仮想通貨を活用したローンが堅調に拡大へ

仮想通貨を活用した貸付を可能にするプラットフォームが徐々に浸透しつつあるという。信用貸しやスコアリングといった従来のプロセスとは異なり、仮想通貨を担保として自動的にスマート契約が成立するという仕組みである。仮想通貨メディアのCoinTelegraphが12月5日、報告している。

ブロックチェーン会社Graychain Ltdのレポートによると、仮想通貨レンディング業界全体は47億ドルと推定されており、2019年の第1四半期には5,400件以上、第2四半期には18,500件以上もの新規ローンが確認されているという。ただし、2018年の報告では貸し手は8700万ドルの利息を得るだけとなっており、利益率は非常に薄いことも報告されている。

現在、有名な仮想通貨レンディングのプラットフォームには5つがある。信用格付けを必要としない「SALT Lending」、軍用規格のセキュリティが施されている「Nexo」、アプリでも利用可能な「Celsius Network」、ローンに利用できる仮想通貨の種類が多い「YouHodler」、リクルートが出資したこと知られる「BlockFi」の5つだ。

仮想通貨のリスクの高さや低い収益性にも関わらず、仮想通貨ローンが勢いを増していることはバブルの兆候にも見られるとBloombergなどのメディアには報じられている。しかし、こうしたDeFi(分散型金融)は海外のブロックチェーン領域で今注目されている分野の一つであることには違いない。引き続き動向に注目したい。

【参照記事】Crypto Loans See Solid Growth, Platforms Attract Community Interest


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。