レバレッジ取引(仮想通貨FX)って本当に危険?知っておきたいリスク管理方法について解説

仮想通貨の取引方法には現物取引とレバレッジ取引があります。レバレッジ取引は「仮想通貨FX」とも呼ばれ、取引所に証拠金を預け入れ、その数倍の資金を使って仮想通貨を売買できます。取引できる金額が大きいため大きなリターンを狙うことが可能ですが、反対に元手資金以上の損失が発生するリスクもあります。これが「レバレッジ取引は危ない」と感じさせる理由です。

レバレッジ取引でリスクを少しでも軽減するためにも、適切な建玉(ポジション)管理や、ストップ注文の設定、証拠金維持率など各取引所のルールを把握しておくことが大切です。そこで今回は、仮想通貨のレバレッジ取引の基本的な仕組み、証拠金維持率について詳しく解説します。

目次

  1. レバレッジ取引の基本的な流れ
  2. レバレッジ取引で抑えておくべきロスカットルール
    2-1. 証拠金維持率
    2-2. 追証
    2-3. ロスカットルール
  3. レバレッジ取引のリスク管理方法
    3-1. ストップロスオーダー
    3-2. 適切なポジションサイズの設定
    3-3. レバレッジ取引の倍率設定
  4. レバレッジ取引ができる仮想通貨取引所3選
    4-1. ビットコイン取引量国内No.1のbitFlyer
    4-2. 両建てができるGMOコインの仮想通貨FX
    4-3. 14種類の通貨ペアでレバレッジ取引ができるDMM Bitcoin
  5. レバレッジ取引ができる仮想通貨取引所3社のロスカットルール
  6. まとめ

①レバレッジ取引の基本的な流れ

レバレッジ取引はまず、「新規注文」を行い、注文が約定(やくじょう:注文が執行され売買が成立)することで「ポジション(未決済建玉)」を保有します。取引所からお金を借りて取引をしているので、必ずその「ポジション(未決済建玉)」は反対売買をして閉じる必要があります(ポジション・クローズ)。ここでの注文を「決済注文」といいます。

つまり、買い(売り)の新規注文を保有して、売り(買い)の決済注文でポジションを解消するという流れになります。決済注文が約定した時点で、新規注文時との差額が日本円で受け渡されます。ポジション(未決済建玉)の含み損が膨らんで証拠金維持率が一定水準を割り込むと、強制的に「決済注文」が発動する仕組みをロスカットルールと呼びます。

②レバレッジ取引で抑えておくべきロスカットルール

証拠金維持率

レバレッジ取引は担保資金を取引会社に預け入れて行う取引ですが、常に証拠金維持率を一定以上に保つ必要があります。証拠金維持率は保有しているポジションに必要な証拠金と預け入れ証拠金のバランスを表します。

例えばbitFlyerでは「必要証拠金」に占める「評価証拠金」の割合から、証拠金維持率を算出できます。必要証拠金は、新規注文やポジション管理にロックされる証拠金です。そして評価証拠金は預入証拠金と評価損益の合計です。必然的にポジションの評価損が膨らめば評価証拠金が減るので、証拠金維持率が低下することになります。

追証

レバレッジ取引では、含み損が膨らんだ場合に仮想通貨取引所に預託した証拠金や追加の損金を支払わなければならない場合があります。「証拠金の追加担保請求を行わない」と規定している取引所もありますが、多くの取引所で追証は発生する場合があるため、証拠金維持率に常に注意を払うようにしましょう。

ロスカットルール

含み損が膨らんでいる状況で、追証を防ぐために機能するのがロスカットルールです。損失を確定させるために保有している全てのポジションが強制的に決済されます。仮想通貨取引所はそれぞれロスカットルールを適用する証拠金維持率を定めています。

③レバレッジ取引のリスク管理方法

ストップロスオーダー

ロスカットのリスクを回避するための方法として「ストップロスオーダー」があります。ストップロスオーダーとは相場の急変に備えて「損失確定(損切り)」のルールを決めておく方法で、ポジションを決済する価格を予め設定しておく「逆指値注文」や、トリガー価格に到達すると成行注文が発注される「ストップ注文」があります。ストップロスオーダーを設定しておくことで、損失を限定できる場合もあります。しかし、逆指値注文が約定しないケースや、取引所の急なメンテナンスなどでストップロスが機能しない事態も起こり得ます。

適切なポジションサイズの設定

投資において、1回のトレードに関するリスクを資産(ここでは証拠金)の2%以内に抑えるというセオリーがあります。投資を行う上で安定した収益を狙うために、連敗をしても口座資産に大きな影響を及ぼさない程度の損失幅を設定するよう心がけましょう。1回のトレードにおけるポジションサイズを抑えることで証拠金維持率を高く維持でき、ポジションの含み損が膨らんだとしてもロスカットが発生するリスクを抑えることもできます。

レバレッジ取引の倍率設定

国内の仮想通貨取引所の多くは証拠金取引のレバレッジ倍率を一律4倍に設定していますが、bitFlyerでは1~4倍に任意に設定できます。強制的に証拠金維持率に余裕を持たせる方法として便利な機能です。
BF leverage
この場合、レバレッジ倍率によって必要証拠金を算出する「証拠金率」が変わります。証拠金率は1÷レバレッジで計算でき、レバレッジ4倍の証拠金率は25%、1倍は100%となります。「評価損益(注文・約定価格×数量)×証拠金率」で必要証拠金が割り出されますが、レバレッジ4倍で100万円相当の買いポジションを持つときの必要証拠金は25万円となります。先ほどの証拠金維持率と併せて抑えておきましょう。

レバレッジ1倍の証拠金取引であっても、ショート(空売り)を使えるため取引戦略に幅を持たせることができます。4倍に比べれば一度の失敗で被る損失も抑えられるので初心者にとっておすすめです。

④レバレッジ取引ができる仮想通貨取引所3選

多くの仮想通貨取引所がレバレッジ取引(仮想通貨FX)を提供しています。取引所によって長所短所があるため、比較検討してみてください。

4-1. ビットコイン取引量国内No.1のbitFlyer

bitFlyer
仮想通貨取引ツール「bitFlyer Lightning」を提供するbitFlyerは、日本の主要メガバンク(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタルなど)から出資を受けている国内でも有数の仮想通貨取引所です。現物/差金決済/先物取引を含むビットコイン取引量は国内No.1を維持しています(2018 年総月間出来高:Bitcoin 日本語情報サイト調べ)。

biyFlyer Lightningでは、FX(BTC-FX/JPY)と先物取引(BTC/JPY)で、最大4倍のレバレッジ取引が可能です。FXは期限がなく、先物は期限がある(限月決済)という違いがあります。

4-2. 両建てができるGMOコインの仮想通貨FX

bitFlyer
「GMOコイン」は、東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。GMOクリック証券など金融サービスのノウハウを活かした運営がGMOコインの特徴です。

GMOコインでは「取引所」と販売所形式の「仮想通貨FX」で、5種類の仮想通貨(BTC、ETH、XRP、LTC、BCH)に対して最大4倍のレバレッジ取引が可能です。仮想通貨FXでは、買い注文と売り注文を同時に保持する「両建て」ができることがGMOコインの特徴です。

4-3. 14種類の通貨ペアでレバレッジ取引ができるDMM Bitcoin


DMM Bitcoinは株式会社DMM.comのグループ会社です。DMMグループもDMM.com証券を所有しており、専門的なノウハウがDMM Bitcoinにも活かされています。

DMM Bitcoinでは、販売所形式で7種類の仮想通貨(BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、XEM、ETC)の最大レバレッジ4倍の証拠金取引に対応しています。日本円に加えて仮想通貨建ての取引にも対応しており、利用可能な通貨ペアは計14種類に上ります。

⑤レバレッジ取引ができる仮想通貨取引所3社のロスカットルール

bitFlyer GMOコイン DMM Bitcoin
ロスカットルール 証拠金維持率50%以下 証拠金維持率75%以下 証拠金維持率80%以下
追証ルール 証拠金維持率100%以下で発動。2営業日以内に追加しない場合、ロスカットルールが適用される
(証拠金維持率100%以下でロスカットアラートが作動)

証拠金維持率100%以下(ロスカットアラート)

bitflyerでは証拠金維持率が100%を下回った場合に「追証ルール」が発動します。ユーザーはポジションを継続・保有し続けるために、2銀行営業日以内に追加証拠金を預ける必要があります。追証が支払われない場合、保有しているポジションが全て決済されます。証拠金維持率が100%を下回り続けた場合、ロスカットルールが適用されます。

他2社は証拠金維持率100%以下でロスカットアラートが発動します。それぞれロスカットルールに証拠金維持率が設定されていますが、3社ともに「証拠金額を上回る損失が生じた場合には、その超過額を不足金として支払う必要がある」と忠告しています。この点はしっかり覚えておきましょう。

⑥まとめ

レバレッジ取引は手持ちの資金が小さくても、証拠金を取引所に預けることで、大きな利益を獲得できる取引方法です。しかし相場の状況によっては証拠金以上の損失を被るリスクがあります。ロスカットルールやリスク管理方法を理解しないままレバレッジ取引を行うことは、資産を危険に晒すことになります。リスクを少しでも軽減するためにも、レバレッジ取引について最低限の知識を身に付けてから始めましょう。

各取引所によって取引通貨や、手数料設計、利用できる注文方法など特徴が異なります。ユーザビリティを含めて、自分の投資スタイルに合った取引所でレバレッジ取引をするのがおすすめです。仮想通貨取引所では緊急メンテナンスで取引ができなかったり、売買制限が生じるケースもあります。そういった場合に対応できるよう、複数の取引所で口座を開設しておくことをお勧めします。これを機に3社のサイトにアクセスして、実際の取引画面など触ってみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。