TAG テゾス

仮想通貨コラム

仮想通貨(暗号資産)取引所コインチェックとビットバンクの特徴や機能を徹底比較

国内でも多くの仮想通貨(暗号資産)交換業者が設立される中、ユーザーにとってますます便利なサービスが出てきています。アプリの使用感や提供しているサービスについて多種多様になってきており、複数の企業で口座を開いておいて目的に合わせて使い分けている人も少なくありません。ここでは、コインチェックとビットバンクについて機能や手数料、取引通貨などサービス内容を比較することで、どのようなことができるのか分析していきたいと思います。

仮想通貨コラム

仮想通貨(暗号資産)取引所アプリはどれが使いやすい?コインチェック、GMOコインとLINE BITMAXの3社徹底比較

仮想通貨取引アプリは、日本円の入出金や仮想通貨の入出庫を管理したり、レンディングや積立サービスなどの独自サービスを利用できたりと、ますます便利になっています。中でもコインチェックとGMOコイン、LINE BITMAXはスマホアプリ上で資初心者でも始めやすいように設計されています。ここでは3社のスマホアプリを詳しく比較解説していきます。これから仮想通貨投資を始めようと検討している方は参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

【投資スタイル別】2つの仮想通貨取引所を使い分けるコツとは?取引所の元トレーダーが解説

慣れている仮想通貨投資家の中には、運用目的に応じて複数の取引所を賢く選択している方も少なくありません。今回は2つの仮想通貨取引所を使用する前提で、取引所の違いや、どのような考え方で取引所を選択すべきかについて解説します。

仮想通貨コラム

【最短即日】スマホでビットコイン投資をカンタンに始められる仮想通貨取引所5選

最近は多くの仮想通貨(暗号資産)取引所がオンライン本人確認「e-KYC」を導入しており、最短1日で取引を開始することができます。アカウント開設からトレーディングまでスマホを使って管理できるので、誰でもスピーディに仮想通貨相場に参加できる様になっています。ここでは、スマホ1台で仮想通貨投資を始めるのにおすすめの取引所をご紹介します。

仮想通貨コラム

仮想通貨取引所の元トレーダーが解説!注目のNFT関連の仮想通貨について

2021年に入り、NFTが注目を集める機会が方々で見受けられます。現在のところ、日本の仮想通貨取引所で売買可能なNFT関連の仮想通貨はエンジンコイン(ENJ)のみとなっていますが、世界に目を向けると多くのNFT関連の仮想通貨が存在します。最近では、国内取引所の新規銘柄の上場ペースが依然と比べて早まっているように感じられます。NFT分野に関心のある方は、ENJに続く、注目のプロジェクトを探して見るのも良いでしょう。

仮想通貨コラム

ステーキングとスイングトレードを組み合わせた運用方法【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

筆者は、仮想通貨(暗号資産)のステーキングがスイングトレード手法と非常に相性が良いと、考えています。スイングトレードは中期的に仮想通貨を保有するため、上手く行けばキャピタルゲインに加えてステーキングで発生したインカムゲインを積み上げることができるでしょう。今回は、スイングトレードの戦略設計を中心に、ステーキングで収益を上乗せする運用戦略について解説します。

仮想通貨コラム

イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムの変更が意味する事とは?プルーフ・オブ・ステーク(PoS)について解説

現在、イーサリアムの大改修となる「イーサリアム2.0(Eth.2.0)」が進行中です。このアップグレードはコンセンサスアルゴリズムの変更を含む大掛かりなもので、より実用的な性能を備えることでユーザビリティの向上が期待されています。今回はイーサリアムの重要なファンダメンタルズである「イーサリアム2.0」について、どのような意味を持つのか解説します。

暗号資産取引所の使い方

【2021年度版】レバレッジ取引ができる暗号資産取引所の倍率・銘柄を徹底比較

ビットコインを含め暗号資産の価格が上がっている中、暗号資産市場に参入する企業が増えています。暗号資産取引所の中には現物取引だけでなく、レバレッジ取引ができるところもあります。また2021年に入ってから、レバレッジ倍率の変更や対応銘柄が増えたりと、取引所によって変更が行われています。ここでは国内で暗号資産のレバレッジ取引ができる5社の企業をご紹介します。検討している方はぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

【暗号資産初心者向け】コインチェック・GMOコイン・BITPOINTの手数料、機能、取扱銘柄を徹底比較!

コインチェック、GMOコイン、BITPOINTは数年間の創業実績を有し、既に一定のユーザーに支持されている暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引サービスや取り扱い銘柄の豊富さ、割安な手数料体系などにそれぞれの強みがあり、初心者から上級者まで幅広く利用されています。ここではコインチェック、GMOコイン、BITPOINTについて詳しく解説していきます。

仮想通貨コラム

暗号資産のスイングトレードのポイント、おすすめの暗号資産取引所

暗号資産はボラティリティが大きいため、ある程度利益の出た銘柄を売却して、ポートフォリオを組み替えるといったアクティブな運用方法を行っている投資家も少なくありません。ここではアクティブな運用方法の一つ「スイングトレード」についてご紹介します。

仮想通貨コラム

【取引所の元トレーダーが解説】 暗号資産(仮想通貨)とトークンの違い

暗号資産と暗号トークンの2つの最大の違いは、暗号資産には独自のブロックチェーンがあるのに対し、暗号トークンは既存のブロックチェーン上のプログロムで構築されていることです。これにより、それぞれが特定のユースケースに適したものになります。ここではトークンの特性や種類について詳しく見ていきましょう。

仮想通貨コラム

世界最大の仮想通貨インデックスファンドを参考に、仮想通貨の分散投資・ポートフォリオを考察

、アルトコインは銘柄が多く、価格変動リスクも大きいため、慣れている投資家にとっても簡単ではありません。ここでは暗号資産の分散投資の銘柄の選び方について、海外の暗号資産インデックスファンドを参考とした考え方をご紹介したいと思います。

仮想通貨コラム

イーサリアム2.0やテゾスなどで実装されている「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」とは?

「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」は、検証作業のインセンティブをトークン保有者に付与することでブロックチェーンの安全性を確保する仕組みです。PoSは電力消費が少なく効率的な承認アルゴリズムとして近年拡大しており、イーサリアムのアップグレード「Ethereum2.0」でも導入されています。ここでは、PoSについてご紹介していきます。

仮想通貨コラム

スマホで暗号資産を購入するなら。コインチェックとビットフライヤーの暗号資産取引アプリを徹底比較

暗号資産アプリでできる事には、日本円の入出金操作や暗号資産の送信、取引所サービスの管理など多岐に渡ります。アプリ上で口座開設も可能なので、誰でもスマホひとつで手軽に暗号資産投資を始められる様になっています。

仮想通貨コラム

【元トレーダーが解説】bitFlyerが国内で初めて取扱いを開始した暗号資産テゾスとは?

先日、国内の大手暗号資産(仮想通貨)であるbitFlyerが、新たにテゾス(XTZ)の取扱いを開始しました。テゾスは時価総額で市場トップ20に入り、グローバルな投資家の間で知名度の高い暗号資産です。しかし、日本国内であまり情報が出回っていないため、テゾスについて知らない方も多いと思います。ここでは暗号資産テゾスの特徴について解説したいと思います。