【2019年最新版】仮想通貨の確定申告に役立つサービス・ツール6選

2019年の確定申告が2月18日から始まりました。申告期限は3月15日までとなっており、この期間内であれば税務署の窓口が開いていない土日や時間外でも申告書を提出することができます。

仮想通貨で20万円を超える利益を得ている場合には確定申告が必要になります。しかし、中には今まで確定申告をしたことがないという人も多いのではないでしょうか?ここでは仮想通貨の確定申告の方法を整理した上で、HEDGE GUIDE編集部がおすすめする仮想通貨の確定申告に役立つサービス・ツールをご紹介します。

目次

  1. 自分で仮想通貨の損益計算・確定申告をするなら
  2. 計算を簡易化する仮想通貨の損益ソフトを使用する場合
    2-1. 【無料】【無料】2,800種類以上、31社の仮想通貨取引に対応!「tax@cryptact」
    2-2. 【無料】仮想通貨同士トレードを頻繁に行う投資家なら「G-tax」
    2-3. 【有料】仮想通貨に強い税理士の監修の仮想通貨収支管理サービス「CryptoLinC」
  3. 確定申告書類の作成までを専門家に任せたいなら
    3-1. 【有料】取引履歴を取得できる全取引所・全取引に対応する「Guardian」
    3-2. 【有料】1,000社以上のクライアントのサービス実績「Coin Tax Service」
  4. まとめ

1 自分で仮想通貨の損益計算・確定申告をするなら

自分で仮想通貨の確定申告を行う方は、国税庁が提供する「仮想通貨の計算書」を利用して、仮想通貨の所得を算出することができます。「仮想通貨の計算書」では、仮想通貨取引所からダウンロードできる年間取引報告書の内容などに基づいて情報を入力することで、申告に必要な所得金額などを自動計算してくれます。海外取引所を利用したり、貸仮想通貨サービスなどを利用している方は、損益計算がさら煩雑になるため、国税庁が公表しているタックスアンサーを確認すると良いでしょう。

2 損益計算ツールを活用して確定申告を行うなら

仮想通貨の損益計算ソフトを利用して確定申告を行うユーザーは、フォーマットに沿って入力していくだけで給与所得などと合わせて所得計算を行うことができます。所得が仮想通貨以外にもあり、確定申告を経験したことのあるユーザーに便利な損益計算ツールです。以下では、サービズごとの特徴を紹介していきます。

2-1 【無料】2,800種類以上、31社の仮想通貨取引に対応!「tax@cryptact」

tax@cryptactは、2,800種類以上の通貨と31社の仮想通貨取引所に対応しており、3万人以上が利用しているサービスです。また、平均価格は1分おきに取得するなど、日次価格で計算するサービスと違って正確な計算を行うことが可能です。各取引所における取引履歴のダウンロード方法、計算方法の詳細、その他データ不足に伴う計算不能状態のといった詳細な問題に対応するヘルプページが用意されている他、メールサポート体制も用意されているなど、初心者におすすめのサービスです。

2-2 【無料】仮想通貨同士トレードを頻繁に行う投資家なら「G-tax」

G-taxは、取引所によって異なる形式をした取引履歴をそのまま取り込むだけで損益計算をしてくれるため、初心者でも手軽に利用できることが特徴です。手作業では計算が煩雑な仮想通貨同士の交換を頻繁に行うユーザーにもおすすめの仮想通貨損益計算サービスです。また、1,000種類を超える仮想通貨の時価を自動で算出するため、膨大な取引を行っている方でも簡単に損益計算が可能です。

2-3 【有料】仮想通貨に強い税理士の監修の仮想通貨収支管理サービス「CryptoLinC」

CryptoLinCでは、仮想通貨の複雑な終始管理を簡単にし、確定申告に必要な収支計算書を作ることができるサービスです。CryptoLinCは、税務のプロが監修しており、法人の会計処理はもちろん、個人の確定申告に消費する時間を短縮することができます。また、確定申告を行う上でわからないことがあれば、仮想通貨税務に精通している税理士のサポートを受けることができることも特徴です。

3 確定申告書類の作成までを専門家に任せたいなら

自分で仮想通貨の確定申告を行う方と損益計算ソフトを利用する方は、申告書類の作成は個人で行う必要がありました。以下のサービスでは、損益計算から申告書作成まで対応しているため、個人では確定申告書類を提出するだけで済みます。

3-1 【有料】面倒な仮想通貨の損益計算から確定申告までを専門家がサポート「Guardian」

Guardianでは、仮想通貨の税務に精通した全国の税理士を紹介し、面倒な仮想通貨の損益計算から確定申告までをフルサポートしてくれます。Guardianには「計算」プラン、「申告」プラン、「おまかせ」プラン、「顧問」プラン、「法人」プランの5つからニーズに応じたプランを選択できることが特徴です。レバレッジ取引といった他の仮想通貨税務サービスが対応しきれない取引まで、固定料金で対応してくれることもメリットのひとつです。

3-2 【有料】1,000社以上のクライアントのサービス実績「Coin Tax Service」

Coin Tax Serviceは、仮想通貨専門のトータル税務サービスです。仮想通貨に精通した税理士・専門家が集まっています。最新の情報をキャッチアップし、常に最適な回答を導いてくれることが特徴です。税務代行から節税相談、資産運用までワンストップで提供し、仮想通貨とお金のお悩みをまとめて解決してくれします。

4 まとめ

仮想通貨の確定申告は、納税の発生するポイントが多岐にわたるため、個人で行う方は申告漏れのないように注意が必要です。納税した額が実際よりも少ない場合には追加徴税が発生してしまうため、確実に確定申告を行いたいという方は専門家に相談してみることがおすすめです。

【参照URL】金融庁:「仮想通貨の計算書
【参照URL】国税庁:「タックスアンサー

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」