GMOコイン、7-9月は減収減益 8月以降の取引高が減少【フィスコ・ビットコインニュース】

国内FX取扱高でトップシェアのGMOフィナンシャルホールディングス<7177>は29日、2019年12月期第3四半期(19年1月-9月)の決算を発表した。累計業績は、営業収益が前年同期比5.0%減の249.19億円、営業利益が同比17.7%減の76.29億円、経常利益が同比21.3%減の74.18億円となった。

子会社で暗号資産(仮想通貨)事業を行うGMOコインの7-9月の営業収益は、同比19.1%減の11.0億円、営業利益は同比54.1%減の3.4億円となった。

仮想通貨のボラティリティの低下に加え、7月末より適用したレバレッジ引き下げの影響により、2019年8月以降の取引高が減少したとしている。一方、口座数は順調に増加しており、9月末時点で28万9000口座となった。「顧客基盤は順調に拡大しており、一定水準の収益を確保した」としており、1月-9月累計でみると、仮想通貨事業セグメントの営業収益は同比5.4%増の31.45億円、営業利益は45.3%増の7.07億円となっている。

仮想通貨事業の今後については、「取り扱い通貨の追加に向けて申請手続中」、「競合優位のスプレッド提示を継続」、「引き続き、シェア獲得の要となるAPI取引拡大に注力」と伝えている。

【関連記事】GMOコインの口コミ・評判・口座開設

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」