【bitFlyer公式見解】ビットコインは160万円へ。マーケットアナリスト金光 氏の見解

ビットコイン価格は160万円を超え、高値更新を続けている。暗号資産交換事業を執り行う株式会社bitFlyerでマーケットアナリストを兼任する金光 碧(トレジャリー部部長)氏は、こうしたビットコインの動きについて以下のように述べている。

「150万円は去年の6月に1回トライしましたがその後下がっており、これより高い価格帯は2018年1月16日以降実現されていません。こうしたことから、テクニカルに真空地帯の価格帯となっており価格が急進しやすい状態でした。

今回は現物主導の上げであることも特徴です。直近のマイクロストラテジー、スクエアのインフレヘッジの資産としてのビットコイン買い、ペイパルでの導入などあらためて価値が見直される中、大統領選挙の混乱を受けてよりビットコイン買い需要が強まったものと考えられます。

全仮想通貨の時価総額にしめるビットコイン時価総額の割合(ビットコインドミナンス)も9月には58%まで下がる局面もあったものの足元66%まで上昇しています。」

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】bitFlyer(ビットフライヤー)の口コミ・評判・口座開設

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。