注目が高まる仮想通貨のステーキング、資産を預けてインカムゲインを得る仕組みとは?

投資家の間で、保有している仮想通貨をロックして報酬を得る「ステーキング」という仕組みが注目されている。不慣れなトレードによる損失を避け、低リスクで安定的にポートフォリオを成長させる手段として人気を集めているようだ。ビットコインニュースメディアNEWSBTCが報じている。

ステーキングの仕組みを採用するコインとして、テゾス(XTZ)やコスモス(ATOM)、ダッシュ(DASH)やエイダ(ADA)などが有名だ。プルーフ・オブ・ステーク(PoS)専門分析サイトStaking Rewardsによると、現在70種類以上の銘柄があり、ステーキングの平均利回りは年間11.7%とされている。保有資産から付加価値を生み出す方法として、主に長期投資家に好まれているという。

PoSを採用する仮想通貨を保有者は通常、各プロジェクトの公式フルノードウォレットを通じてステーキングプロセスに参加する。最近では、PoSノードを代替する「ステーキングサービス」も増加しており、バイナンスを含む多くの仮想通貨取引所が参入している。こうしたサービスの他にも、コインを預ける必要のないサードパーティ製のサービスも登場している。とあるノンカストディな仮想通貨取引プラットフォームは、PoSネットワークへのアクセスを可能にするステーキングAPIを外部ウォレット向けに提供している。

ステーキングは仮想通貨投資でインカムゲインを見込める一方で、資産が取引所に集まることによるデメリットとしてネットワークの寡占化やトークン保有者が一部の人間に偏る可能性、ハッキングによる盗難といったリスクを指摘する声もある。今後の発展と動向に注目したい。

【参照記事】Why Staking is Becoming A Hot Topic
【参考サイト】Staking Rewards


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」