高機能取引ツールは必要?仮想通貨のトレーディングならbitFlyerがおすすめの理由

仮想通貨取引所を選ぶ際、取扱い仮想通貨や取引手数料、使いやすさなど検討するポイントはいくつかありますが、取引ツールも取引所を選ぶための重要なポイントの一つです。例えば、bitfFyerでは証拠金取引が利用可能な取引ツール「bitFlyer Lightning」を提供しています。

そこで、ここでは取引ツールとはどういったものなのか、投資初心者でも利用できるのか、また仮想通貨をトレードするにあたってbitFlyerをおすすめする理由について、HEDGE GUIDE編集部がご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 仮想通貨取引所の高機能取引ツールとは?
  2. 初心者に高機能取引ツールは必要ない?
  3. 国内で人気の証拠金取引サービスを提供するbitFlyer
    3-1. 現物・FX・先物取引が可能
    3-2. ニュースやチャット機能が利用できる
    3-3. スマホアプリにも対応
    3-4. bitFlyer Lightningを利用する際の注意点
  4. まとめ

①仮想通貨取引所の高機能取引ツールとは?

取引ツールは投資家のトレードをサポートするための機能が提供されていることが特徴です。取引ツールを利用することでユーザーはひとつの画面で取引を完結できたり、チャート分析や注文機能を駆使して購入のタイミングをコントロールすることもできます。bitFlyerが提供する高機能取引ツールでは、インジケーターや足種を表示してテクニカル分析に使えるため、仮想通貨の本格的なトレーディングやFX取引に取り組みたい投資家におすすめです。

②初心者に高機能取引ツールは必要ない?

「投資にテクニカル分析は必要ない」「仮想通貨投資ではテクニカル分析は機能しない」と言われることもありますが、テクニカルは身に着けたいと考える人も多いでしょう。bitFlyerが提供する高機能取引ツールは初心者にも使いやすいように設計されています。テクニカル分析で主要となるインジケーター(指標)もワンタッチで表示できるので、仮想通貨に対する情報感度を高めるという意味では価格推移とテクニカル指標を見比べるだけでもおすすめです。

③国内で人気の証拠金取引サービスを提供するbitFlyer

bitFlyer
仮想通貨取引ツール「bitFlyer Lightning」を提供するbitFlyerは、日本の主要メガバンク(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタルなど)から出資を受けている国内でも有数の仮想通貨取引所です。bitFlyerでは、証拠金取引など可能な「bitFlyer Lightning」以外に、現物の取引が可能な「販売所」と「取引所」を提供しています。

3-1. 現物・FX・先物取引が可能

bitFlyer Lightningは、仮想通貨の現物取引4ペア(BTC/JPY、ETH/JPY、ETH/BTC、BCH/BTC)と、FX(BTC-FX/JPY)、先物取引(BTC/JPY)に対応しています。FXと先物は最大レバレッジ4倍をかけて、値上がりと値下がりの双方で利益を狙うことが可能な取引手法です。

3-2. ニュースやチャット機能が利用できる

bitFlyer Lightning chat
bitFlyer Lightningは、サイドメニューから経済指標カレンダーやランキングを見たり、取引レポートや証拠金・入出金管理などが行えます。その他にも、取引に必要な「チャート・板・損益・ポジション・発注画面・歩み値情報・ニュース・注文パネル・注文状況・取引履歴・チャット」を一つの画面で網羅しています。

3-3. スマホアプリにも対応

シンプルで洗練されたユーザーインターフェイスを備えたbitFlyer Lightningは、PCだけでなくbitFlyerのスマホアプリ「bitFlyer ウォレット」からも利用できます。PC版と遜色ない機能と見やすさなので、外出先での取引管理にもおすすめです。bitFlyer ウォレットのメニューで「Lightning Web」という項目をタップすると、以下のようなbitFlyer Lightning画面が開き、注文板、管理資産、注文パネルが表示されます。

bitflyer Lightningスマホ

右上の「グラフ」マークをタップするとチャートが表示され、チャートは1分足から週足まで変更できます。また、ローソク足以外にライン、バーチャートにも変更可能です。チャート分析に便利なボリンジャーバンド、移動平均線など様々なインジケーターも以下のように選択・表示できます。チャートとニュースを見比べているだけでは関係性を理解することは難しいかもしれませんが、こうした指標の意味さえ学べば「価格が上がる、または下がる」を論理的に説明しようとするテクニカル分析に一歩足を踏み入れることができます。

3-4. bitFlyer Lightningを利用する際の注意点

bitFlyer Lightningは、抜群の操作性を誇る充実の取引ツールですが、通信障害、システム機器の故障等の原因によって、処理の遅延や、注文の発注、執行および取消し等が行えない可能性があります。また、bitFlyerのシステムメンテナンスなどが実施されている時間帯には、仮想通貨交換取引に関連する注文ができなくなり、その間に市場価格が大きく変動するリスクがあります。取引所のSNSアカウントを登録するなど、常に情報をキャッチできるようにしておきましょう。

④まとめ

高機能取引ツールと聞くと難しいことをイメージするかもしれませんが、bitFlyer Lightningは初心者の方にとっても利用しやすいように設計されています。bitFlyer Lightningにはデモ機能もできるので、これから仮想通貨投資を始めようと検討している方は、ぜひbitFlyerの高機能取引ツールを体感してみてください。

仮想通貨に興味があるけどまだ保有していない人は、まずはbitFlyer Lightningで価格の動きだけをチェックしたり、チャットを見るだけといった利用もできるので、まずは無料で同取引所の口座開設を検討してみることがおすすめです。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。