取り扱い通貨が多いおすすめ仮想通貨取引所・販売所5選

仮想通貨はビットコイン以外にもさまざまなコインが存在しています。株式や投資信託のように、仮想通貨も取引所によって取り扱いをしている取引所と取り扱いをしていない取引所があるため、仮想通貨投資を始めるという方はまず投資対象となる仮想通貨が扱われている取引所を探す必要があります。イーサリアムやビットコインキャッシュのような有名なアルトコインであれば取り扱う取引所は多いのですが、XRP(リップル)やNEM(XEM)、Liskのようなアルトコインの場合には取り扱っていない取引所も出てきます。

仮想通貨取引では複数の仮想通貨を購入するため以外にも、ハッキングリスクやメンテナンス対策(取引所メンテナンス時には他取引所を利用する)を考えて複数の仮想通貨取引所で口座を開設しておくことが一般的です。そのため、仮想通貨投資を始めたいと考えている方は、自身が購入したいと考える仮想通貨を取り扱う仮想通貨取引所を2つから3つ開設しておくとよいでしょう。

ここではHEDGE GUIDE編集部がおすすめする取り扱い仮想通貨の数が多い仮想通貨取引所を5社ピックアップしています。取り扱い通貨は多いほど仮想通貨取引において利便性が高いので、ぜひ参考にしてみてください。

取り扱い通貨が多いおすすめ仮想通貨取引所・販売所5選

マネックスグループ傘下の企業が運営「Coincheck」

仮想通貨取引所・販売所のcoincheck(コインチェック)「Coincheck」は、マネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。Coincheckは、国内でも最多の仮想通貨を取り扱っており、NEM(XEM)やモナコイン、Lisk、Factom、XLMなど他取引所では取り扱いが少ない仮想通貨を購入することができます。また、販売所での取引やチャット、レンディングサービスなどをスマホアプリで利用できることも特徴です。Coincheckが提供するレンディングサービスは、国内で唯一アルトコインの貸出が可能なため、アルトコインを長期で保有する投資家であれば必見の取引所のひとつです。

Coincheckの取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
XRP(エックスアールピー)
ビットコインキャッシュ(BCH / BCC)
ライトコイン(LTC)
NEM(XEM)
イーサリアムクラシック(ETC)
Lisk(LSK)
Factom(FCT)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(Qtum)
Basic Attention Token(BAT)
IOST
現物取引 取引所 ○:ビットコイン、Factom
販売所 ○:ビットコイン、XRP、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、NEM、イーサリアムクラシック、Lisk、Factom、ライトコイン、モナコイン、ステラルーメン、クアンタム、BAT、IOST
証拠金取引(仮想通貨FX)

主要仮想通貨を網羅するGMOグループの取引所「GMOコイン」

仮想通貨取引所・販売所のGMOコイン

「GMOコイン」は東証一部に上場するGMOインターネットのグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。GMOコインでは、取引所形式および販売所形式の現物取引と証拠金取引の3種類の利用が可能です。取り扱い通貨は、すべての取引においてビットコイン(BTC/JPY)、イーサリアム(ETH/JPY)、エックスアールピー(XRP/JPY)、ビットコインキャッシュ(BCH/JPY)、ライトコイン(LTC/JPY)が取り扱われています。

GMOコインの取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH / BCC)
XRP(エックスアールピー)
ライトコイン(LTC)
ネム(XEM)
ステラルーメン(XLM)
Basic Attention Token(BAT)
現物取引 取引所 ○:ビットコイン、イーサリアム、XRP(エックスアールピー)、ビットコインキャッシュ、ライトコイン
販売所 ○:ビットコイン、イーサリアム、XRP(エックスアールピー)、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネム、ステラルーメン、BAT
証拠金取引(仮想通貨FX) レバレッジ4倍(ビットコイン、イーサリアム、XRP(エックスアールピー)、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネム、ステラルーメン、BAT)

国内最多のアルトコイン証拠金取引が可能な「DMM Bitcoin」

仮想通貨取引所・販売所のDMM Bitcoin

「DMM Bitcoin」は株式会社DMM.comのグループ会社である株式会社DMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所です。DMM Bitcoinでは、販売所形式の現物取引と証拠金取引の2種類の利用が可能で、それぞれで取り扱い通貨が違うため注意が必要です。販売所ではビットコイン、イーサリアム、XRPの3種類、証拠金取引ではビットコイン(BTC/JPY)、イーサリアム(ETH/JPY、ETH/BTC)、エックスアールピー(XRP/JPY、XRP/BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH/JPY、BCH/BTC)、ライトコイン(LTC/JPY、LTC/BTC)、NEM(XEM/JPY、XEM/BTC)、イーサリアムクラシック(ETC/JPY、ETC/BTC、ETC/ETH)、ステラルーメン(XLM/JPY)、モナコイン(MONA/JPY)、ベーシックアテンショントークン(BAT/JPY)、クアンタム(QTUM/JPY)が取り扱われています。

DMM Bitcoinの取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
XRP
ビットコインキャッシュ(BCH / BCC)
ライトコイン(LTC)
NEM(XEM)
イーサクラシック(ETC)
ステラルーメン(XLM)
モナコイン(MONA)
Basic Attention Token(BAT)
クアンタム(Qtum)
現物取引 取引所
販売所 ○:ビットコイン、イーサリアム、XRP
証拠金取引(仮想通貨FX) レバレッジ4倍(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、NEM、イーサクラシック、ステラルーメン、モナコイン)

日・米・ヨーロッパの3地域でサービスを提供する「bitFlyer」

仮想通貨取引所・販売所のbitFlyer(ビットフライヤー)「bitFlyer」は株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。bitFlyerは、国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタルから出資を受けており、現在では仮想通貨交換業を行うにあたってライセンスが取得となる米国、ヨーロッパでもサービス展開をしています。仮想通貨取引においては、現物取引以外に証拠金取引や先物取引といったサービスを提供しており、ハッキング被害に対して最大500万円の補償を受けることができることも特徴です。また、bitFlyerでは自社のオリジナルブロックチェーン「miyabi」の提供も行っており、ブロックチェーン企業として知られている企業です。

bitFlyerの取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
XRP
ビットコインキャッシュ(BCH / BCC)
ライトコイン(LTC)
Lisk(LSK)
イーサリアムクラシック(ETC)
モナコイン(MONA)
Basic Attention Token(BAT)
現物取引 取引所 bitFlyer Lightning:ビットコイン、イーサリアム
販売所 ○:ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、Lisk、XRP、BAT
証拠金取引(仮想通貨FX) Lightning FX:レバレッジ4倍(ビットコイン)

国内最多の通貨銘柄数で取引が可能な「Liquid」

仮想通貨取引所・販売所のLiquid

「Liquid by Quoine(Liquid)」はQUOINE株式会社が運営する仮想通貨取引所です。Liquidでは、取引所形式の現物取引と証拠金取引の2種類の利用が可能で、それぞれで取り扱い通貨が違うため注意が必要です。現物取引では日本円やビットコイン、イーサリアム、Liquid Coinをはじめとする11の通貨銘柄でビットコイン、XRP(エックスアールピー)、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、Liquid Coin(旧QASH)の取引、証拠金取引では日本円をはじめとする8つの通貨銘柄でビットコイン、XRP(エックスアールピー)、イーサリアムの取引が可能です。

Liquidの取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)
XRP(エックスアールピー)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH / BCC)
・Liquid Coin(旧QASH)
現物取引 取引所 ○:ビットコイン、イーサリアム、XRP(エックスアールピー)、ビットコインキャッシュ、Liquid Coin(QASH)
販売所
証拠金取引(仮想通貨FX) レバレッジ2倍、4倍(ビットコイン、イーサリアム、XRP(エックスアールピー))
The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。