bitFlyerがレバレッジ倍率を15倍から4倍に変更、4月22日に変更ルールの適用へ

株式会社bitFlyer(以下、bitFlyer)は2月26日、同社が運営する仮想通貨取引所bitFlyer LightningおよびLightning Futuresのレバレッジ倍率を15倍から4倍に変更すると公表した。レバレッジ取引を新規に注文するユーザーは、2019年4月22日から4倍を超える発注ができなくなる。2019年6月下旬には、全建玉を4倍に統一する予定だ。

レバレッジ倍率変更以降、追証発生基準は証拠金維持率80%から100%に変更され、証拠金維持率が100%を下回る場合にはロスカットが発生する。また、追証が発生した際の追加証拠金預入までの日数は、3銀行営業日から2銀行営業日に変更となる。

bitFlyerがレバレッジ倍率を4倍に変更した理由は、同社も加盟している日本暗号資産取引業協会(JVCEA)の制定したガイドラインに基づき、投資家保護を優先したためだ。仮想通貨取引所BITPointを運営する株式会社ビットポイントジャパンにおいてもbitFlyerに先んじて、レバレッジ倍率を最大から25倍から4倍にしている。

【参照記事】【重要】bitFlyer Lightningにおける証拠金取引のサービス内容変更のお知らせ

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。