報

ニュース速報は仮想通貨関連のニュースをリアルタイムで届けてくれる便利なコンテンツです。このニュースを一通り見ることで、仮想通貨業界で今何が起こっているのか把握することができます。

4.暗号資産の教科書

暗号資産の教科書は、仮想通貨初心者向けにブロックチェーン技術に関するトピックスや仮想通貨そのものに関する基本的なことが開設されたコラム集です。

特に1〜3までの情報に関しては、トレードにも直接役立つ有益な情報で、アクティブトレーダーに必要な情報だといえます。

③bitbankのデメリットと補完方法

最後にbitbankのデメリットとその補完方法について解説します。

3-1. 取扱いのない仮想通貨がある

bitbankはアルトコインの取扱数が10種類と、国内取引所の中でも比較的多いです。それでも他社にあってbitbankにはない仮想通貨は以下の様なものがあります。

bitbankで取扱いのない仮想通貨 取扱いのある仮想通貨取引所
ネム(XEM) Coincheck・GMOコイン
エンジンコイン(ENJ) Coincheck・GMOコイン
イーサリアムクラシック(ETC) Coincheck
リスク(LSK) Coincheck
パレットトークン(PLT) Coincheck
ファクトム(FCT) Coincheck
IOST(IOST) Coincheck
テゾス(XYZ) GMOコイン
ポルカドット(DOT) GMOコイン
コスモス(ATOM) GMOコイン

そのためbitbankで取り扱いのない仮想通貨をトレードをしたい場合はCoincheckかGMOコインを利用すると、日本で上場されているほぼすべての仮想通貨のトレードが可能となります。

【関連記事】Coincheck(コインチェック)の口コミ・評判・口座開設
【関連記事】GMOコインの口コミ・評判・口座開設

3-2. レバレッジ取引ができない

bitbankでは、レバレッジ取引ができませんが、現在日本の仮想通貨取引所でレバレッジ取引が可能な取引所が少なく、レバレッジが可能な取引所のうちお勧めの取引所はGMOコインとDMM Bitcoinの2つとなります。

【関連記事】DMM Bitcoinの口コミ・評判・口座開設

レバレッジ取引がしたい場合は、いずれかの取引所でレバレッジ取引のみをすると言う選択肢があります。

3-3. ステーキング・積立サービスがない

ステーキングサービスと積み立てサービスが利用できない点もbitbankのデメリットと言えるでしょう。ステーキングサービスや積立サービスに関しては、GMOコインとCoincheckを利用すると良いでしょう。GMOコインはテゾス(XTZ)、Coincheckはリスク(LSK)でステーキングが可能です。

④まとめ

仮想通貨取引所を選ぶ際には、メインのトレードスタイルと適合し、もっとも取引コストを低く抑えられる選択をすることと良いでしょう。

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12