DeCurret、販売所形式での取引APIの提供を開始へ

株式会社ディーカレットは3月28日、現物・レバレッジ取引のAPI提供を開始した。同社のAPIでは、通貨ペア/銘柄情報、レート情報、チャート、注文、建玉情報、資金状況、残高などの機能が利用可能だ。

同社の現物・レバレッジ取引サービスにおいては、PCブラウザやアプリから手動で取引を行う必要があったが、APIを利用することで、プログラムによるビットコインおよび、アルトコインの自動取引を行うことが可能となる。

開業1周年を迎えたディーカレットは、2019年4月の現物取引サービス開始以降、レバレッジ取引サービス、電子マネーチャージサービス、レバレッジ取引のiOS版・Android版アプリをリリースし、より快適な取引環境の提供と、仮想通貨の使い方を身近なものに変えていくための取組みを行ってきた。

【関連記事】DeCurret(ディーカレット)の口コミ・評判・口座開設

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」