2021.6.30 仮想通貨マーケットレポート【ビットコインは続伸する動き】

昨日のビットコイン相場は上昇。一昨日の流れを引き継ぎ強含む展開となっており、日本円では400万円台を回復する動きとなった。

ニュースとしては、bitFlyerがポルカドットを取り扱い開始しており、話題となっている。また、米投資運用会社アーク・インベストメント・マネジメントがETFを申請したこと等好材料も出ていたが、相場を大きく動かす要因にはなっていない。

アメリカでは昨日、ボストン連銀総裁ローゼングリンがUSDTのようなステーブルコインは金融の安定性に対する挑戦とコメント。ステーブルコインをリスクとして捉えている発言が見られた。

イーサリアムは2,100ドル台まで回復しているが、なかなか上値が重く推移。200日移動平均線にサポートされた格好で踏みとどまっており、ここから上昇基調が続くかが注目される。

米国市場は今週末の雇用統計待ちの様相で大きな動きなく推移。

米消費者信頼感指数、大きく上昇し住宅価格指数も30年振りの大幅上昇となっていることから、センチメントは良好な環境と捉えていいため、中期的に株価もここから大きな下落が起きるとは想定しにくいと考えている。

今週は雇用統計待ちの様相が続きそうなため、ポジションを強気で傾けるのは難しいと考えている。本日は一旦ビットコインは一旦調整すると考え下方向で細かくトレードしていく予定。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12