仮想通貨のデータ分析企業、仮想通貨取引所のランキングを発表

機関投資家向けに仮想通貨市場データを提供するCryptoCompareは、ベンチマークをもとにした仮想通貨取引所のランキングを発表した。ランキングは、100以上の取引を評価対象としており、信頼性を分析したものだ。

仮想通貨市場では取引量が操作されているという疑惑が絶えない。米国の仮想通貨資産運用会社Bitwiseの調査によるとビットコイン取引量の95%が人為的なものであるとされている他、仮想通貨メディアThe Blockによると仮想通貨取引量の86%が操作されている可能性があるという。

CryptoCompareは、各国の法律への対応状況や市場、取引所の質といった観点から、信頼できる取引所10社をランキングしている。発表されたランキングによると、第1位は米仮想通貨取引所Coinbaseとなっており、日本からも4位にbitFlyer、5位にLiquidがランクインしている。

仮想通貨取引所であっても取引量を偽装することが報じられる仮想通貨業界において、法律への対応状況や取引所の質をベースとした信頼のおける取引所ランキングが公開されたことで、投資家は安心して取引が可能な仮想通貨取引所を選ぶことができる。仮想通貨投資家が安心して投資ができる市場形成が求められている。

【関連記事】bitFlyer(ビットフライヤー)の口コミ・評判・口座開設
【関連記事】Liquid(旧QUOINEX)の口コミ・評判・口座開設

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。