仲介手数料0円の不動産投資会社3選

不動産価格が年々値上がりするに伴って、利回りは低下する傾向にあります。こういった状況下で不動産投資の成功のカギを握るのは、不動産投資を始める際の「初期費用」です。初期費用がゼロに近ければ近いほど失敗するリスクが低下し、スタート地点からアドバンテージが得られることとなります。そして、初期費用のなかで非常に大きな割合を占めるのが「仲介手数料」です。

仲介手数料は、仲介会社を利用して不動産を売買する際に生じる費用となります。仲介手数料の上限は下記のように定まっています。

税込の売買価格 仲介手数料の上限金額
売買価格が税込200万円以下 税込の売買価格×5%
売買価格が税込200万円超〜400万円まで 税込の売買価格×4%+2万円
売買価格が税込400万円超 税込の売買価格×3%+6万円

たとえば、不動産価格が3000万円(税込3240万円)の物件を購入したい場合、

税込3240万円×3%+6万円=103.2万円(仲介手数料)

という金額を支払わなくてはいけません。このケースでは、売主として物件をあつかう不動産投資会社を選ぶことで、最初から100万円以上の費用を浮かせることができるようになるため、非常に大きなコストカットを実現できるのです。

以下では、仲介手数料が0円の不動産投資会社を厳選してご紹介をしたいと思います。

仲介手数料0円の不動産投資会社

ベルテックス

ベルテックスは、「資産価値の高い首都圏の単身者用マンション」の開発と販売を事業の中心としている総合不動産会社です。仲介会社としてではなく、売主としてすべての物件を取り扱っているため、新築・中古を問わずに仲介手数料0円での提供を実現しています。頭金もわずか10万円から始めることができるため、自己資金に不安がある方でも始めることが可能です。また、都内の物件に特化しているため少子高齢化が進む中でも人口流入増が見込め、資産価値が落ちにくい物件を取り扱っており、商品開発から販売、管理、売却までワンストップで対応しています。社内には公認会計士、税理士、ファイナンシャルプランナーなども所属しており、税務面や保険の相談、ライフプランニングまで様々な資産形成の相談に対応していますので、お金に関することを安心して任せることができる会社です。


GA technologies

GA technologiesの評判・口コミ

GA technologiesは、都心の中古ワンルームマンション投資を手がける不動産投資会社です。築10年以降の中古マンションを扱っており、GA technologiesが売主となることで購入時の仲介手数料ゼロを実現しています。賃貸管理も自社でサポートし、入居率も高い水準となっています。


桃太郎不動産

桃太郎不動産は、大阪の不動産投資の仲介会社です。買主と売主の両方から仲介手数料が発生する場合に、売主からの手数料収入で買主の仲介手数料を無料にするという仕組みで仲介手数料0円を実現しています。

まとめ

これからの不動産投資を成功させるには、資産価値の高い物件を初期費用をおさえて、いかに低コスト・低金利で仕入れることができるかという点が重要となります。今回ご紹介した仲介手数料0円の会社をうまく活用し、価値ある物件をぜひ探してみてください。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」