コインチェックとビットフライヤーはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較!

コインチェックとビットフライヤーはどちらも日本国内の大手仮想通貨取引所です。どちらも多様な仮想通貨を取り扱っており、販売所と取引所の両方を提供しているので、初心者にとって利用しやすいと評価されています。どっちがおすすめなのか、機能や手数料、取扱通貨など客観的な情報に基づいて分かりやすく解説していきます。

そこで今回はコインチェックとビットフライヤーのどちらがおすすめなのか、機能や手数料、取扱通貨など客観的な情報に基づいて分かりやすく解説していきます。

目次

  1. コインチェックの特徴・機能まとめ
    1-1.電気・ガス料金の支払いも可能なスマホアプリ
    1-2.仮想通貨レンディングサービス
    1-3.チャート分析に最適なTrade view
  2. ビットフライヤーの特徴・機能まとめ
    2-1.リアル店舗で決済もできるスマホアプリ
    2-2.高機能な取引ツールbitFlyer Lightning
    2-3.No.1評価のセキュリティ
  3. コインチェックとビットフライヤーの取扱通貨・手数料を徹底比較!
    3-1.取扱仮想通貨の比較
    3-2.取引所形式と販売所形式での比較
    3-3.各種手数料の比較
    3-4.証拠金取引のロスカットルール
  4. まとめ

①コインチェックの特徴・機能まとめ

Coincheck
コインチェックの最大の特徴は、優れたUI(ユーザーインターフェイス)とUX(ユーザーエクスペリエンス)です。同社のサービスは初心者にも非常に使いやすく、国内で仮想通貨投資家が増加した要因とも言われています。

1-1.電気・ガス料金の支払いも可能なスマホアプリ

コインチェックのスマートフォンアプリは初心者でも利用しやすいインターフェイスとなっており、販売所にアクセスしてスムーズに仮想通貨を購入できるよう設計されています。またCoincheckアプリを経由した電気・ガス料金の支払いや、仮想通貨の自動積立機能もアプリで管理できます。

1-2.仮想通貨レンディングサービス

コインチェックには、ユーザーが所有している仮想通貨を貸し出して年利5%を獲得できるレンディングサービスがあります。利用者は14日間・30日間・90日間・180日間・365日間から貸し出し期間を選択できます。仮想通貨の長期保有を決めている人にとっては確実に利息が得られるメリットがあります。一方で、レンディング中は通貨を出金できなくなる点は覚えておきましょう。

1-3.チャート分析に最適なTrade view

コインチェックのTrade view(トレードビュー)は、ボリンジャーバンドや一目均衡表など、主要なインジケータを利用したチャート分析が可能なトレード専用ツールです。現在は、WEB版のみで利用可能です。注文履歴を把握でき、各通貨のチャートも表示できるため、これから投資をしていこうと考えている人は特にチェックしておくことをおすすめします。

②ビットフライヤーの特徴・機能まとめ

bitFlyer
ビットフライヤーは仮想通貨の取引機能の多様さが特徴です。初心者向けの販売所は売買価格が指定されているので、数量を入力するだけで簡単に取引できます。取引所の場合は「成行」か「指値」を指定して売買できます。さらに「bitFlyer Lightning」では、ストップ注文や特殊注文(IFD、OCO、IFDOCO)が利用できます。

販売所やビットコイン取引所は初心者でも扱いやすいインターフェイスになっています。bitFlyer Lightningは、取引ツールに加えて仮想通貨ニュースも一画面で表示できるので、リアルタイムな情報収集が可能です。

2-1.リアル店舗で決済もできるスマホアプリ

ビットフライヤーのスマホアプリでは販売所・取引所・bitFlyer Lightningが利用できる他、提携しているリアル店舗でビットコインを使って決済することもできます。仮想通貨関連ニュースや「ビットコインをもらう」サービスを含むビットフライヤーのあらゆるサービスが、アプリ内で完結するようになっています。

2-2.高機能な取引ツールbitFlyer Lightning

bitFlyer Lightningは高機能取引ツールを利用できる取引所で、ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ の取引に対応しています。bitFlyer Lightningはビットコインの証拠金取引(FX)にも対応しています。チャート描画やテクニカルインジケータ―など、FX取引に必要な機能が揃っています。

2-3.No.1評価のセキュリティ

ビットフライヤーはこれまで一度もハッキング被害に遭っておらず、顧客保護や強固なセキュリティ確保に力を入れています。Sqreen社の調査によると、世界140 の仮想通貨取引所の中でセキュリティNo.1の評価を獲得しています。

③コインチェックとビットフライヤーの取扱通貨・手数料を徹底比較!

3-1.取扱仮想通貨の比較

コインチェック ビットフライヤー
取扱仮想通貨 ビットコイン (BTC)
イーサリアム(ETH)
XRP
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リスク(LSK)
イーサリアムクラシック(ETC)
モナコイン(MONA)
ネム(XEM)
ファクトム(FCT)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(Qtum)
BAT
IOST
Enjin Coin
OMG
パレットトークン(PLT)
ビットコイン (BTC)
イーサリアム(ETH)
XRP
ビットコインキャッシュ (BCH)
ライトコイン(LTC)
リスク(LSK)
イーサリアムクラシック(ETC)
モナコイン(MONA)
Basic Attention Token(BAT)
ステラルーメン(XLM)
ネム(XEM)
テゾス(XTZ)
ポルカドット(DOT)

3-2.取引所形式と販売所形式での比較

Coincheck bitFlyer
販売所 16種類の仮想通貨を購入可能 13種類の仮想通貨を購入可能
取引所 ビットコイン、ファクトム、ETC、MONA、パレットトークン ビットコイン(bitFlyer Lightningはビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの3通貨)
最小注文単位 500円分 販売所:0.00000001 BTC
簡単取引所:0.001 BTC
Lightning 現物:0.001 BTC
Lightning FX:0.01 BTC
Lightning Futures:0.001 BTC

3-3.各種手数料の比較

コインチェック ビットフライヤー
取引手数料(販売所) 無料(実質的にいくらかの手数料を含んだ購入・売却価格が提示されている) 無料(実質的に 0.1% ~ 6.0% の手数料を含んだ購入・売却価格が提示されている)
取引手数料(取引所) 0% 約定数量×0.01%〜0.15%(単位:BTC) 
(Lightning FX/Futuresは無料)
証拠金取引手数料 新規注文を停止(2020年1月時点) 無料
スワップ手数料 建玉金額の0.04%/日
日本円出金手数料 407円 三井住友銀行宛:3万円未満216円、3万円以上440円
その他の銀行宛:3万円未満540円、3万円以上770円
仮想通貨出金手数料 BTC:0.001BTC〜(変動手数料制)
XRP:0.15XRP
ETH:0.01ETH〜(変動手数料制)
BCH:0.001BCH
ETC:0.01ETC
LSK:0.1LSK
FCT:0.1FCT
LTC:0.001LTC
NEM:0.5XEM
MONA:0.001MONA
XLM:0.01XLM
QTUM:0.01QTUM
BAT:21.0 BAT(ETH手数料区分を適用した変動手数料制)
IOST:1.0 IOST
ENJ:14.0 ENJ(ETH手数料区分を適用した変動手数料制)
OMG:2.2 OMG(ETH手数料区分を適用した変動手数料制)
ビットコイン:0.0004BTC(※bitWireを除く)
イーサリアム: 0.005ETH
イーサリアム・クラシック:0.005ETC
ライトコイン:0.001LTC
ビットコインキャッシュ:0.0002BCH
モナコイン:無料
Lisk:0.1LSK
XRP:無料
BAT:5BAT
ステラルーメン:無料
ネム:3XEM
テゾス:0.1XTZ
ポルカドット:0.1DOT

3-4.証拠金取引のロスカットルール

コインチェック ビットフライヤー
レバレッジ倍率 2倍
追証 証拠金維持率が100%を下回った状態
ロスカット発生 証拠金維持率が50%を下回った状態
通貨ペア BTC/JPY

まとめ

コインチェックは取引所を利用したビットコインの取引手数料が無料で、最小注文数は500円です。少額から仮想通貨投資を初めてみたいという方にはコインチェックがおすすめです。

ビットフライヤーはレバレッジをかけて取引できるLightning FXや詳細な注文方法など、取引機能が充実しています。初心者はもちろん、仮想通貨投資に本格的に取り組みたいという方にもビットフライヤーはおすすめです。

両者共に販売所では多様な仮想通貨を取り扱っています。ビットフライヤーは「ビットコインをもらう」サービス、コインチェックは「つみたて」や「レンディング」と、それぞれ独自サービスあります。両方の口座を開設して、用途に応じて使い分けるのもおすすめです。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。