bitFlyer子会社がBitLicenseを取得。アメリカ42州での仮想通貨交換業運営が可能に

国内最大の仮想通貨・ブロックチェーン企業である株式会社bitFlyer(以下、bitFlyer)の子会社bitFlyer USA, Inc.(以下、bitFlyer USA)は11月28日、ニューヨーク州金融サービス局が制定した営業ライセンスBitLicenseを取得し仮想通貨交換業を開始した。

bitFlyer USAはbitFlyerにとって初の海外進出案件であり、BitLicenseを取得した世界で4番目の企業となった。BitLicenseを取得した11月29日時点でニューヨーク州を含めた42州での仮想通貨交換業運営の許可を取得したこととなる。

これについて、bitFlyer USAのCOOであるBartek Ringwelski氏は以下のように述べている。「bitFlyer USAの事業開始に伴い、近日中に日米のクロスボーダー取引が可能になります。当社のサービスではWEBインターフェースあるいはAPIを通じた高速取引により、米国の機関投資家に対して今までにない高い流動性を提供できます。」

bitFlyer USAのサービスは、月間10万ドル以上の仮想通貨取引を行うプロトレーダー向けに設計された。取引所では指値、成行および特殊注文が可能であり、プログラムトレーダー向けに充実したAPIも提供している。

今後は2017年末まで取引手数料無料キャンペーンを実施し、2018年前半にはLitecoin、Ethereum、Ethereum Classic、Bitcoin Cashなどのアルトコインを取り扱っていく見通しだ。

【関連ページ】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法(BTC)
【関連ページ】BItFlyer(ビットフライヤー)の口コミ・評判・口座開設

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」