ポイントでビットコインに投資ができるサービスも。独自サービスを提供する国内の仮想通貨取引所を紹介

仮想通貨市場が盛り上がりを見せる中、日本国内の仮想通貨取引所も各社それぞれに力をいれており、新サービスの登場が相次いでいます。仮想通貨取引所では仮想通貨の売買だけでなく、長期的な運用やポイントを仮想通貨に交換したり、あるいは仮想通貨を電子マネーにチャージしたりと、ユニークな独自サービスを展開しています。

これらのサービスは仮想通貨初心者の方でも利用しやすいものですので、うまく活用して仮想通貨に触れてみることもおすすめです。ここでは、国内の仮想通貨取引所の中から特にユニークな独自サービスを提供しているコインチェック、ビットフライヤー、楽天ウォレットの3社のサービスを解説します。

目次

  1. 長期投資に適したサービスや国内初NFTサービスを提供するコインチェック
    1-1. 手数料無料で全自動の仮想通貨積立
    1-2. 1万円から貸し出しができる仮想通貨レンディング
    1-3. NFTを取引するマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」
  2. Tポイントとビットコインの交換サービスを提供するビットフライヤー
    2-1. Tポイントをビットコインに交換できる
    2-2. 1円から仮想通貨産積立ができる「かんたん積立」
    2-3. 広告経由で「ビットコインをもらう」ことができる
  3. 楽天経済圏でビットコインを利用できる楽天ウォレット
    3-1. 楽天ポイントを仮想通貨に交換できる
    3-2. 仮想通貨を楽天キャッシュにチャージができる
    3-3. 楽天ポイントをビットコインの価格と連動させて運用
  4. まとめ

①長期投資に適したサービスや国内初NFTサービスを提供するコインチェック


コインチェックはマネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営している仮想通貨取引所です。コインチェックのスマホアプリは、販売所にアクセスしてスムーズに仮想通貨を購入できるよう設計されています。また独自サービスもアプリ内で完結できる利便性があります。スマホアプリの累計ダウンロード数326万を突破し国内No.1(App Annie調査2020年1月~12月データ)を維持しています

1-1. 手数料無料で全自動の仮想通貨積立

「Coincheckつみたて」は仮想通貨を毎月一定額を積立てることができるサービスです。手数料無料で銀行口座から自動的に引き落とされ、購入まで全て自動で処理されます。対応通貨はビットコインの他、アルトコイン(イーサリアム、リスク、XRP、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ステラルーメン、ネム、クアンタム、BAT、IOST、エンジンコイン、OMG)を取り扱っています。

積立プランは、「月イチつみたてプラン」と「毎日つみたてプラン」の2種類があります。月イチつみたてプランは、毎月27日の入金日から約10日後に一括で買付けます。一方、毎日つみたてプランは当月の日数で割った金額分を毎日自動で買付けます。月に1回の買付けに比べて毎日つみたてプランの方が相場変動を受けにくく、より買付単価を平準化できます。

1-2. 1万円から貸し出しができる仮想通貨レンディング

「貸暗号資産サービス」は、14日間・30日間・90日間・180日・365日間の4種類から貸出期間を選択し、数量に応じて最大年率5%分の仮想通貨を獲得できます。コインチェックでは16種類の仮想通貨のレンディングに対応、最低1万円(相当)から利用でき、貸出申請に上限は公表されていません。借入可能枠ができ次第、ユーザーの貸出申請順に承認するかたちを取っており、貸出期間満了後には再度自動的に貸出する機能があります。

1-3. NFTを取引するマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」


コインチェックはブロックチェーン上のデジタルアイテムであるNFTを取引するマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」の提供を開始しました。仮想通貨取引サービスと一体となったNFTマーケットプレイスは日本初であり、サービス開始時点では、2つのゲームタイトル「CryptoSpells」と「The Sandbox」で利用できるNFTを、コインチェックで取扱う13種類の仮想通貨と交換することができます。コインチェックの口座を保有するユーザーであれば誰でも、NFTの出品・購入・保管が可能です。出品・購入にかかるネットワーク手数料(Gas代)は無料で利用可能なことが特徴となっています。

②Tポイントとビットコインの交換サービスを提供するビットフライヤー


ビットフライヤーは、株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨引所です。国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタル(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル等)から出資を受けています。またビットコイン取引量国内No. 1を獲得しています。(Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内仮想通貨交換業者における 2020年1月-4月の月間出来高:差金決済/先物取引を含む)

2-1. Tポイントをビットコインに交換できる

「Tポイントをビットコインに交換」するサービスは、貯まったTポイントを100ポイントから100pt=85円相当のビットコインに交換できます。Tポイントからビットコインの交換はブラウザからでも、「bitFlyerウォレット」アプリからでも簡単に行えます。利用にはビットフライヤーでの口座開設が必要です。またHISやビックカメラなど対象加盟店舗で500円以上のビットコイン決済をすると500円毎に1ポイントのTポイントをもらうことができます。

2-2. 1円から仮想通貨産積立ができる「かんたん積立」

「かんたん積立」はビットフライヤーの取引口座から自動で仮想通貨が買付されるサービスです。対応通貨はビットコインの他、アルトコイン(XRP、イーサリアム、テゾス、ステラルーメン、ネム、BAT、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)です。最低1円から上限100万円で1円単位で設定できます。毎月1回、毎週1回、毎月2回(1日、15日)の4パターンから選択でき、スマホアプリ内で設定を完結できます。ビットフライヤーは口座内の残高から自動購入されるので、予め日本円入金が必要です。

2-3. 広告経由で「ビットコインをもらう」ことができる


ビットフライヤーの「ビットコインをもらう」は、好みの広告をクリックしてネットショッピングや旅行予約、資料請求やサービスの購読、ふるさと納税をすることで報酬としてビットコインがもらえるサービスです。ビットフライヤーの口座を開設しているユーザーなら誰でも、ブラウザからでも、スマホアプリ「bitFlyerウォレット」からでも利用できます。

③楽天経済圏でビットコインを利用できる楽天ウォレット


楽天ウォレットは、楽天グループの連結子会社である楽天ウォレット株式会社が運営する仮想通貨取引所です。国内大手企業で、金融サービスも提供する楽天グループが提供しているため、サービスやセキュリティ、内部管理態勢なども十分考慮されている仮想通貨取引サービスが特徴です。仮想通貨を電子マネーにチャージできる機能も提供しています。基本はスマホアプリからの利用となります。

3-1. 楽天ポイントを仮想通貨に交換できる


貯まった楽天スーパーポイントを3種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ)に交換することできます。交換は楽天ウォレットアプリ内で可能です。楽天市場や楽天カードで獲得した楽天スーパーポイントは、最低100ポイント(1ポイント=1円相当)から3種類の仮想通貨に交換できます。仮想通貨のレートは楽天ウォレットが提示している相場になります。

3-2. 仮想通貨を楽天キャッシュにチャージができる

楽天ウォレットの現物取引の口座から、手数料無料で仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ)を「楽天キャッシュ」にチャージが可能となりました。「楽天キャッシュ」にチャージ可能になったことにより、「楽天市場」など楽天グループの各種サービスのほか、「楽天ペイ(アプリ決済)」や「楽天ポイントカード」アプリを利用して全国の街のスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどでの支払いに利用できます。

最低チャージ金額1,000円(チャージ単位は1円)、チャージ可能時間は楽天ウォレット」や「楽天Edy」のメンテナンス時間を除く24時間対応となっています。ただし仮想通貨が電子マネーにチャージされる際は、法定通貨の一定額相当単位を売却してからチャージされるので、スプレッドが発生しています。

3-3. 楽天ポイントをビットコインの価格と連動させて運用

楽天ウォレットが直接提供しているサービスではありませんが、楽天では貯まった楽天ポイントを「楽天ポイントClub」の「ポイントビットコイン」に最低100ポイントから追加することで、ビットコインの価格変動に合わせてポイントが増減するサービスも提供されています。同サービスはパソコンからでもスマホアプリからでも利用できます。

このポイントはビットコインの価格と連動しているので、ビットコイン取引を行っているような体験をしながらポイント投資ができるようになっています。また、運用しているポイントはいつでも引き出すことが可能です。ただし「ポイントビットコイン」へのポイント「追加」時は、楽天ウォレットが提示するビットコインの取引価格を考慮したポイント数が差し引かれて運用ポイントに追加されるので注意が必要です。

④まとめ

今回は3社の独自サービスを3つずつご紹介しました。楽天が提供するポイントを仮想通貨に交換するサービスは、仮想通貨に興味はあるけど購入するにはハードルを感じている方にはおすすめのサービスです。現金を使わずに仮想通貨を保有することができるので、どういったものなのか持ち出しなしに試してみたいという方でも仮想通貨を体験することができます。

コインチェックの長期投資に活用できるサービスは、これから仮想通貨を始める方でも有用なサービスです。また、ビットフライヤーや楽天ウォレットでは仮想通貨を実際にショッピングなどで利用することもできます。仮想通貨を活用したショッピングは両社スマホアプリから簡単に利用できるのでまずは口座開設をしておくと良いでしょう。

仮想通貨取引所では緊急メンテナンスやハッキングなどのリスクを考えて、投資家は複数の取引所に資産を分散させることが一般的です。仮想通貨取引所の口座開設は無料かつ口座維持手数料も無料となっていますので、気になっている方はこれを機に各社のサービスをチェックしてみましょう。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。