日本ブロックチェーン協会 x ガイアックス共催アイデアソン「Blockchain Bootcamp 2020 Summer」が8月29日から開催

株式会社ガイアックスは8月3日、一般社団法人 日本ブロックチェーン協会との共催で、起業に興味がある学生を対象に、ビジネスアイディアを事業化する2日間のワークショップをオンラインで開催することを発表した。開催日は8月29日(土)、8月30日(日)、エントリー締め切りは8月21日(金)までとなる。

知識ゼロからブロックチェーンを学ぶことができる本ワークショップ「Blockchain Bootcamp 2020 Summer 〜ゼロから高速でブロックチェーンを学びアウトプットできる2日間〜」では、株式会社bitFlyer共同創業者の加納裕三氏、株式会社Gunosy創業者の福島良典氏、株式会社ガイアックスより開発部マネージャーの峯 荒夢の3名が講師を務める。企業賞に選出されれば、会社創設のサポート&最大200万円の出資を得られる。

ブロックチェーンの市場規模は、2018年の53億円から2019年には95億円に達しており、2024年には1,130億円にまで成長すると予測されている。また、ブロックチェーン技術のハイプ・サイクルは、2019年に幻滅期を迎え、2021年には活動期へ移行するといわれている。2023年までには、ブロックチェーン・プラットフォームの拡張性や相互運用性は高まり、ブロックチェーンは主流のテクノロジーとなることが予想されている。

ブロックチェーン技術は、大企業では徐々に実証実験を超え、実使用されつつある。次世代のインターネットやWeb3.0とも呼ばれる非中央集権型Webの実現を視野に、若い世代にブロックチェーン技術の概念や特性を伝え、新規起業の裾野を広げることを目的とする当アイデアソン。ブロックチェーン業界に興味があるという方はこれを機に参加してみはいかがだろうか。

【申し込みURL】Blockchain Bootcamp 2020 Summer

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。