bitFlyer、「仮想通貨サービス利用率」「仮想通貨アプリ利用率」で国内 No.1に

ビットコイン取引量国内No.1(Bitcoin日本語情報サイト調べ。2018年国内取引所の総月間出来高(現物/差金決済/先物取引を含む))の仮想通貨取引所を運営する株式会社bitFlyerは12月27日、株式会社マクロミルによる「仮想通貨・暗号通貨取引サービスに関するアンケート(調査期間:2019年8月15日~8月16日)」において、新たなNo.1指標を獲得したことを発表した。

同社は、ビットコイン取引量国内No.1を維持しているが、新たに、仮想通貨サービスとして初めて利用した会社、現在利用している会社でNo.1に選ばれた。さらに、同社が開発やデザインに力を注ぐスマホアプリ「bitFlyer ウォレット」において、初めて利用した仮想通貨アプリ、現在利用しているアプリでも No.1に選ばれた。

同社は、「ブロックチェーンで世界を簡単に。」をミッションに2014年に設立された。現在、ビットコイン等の仮想通貨取引プラットフォームにおいて、世界最高水準のセキュリティ(Sqreen社調べ。140の仮想通貨取引所の中でセキュリティNo.1の評価を獲得)を提供し、ビットコイン取引量国内 No.1を維持している。また、日米欧の3地域において仮想通貨交換業者としての認可を受けた世界で唯一の仮想通貨取引所であることも特徴だ。

【関連記事】bitFlyer(ビットフライヤー)の口コミ・評判・口座開設
【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」