ビットコイン投資を始めるなら仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめな理由

ビットコインは2020年5月に4年に1度の半減期を迎えました。マイニング報酬が半分になり、2100万枚に発行枚数が制限されているビットコインの希少性はますます高まっています。

アメリカでは有名なファンドマネージャーがポートフォリオにビットコインを含めたというニュースが報じられ、個人サイドでも現金給付として一人当たり1200ドル配布された時期に仮想通貨(暗号資産)取引所で同額の入金が増加したというデータも出ています。投資家が仮想通貨を取り入れる動きは着実に拡大しています。

ここでは、今改めて注目されているビットコイン投資についてご説明します。また、ビットコイン投資を始めるのにおすすめの仮想通貨取引所bitFlyerについてご紹介します。是非チェックしてみてください。

目次

  1. ビットコインの3つのポイント
    1-1. 個人間で直接取引できる
    1-2. デジタルゴールドとしての性質
    1-3. インフレヘッジへの期待
  2. bitFlyerの3つのポイント
    2-1. ビットコイン取引量国内No.1の「bitFlyer Lightning」
    2-2. セキュリティNo.1評価の暗号資産取引所
    2-3. ポイント交換でビットコインを獲得できる
  3. bitFlyerの口座開設プロセス
  4. ビットフライヤーでビットコインを売買する方法
  5. ポイント投資でビットコイン投資を始める方法
  6. まとめ

①ビットコインの3つのポイント

1. 個人間で直接取引できる

ビットコインは、ビットコインネットワークの参加者が取引の承認を行うため、銀行のように営業日などに縛られることなく、いつでもどこでも誰に対しても無制限に送金を行うことが出来ます。ビットコインの発明者サトシナカモトは、金融機関のような第三者を介することなく個人間で取引可能な電子取引システムの実現を目指しました。

2. デジタルゴールドとしての性質

ビットコインはよく「デジタルゴールド」と呼ばれています。ビットコインの発行枚数は2,100万枚にプログラムされており、既に1800万枚が発行されています。実物のゴールドもよく「プール○杯分しか地球上に存在しない」などと表現されますが、これと同様のロジックで「ビットコインは希少性が高い」と考えられています。金は「ストアオブバリュー(価値の保存)」とされ、他の金融資産とは独立して価値を有しています。まだ歴史の浅いビットコインは、これから「ストアオブバリュー」としての機能を証明する必要があります。

3. インフレヘッジへの期待

ビットコインは「通貨インフレのヘッジ」として期待される場面が増えています。日本円や米ドルなど、実際のお金は中央銀行の経済政策によって貨幣の流通量を調節することが可能です。景気対策に必要以上の貨幣を発行することになれば、通貨の価値が下がりインフレにつながる恐れがあります。ビットコインは2008年のリーマンショック時に誕生し、各国が大規模な景気刺激策を行ってきた期間に、その価値を上昇させてきました。

②bitFlyerの3つのポイント

bfno1
bitFlyerは、株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタル(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル等)から出資を受けています。bitFlyerは2014 年の創業以来一度もハッキング被害に遭っておらず、ビットコイン取引量では国内No.1を維持しています(Bitcoin 日本語情報サイト調べ、2019年国内取引所の総月間出来高)。

1. ビットコイン取引量国内No.1の「bitFlyer Lightning」

bitFlyerは「販売所」と「取引所」、そして証拠金取引など高度な注文が可能な「bitFlyer Lightning」を提供しています。bitFlyer Lightningは「現物取引(BTC/JPY、ETH/JPY、ETH/BTC、BCH/BTC)」と「差金決済(BTC-FX/JPY)」、そして「先物取引(BTC/JPY)」に対応しています。また、販売所では9種類(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン、BAT)の仮想通貨を売買できます。

2. セキュリティNo.1評価の暗号資産取引所

bitFlyerは2014年の創業以来一度もハッキング被害に遭っておらず、セキュリティ・顧客資産保護を経営上の最優先課題として、マネーロンダリング・犯罪収益移転防止に努めています。Sqreen社の調査によると、世界140 の暗号資産取引所の中でセキュリティNo.1の評価を獲得しています。

bitFlyerが預かっている利用者のビットコインや日本円などの資産は、bitFlyerが保有する資産と明確に区分して管理しています。また、利用者とbitFlyerが所有するビットコインの80% 以上は、管理権限をオフライン環境に置く「コールドウォレット」で保管されており、資産の移動に複数部署の承認を必要とする「マルチシグネチャ」を導入しています。

3. ポイント交換でビットコインを獲得できる

bitFlyerではポイント投資に使えるサービスを備えています。「ビットコインをもらう」は、好みの広告をクリックしてネットショッピングや旅行予約、アンケートの回答等をするだけでビットコインがもらえるサービスです。また、bitFlyerはTポイント・ジャパンと業務提携を結び、bitFlyerでTポイントが貯まる・使える「Tポイントプログラム」を提供しています。交換レートはTポイント100ポイントにつき、85円相当のビットコインとなっています。普段の生活で貯めたポイントを気軽にビットコイン投資に当てることができます。

③bitFlyerの口座開設プロセス

bitFlyerの口座開設は無料ででき、維持管理費はかかりません。開設作業は数分でできるのでまずは登録して、サービスをいろいろ触ってみましょう。

実際に現金を入金して取引を開始するには身分証明書を提出する「本人確認」作業が必要です。本人確認はスマホを使って最短1日で完了することも可能なので、興味のある方は以下のページで詳細をご確認ください。

【関連記事】【2020年度決定版】bitFlyerで仮想通貨投資を始める方法:口座開設編

④ビットフライヤーでビットコインを売買する方法

bitFlyerに初めて訪れた時、ビットコインを売買する方法が複数あるので困惑してしまう投資初心者の方も多いと思います。違いを押さえておきましょう。

  • 0.00000001 BTC(約0.01円)から手軽に購入できる「販売所」
  • シンプルにビットコインの売買ができる「簡単取引所(PCのみ)」
  • さまざまな注文形式で売買できる「bitFlyer Lightning」
  • スマホで取引を完結できる「bitFlyerウォレット」

購入場所によってもお得になる場合、損をしてしまう場合があります。しっかりと理解していきましょう。

まず、販売所はbitFlyerが在庫を抱えて、ユーザーとビットコインを取引する形態です。bitFlyerが提示する買値と売値には「価格差(スプレッド)」が発生するため、市場価格と比べて取引価格が割高になる場合があります。しかし、ある程度までの数量であれば提示された価格ですぐに取引できるので便利です。

次に、簡単取引所やbitFlyer Lightningは「売買板」と呼ばれる売買注文を表した情報を使って、ユーザー同士でビットコインを取引する形態です。販売所よりも手数料を抑えられる場合がありますが、希望の数量を買い集めるまでに取引相手(売り注文を出す投資家)を待つ必要があります。bitFlyerでのビットコイン購入方法の詳細は、以下のページをご確認ください。

【関連記事】【仮想通貨初心者向け】bitFlyerで仮想通貨投資を始める方法:入金~ビットコイン購入編
【関連記事】【仮想通貨初心者向け】ビットフライヤーでビットコイン投資を始める方法:bitFlyer Lightning編

⑤ポイント投資でビットコイン投資を始める方法

ビットコイン市場には株式でいうところの「単元株」のような制度はありません。bitFlyerの最小注文単位は、販売所が0.00000001 BTC、簡単取引所とLightning(現物)が0.001 BTC、Lightning(先物)が0.01 BTCとなっています。ビットコインは元手が少なくても投資できる金融商品となっています。

Bitflyer Gifto
特にbitFlyerでは、キャッシュバックポイントやTポイントをビットコインに交換できるサービスを提供しています。bitFlyerを使えば元手がゼロ、つまり、取引所に現金を入金しなくてもビットコイン投資を始めることができるのです。ポイントを使ったビットコイン取得方法の詳細は、以下のページをご確認ください。

【関連記事】元手ゼロ、現金不要でビットコイン投資を始める方法:仮想通貨取引所bitFlyerの「ビットコインをもらう」を解説
【関連記事】Tポイントを使ってビットコイン投資を始める方法:仮想通貨取引所bitFlyerの使い方

⑥まとめ

bitFlyerの取引サービスは、投資初心者にでも直感的に使いやすく設計されています。初めて仮想通貨の世界に足を踏み入れる方にとって、ストレスを感じることなく利用できるでしょう。取引サービスに加えて、ポイント投資でビットコインを取得することができるので、少額からでも気軽にビットコイン投資を始めることができます。

実際に仮想通貨を保有すれば、ビットコインだけでなく他の仮想通貨に興味を持つきっかけにもなるでしょう。スマートコントラクトであらゆる取引を自動化できるイーサリアムでは、分散型金融(DeFi)の市場規模が10億米ドルを越えて急激に拡大しています。米国のリップル社は送金市場でXRPを使ったプロダクトを実用化させています。

「仮想通貨投資は今から始めても遅い」と考えてしまう方もいるかもしれませんが、仮想通貨はわずか10年の新興市場です。まだまだ価格も安定しておらず、本格的なユースケースの確立や、規制・顧客保護の整備、機関投資家の参入も待たれる荒野のような業界です。そのため、もし投資を決めた場合でも、リスクをしっかり見極めた上で中長期的な目線で投資することが重要です。

ビットコインに今すぐ投資するつもりはなくとも、突然生じる購入チャンスに備えて指値注文を出しておくこともできます。まずはアカウントを開設し、仮想通貨取引に必要な本人確認プロセスを済ませておきましょう。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。