社会インパクト投資とは?クラウドクレジットが8月11日に無料セミナー開催

近年、「社会インパクト投資」という投資手法が世界中で注目を浴びている。「社会インパクト投資」とは、貧困や教育問題など社会的課題の解決に取り組む企業や領域に投資することで、投資収益を上げると同時に投資先の企業を通して社会的・環境的インパクトを生み出すことができるという投資手法だ。

8月11日(土)、社会インパクト投資に積極的に取り組んでいるクラウドクレジット株式会社が「長期投資で豊かな世の中を共に創る!社会インパクト投資勉強会」と題したセミナーを開催する。セミナーは参加費無料で、定員180名、会場は茅場町一丁目平和ビル1階(最寄り駅は東京メトロ東西線・日比谷線「茅場町」)、時間は16時~18時の予定。(詳細は、記事下部を参照)

セミナーでは、日本の資本主義の礎を築いた渋沢栄一氏の子孫でコモンズ投信株式会社の会長、渋澤健氏をゲストに迎え、「社会インパクト投資とは?」「共創資本のエコシステムとは何か?」「社会課題が顕在化する中で我々ができることは?」などについてのプレゼンテーションを聴講することができる。

当日のタイムスケジュール

  • 15:30 開場
  • 16:00 開会あいさつ
  • 16:05 クラウドクレジット代表 杉山智行によるプレゼンテーション
  • 16:35 渋澤健氏によるプレゼンテーション
    「未来を信じる力 ~社会インパクト投資と共創資本のエコシステム~」
      ――17:05から10分休憩――
  • 17:15 クラウドクレジット杉山と渋澤健氏によるパネルディスカッション
  • 17:55 閉会あいさつ
  • 18:00 終了

※内容は予告なく変更になることがある。
※途中での入退場も可能。

これまで社会インパクト投資は、ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家など、資金力がある程度なければ行うことができないという課題があった。しかし、フィンテック(Financial Technologyの略)が進んだことにより、個人でも1万円という少額から社会インパクト投資を行うことができる「ソーシャルレンディング」(融資型クラウドファンディング)というインターネット上のサービスが登場し、多くのファンドで資金を集めることに成功している。

クラウドクレジットは、新興国など資金需要がある国と、投資需要のある日本の投資家をつなぐビジョンを実現するために2013年に設立された会社で、社会インパクト投資が可能なソーシャルレンディングのファンドを数多く扱っている。また、2018年6月には「社会インパクト投資宣言」を発表し、社会インパクト投資に積極的に取り組むとともに、社会的課題の解決という目標に対して責任を持つという意志表示も行っている。

クラウドクレジット・社会インパクト投資宣言
※写真はクラウドクレジットの「メキシコ女性起業家支援ファンド」より

現在、クラウドクレジットへの累計出資額は124億円超(2018年8月4日時点)、クラウドクレジットの投資家全体の平均利回りは7.6%(2018年5月末時点)という実績があり、今後も市場・会社ともに大きな成長が見込まれる。

社会インパクト投資について理解を深めたい方、自ら実践したい方、長期投資の考え方を理解したい方は、ぜひ本セミナーへの参加を検討してみてはいかがだろうか。

セミナー概要

開催日 2018年8月11日(土)
セミナー名 長期投資で豊かな世の中を共に創る!社会インパクト投資勉強会
主催者・団体 クラウドクレジット株式会社
会場名 茅場町一丁目平和ビル1階
都道府県 東京都
開催地住所 東京都中央区日本橋茅場町1-8-1
対象者 社会インパクト投資に関心のある方
開催時間 16:00~18:00(開場:15:30)
費用 無料
定員数 180名
詳細URL https://crowdcredit.jp/seminar/info/81

【関連記事】クラウドクレジットが「社会インパクト投資宣言」発表、社会性と経済性を両立
【関連記事】クラウドクレジットの評判・口コミ・口座開設

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」