ビットフライヤー、12 月の預かり資産が2,892億円を突破し過去最大を記録

ビットコイン取引量5年連続国内No.1(Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2016年-2020年の年間出来高、差金決済・先物取引を含む)の暗号資産取引所を運営する株式会社bitFlyerは1月28日、2020年12月時点で預かり資産2,892億円(法定通貨および暗号資産の法定通貨評価額の合計)を突破し、過去最大を記録したことを発表した。

ビットフライヤーの預かり資産は、2020年秋頃よりビットコイン価格の上昇とともに推移し、2020年12月時点で預かり資産2,892億円を突破した。ビットコインのバブル期といわれる2017年12月の記録を3年振りに更新した。

株式会社bitFlyerは、「ブロックチェーンで世界を簡単に。」をミッションに、2014年に設立。現在、ビットコインなどの暗号資産取引プラットフォームにおいて、世界最高水準のセキュリティ(Sqreen 社調べ。2018年1月発表、世界140の暗号資産取引所の中でセキュリティNo.1の評価を獲得)を提供し、ビットコイン取引量5年連続国内No.1を維持している。また、日米欧の3地域において暗号資産交換業を運営する認可を受けている。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】bitFlyer(ビットフライヤー)の口コミ・評判・口座開設

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。