SBIとZホールディングス、金融分野で業務提携。yahoo!ファイナンスで口座開設機会拡大など目指す

SBIホールディングス株式会社とヤフー株式会社を傘下に持つZホールディングス株式会社は10月10日、傘下のグループ会社間で業務提携を行うと発表した。証券、FX、銀行の3事業で協業し、SBI証券が「Yahoo!ファイナンス」を通じて、口座開設の機会を拡大できるなどのシナジーが期待される。

証券事業では、SBI証券とヤフーは、ユーザーにシームレスな証券の取引体験を提供するために、月間約1500万のユーザー数を誇るYahoo!ファイナンスのアプリやウェブサイトでの証券口座開設、取引機能の連携の実現に向けて具体的な方策を検討していく。Yahoo!ファイナンスのポートフォリオ機能を活用し、利便性を向上するさまざまな機能の提供も視野に入れる。FX事業ではSBIリクイディティ・マーケット株式会社(SBILM)がワイジェイFX株式会社のカバー取引先に加わる。

また、取引フロー/ポジション情報の共有により、両社の流動性とデータ分析ノウハウを活かしたフロー管理の最適化を図る。SBILMでは規模のメリットを活かした収益性の向上を、ワイジェイFXでは、流動性の供給増によりカバー取引の安定性が向上し、さらに安定的な取引価格の提供が可能になるとを見込む。

銀行事業では、住信SBIネット銀行株式会社と、個人・法人含め400万口座以上を有する株式会社ジャパンネット銀行(JNB)が協業。関係官庁の許認可取得、双方の所定の機関による承認取得を条件に、JNBを通じて住信SBI銀の取扱う住宅ローン商品「フラット35」の販売を開始するため準備中だ。

SBIホールディングスは20代~40代の現役世代を中心とする顧客に対してインターネットをメインチャネルとするさまざまな金融商品・サービスを提供している。482万口座を有するオンライン総合証券のSBI証券をはじめ、オンライン金融サービス業界屈指の事業基盤が強み。

一方、Zホールディングスはガバナンス強化とインターネットサービスとは異なる事業・財務上の施策が必要とされることから、金融事業を統括する株式会社ジャパンネット銀行を設立、事業領域の拡大と企業価値の最大化を目指している。両グループの強みやノウハウを活かし「それぞれのシナジーを追求することで、より使いやすい金融サービスを提供し、両グループの事業の成長・拡大を目指していく」としている。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」