【2022年8月27日(土)オンライン ブロックチェーンセミナー】マルレク「ポスト量子暗号技術の現在」

マルレク+MaruLaboがオンラインで開催するブロックチェーンセミナーです。ブロックチェーン関連の事業に興味のある方は下記URLをご参照ください。

セミナー概要

開催日 2022年8月27日土曜日
セミナー名 マルレク「ポスト量子暗号技術の現在」
主催者・団体 マルレク+MaruLabo
会場名 オンライン
都道府県 -
開催地住所 -
対象者 -
イベント概要 今回のセミナーのテーマは「暗号」です。
暗号技術は、今、「ポスト量子暗号」への移行という大きな転換点を迎えようとしています。
今回のセミナーでは、暗号技術にまつわるエピソードの紹介を交えながら、「ポスト量子暗号」と呼ばれる現代の暗号技術のオーバービューを、分かりやすくを提供したいと思います。
主要に三つのトピックスを取り上げます。
第一に、20世紀に成立した現代の暗号の歴史を振り返ります。
現代の暗号技術の第一世代は、コンピュータの能力向上とネットワーク技術の発展の両者が交差するところで、1970年代に成立します。「公開暗号キー」と「RSA暗号」を中心とする、その技術は、その後に続くグローバルなインターネットを準備し、その拡大を支えるものでした。
第二に、今日に至るも、陰に陽に、現代の暗号技術に、強い影響を与え続けている「Shorのアルゴリズム」とは何かを紹介しようと思います。
筆者は、Shorのアルゴリズムの発見は、暗号技術の一つのステップとしてだけでなく、21世紀が、量子コンピューターや量子通信技術が花開く「量子の世紀」になることの、歴史的に重要な「先駆け」だったと考えています。
第三に、Shorのアルゴリズムに強烈な刺激を受けて、暗号の世界は、量子コンピューターによっても破られない(これを「量子耐性をもつ」ということがあります)、「ポスト量子暗号」への移行を、時間をかけて準備して進めています。現代の暗号技術の第二世代が、始まろうとしています。
セミナーでは、NISTの勧告をベースに、こうした動向を紹介します。また、「ポスト量子暗号」の技術的中核と目されている、「ラティス暗号」とは何かを、紹介できたらと考えています。
セミナー「ポスト量子暗号技術の現在」は、次のような構成を考えています。ご期待ください。

● Part I 現代暗号の歴史
現代暗号技術成立以前
現代暗号技術の成立
暗号と計算複雑性理論

● Part II Shorのアルゴリズムの発見
Shorのアルゴリズムのインパクト
確率的素数判定
量子回路で「周期」を発見する
計算複雑性の新しいクラス BQP

● Part III ポスト量子暗号の展望
ラティス暗号入門
量子ネットワークの未来

セミナー「ポスト量子暗号技術の現在」の、解説blog、解説動画と解説資料は、こちらのページからアクセスできます。ぜひ、ご利用ください。https://www.marulabo.net/docs/cipher2/
開催時間 19:00〜21:00
費用 ・丸山レクチャーズ会員:無料
・10代〜20代:無料
・一般:1500円
定員数 -
詳細URL https://cipher2.peatix.com

※上記セミナー情報は過去の情報のため、URLなどは現在変更されている場合があります。